MVNO(格安SIM)のNifMoの評判・スペック

NifMoの公式サイトはこちら
http://nifmo.nifty.com/

老舗プロバイダ@niftyのニフティ株式会社が提供する、今テレビCMでも話題の格安SIMのNifMoは、毎月のスマホ料金が高額で悩んでいる方、スマホデビューしてみたいけど何を選んだらいいのかわからない方、格安スマホ自体がどのようなものなのか少し不安に思う方にもお勧めできる商品です。
NifMoは基本のデータ通信専用SIMに自分にとって必要な機能を月額料金としてプラスしていき、自分に合った機能をつけたSIMカードを契約するというのがわかりやすい考え方です。 基本となるデータ通信専用SIMは音声通話ができない為、通話専用のフィーチャーフォン(ガラケー)を別に持って通話はそちらで行い、データ通信のみをスマホで利用したい人に向いています。
データ通信としてLineやTwitterなどのメッセージアプリやショートメッセージサービスを使用したいのであればSMS機能をプラスしたものを使用します。格安スマホ1台に通話もデータ通信も全て切り変えて使用したい方は、音声通話機能をプラスした音声通話SIMを契約する事になります。自分が欲しい機能や、端末を何に使用したいかを考慮して契約するようにしましょう。

NifMoとは?

@niftyのニフティ株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。音声通話対応プランも選べる通信サービスもさることながら、割引制度や付加サービスが充実しています。中でも専用アプリ経由でショッピングをすると毎月の料金が安くなる「NifMo バリュープログラム」が非常に特徴的です。公衆Wi-Fiサービスが追加料金無しで利用できるメリットもありますし、老舗プロバイダによる確かな品質と安さを備えた格安SIMと言えるでしょう。

NifMo評判と口コミ

通話


NifMoでんわでは、専用のアプリから通話発信すると、国内通話が24時間定額となるサービスです。専用アプリから発信すると、海外のサーバーを経由しますので音声通話に遅延が発生します。Wi-Fi接続の比較的通信速度が安定した状況下であっても、LINEの無料通話の方が高品質で通話できます。もちろんNifMoでんわのメリットは、電話番号に発信出来る事ですがあまりの遅延に会話出来ないこともあります。
また海外サーバーを経由しますので、相手方の着信通知に「非通知」や「通知不可能」と表示されてしまいます。相手方には非通知や通知不可能と表示されていて、電話に出ない方も増えてくるでしょう。これも仕様ですので仕方ないとは思いますが、発信する側、着信を受ける側、どちらもストレスを抱えますよね。
そして最大の問題は「サーバー接続エラー」です。NifMoでんわアプリから発信してサーバー接続エラーが発生してしまうと、通話定額で発信できなくなります。急ぎの場合は通常の番号から発信するしか無く、結果的に通話料が高くなってしまいます。
NifMoでんわではインターネット回線を利用するIP電話の為、通話するにはデータ通信量を消費します。この事から音声+データ+定額プランの3点セット契約となり、NifMoの音声通話プラン700円+3GBのデータプラン900円+NifMoでんわかけ放題定額料1,300円の計2,900円(税込3,132円)が最低維持費となります。

通信


NifMoのネットでの評判は通信速度が速い事からかなり好評と言っていいでしょう。Amazonや他のMVNOよりもZenfone 5を安く買える点でもかなり高評価を得ています。悪い評価はありません。
NifMoの無駄に多いオプション料金や解約時に別途Nifty自体を解約しないと、Nifty基本料金で月250円を取られ続けるなどの縛りがあります。必要ではないオプションに加入しない事とニフモの解約時にNiftyも解約するのを忘れなければ、NifMoはお勧めの格安SIMと言えるでしょう。

容量


Nifmoは申し込みを終えてSIMカード(またはスマホ)を受け取った月の基本料金が無料になります。例えば7月29日に申し込んでSIMカードを受け取ったのが8月1日だった場合は、7月が初月と設定されます。スマホを一緒に買う場合はスマホの分割払い分は無料になりませんが、基本料金の部分が無料になります。例えばデータ専用の3GBプランであれば月額料金が900円ですがその900円が初月は無料になります。
効率良く、また経済的に考えるのであれば、最初に10GBプランに申込みを入れるのが最も賢く、お勧めのプラン選びと言えそうです。SIM(またはスマホ)を受け取った月が初月無料の月になりますので、初月の月末までにプランを変更すれば残っていたデータがほとんど翌月に繰り越せます。つまりスタート時にしっかりとお楽しみ頂けるという訳です。

NifMoメリット/デメリット

■NifMoバリュープログラム
■NifMoコネクトアプリ
■BBモバイルポイント無料利用
■テザリング追加料金無し
■@nifty接続サービスを利用しているとNifMoの月額料金割引

これは、Nifmoが指定する約100店舗の商品を専用アプリ「NifMoバリュープログラム」を経由して購入したり、指定のアプリをダウンロードしてチュートリアルを終了させるなどの指定操作をする事で、購入額などの一部が還元され、毎月の利用月額料金から割り引かれるというサービスになっています。
日々の生活に必要な食料品や衣料品などの購入費、時々の旅行費用などが月額料品に還元されるので非常にお得に利用可能となります。また還元金額が月額料金を上回った際は、翌月に繰り越せるので無駄がありません。
NifMoコネクトは、Wi-Fi接続先を自動で検知して切り変えてくれる便利な専用アプリです。Wi-Fiが利用できる場所であればそちらに切り替えてネットを利用すれば、契約LTEデータ量の節約にもなります。会社内や自宅の無線LANや公衆無線LANなど、接続できる場所があればアプリが自動で接続設定まで行ってくれますのでとてもスムーズです。
ソフトバンクモバイル株式会社が提供する公衆Wi-Fiサービスも嬉しいですね。通常は有料サービスとなっていますが、NifMoコネクトアプリを経由して接続すれば無料で利用する事が可能です。JR主要駅、空港、ホテル、飲食店など全国約4,900ものアクセスポイントがありますので、普段の生活圏内だけではなく出張に行った先でも助かります。接続設定もアプリが自動で行ってくれるので気軽に利用できますね。
Nifmoはスマートフォン端末をモバイルルーター代わりに利用し、PCやゲーム機でネット接続ができるテザリングにも対応しています。外出先で仕事をする事が多かったり、出張が多いビジネスマンには追加料金無しで使用できるこのテザリングはとても便利なサービスと言えるでしょう。
以下の@niftyの接続サービスを利用していると、Nifmoの月額料金を月々200円(税抜)割引してくれます

■@nifty光
■@nifty光ライフwithフレッツ
■@nifty光withフレッツ
■@nifty auひかり
■@niftyコミュファ光
■Bフレッツコース
■ADSL接続サービス
■フレッツ■ADSL(スペシャルコース含む)
■セット販売端末が2種類のみ
■機能が少ない

格安SIMとセットで端末を購入する際、他社の格安SIMとのセット販売端末が5種類前後あるのに対し、NifmoはZenfone5とARROWS M01の2種類しかありません。両方の端末ともスペックやコスパが良いものではありますが、色々な種類の中から好みのものを選びたいという方には少し不満かもしれませんね。しかしいわゆるハズレ端末を引かなくて済む初心者にとって選択肢の少なさが逆にわかりやすいなど、メリットと思えばそうも考えられるかもしれません。
他社の格安SIMには、使用しなかった分のデータ量を翌月に繰り越せる「パケットデータの繰越」や低速通信時に最初の数秒間だけ高速通信速度が出せる「バースト転送機能」などの使い易さを向上させる便利な機能が用意されているものが多いです。しかしNifmoにはそういった追加で使えるサービスが設定されておらず、契約データ量を毎月利用する機能のみとなっています。Nifmoにはこうした「普段はあまり使わないけど、何かの際に役に立つ機能」がほとんどありませんので少し残念ですね。

NifMoと格安SIM他取扱会社比較

基本料金を安くというよりも割引を充実させる事でお得感をアピールしている印象が強いのがNifMoです。スマホ本体とSIMをセットで契約した場合に適用される「機器セット割」はかなりお得である為、スマホ本体の購入も検討している人は是非とも活用したいところでしょう。
利用している回線が同じドコモだとしても、業者によって回線のスピードは変わります。なぜスピードの違いがあるのかというと、契約者数が多くて回線が混雑していたり、業者が回線の増強を行っているかなどが影響してきます。
一部の調査では、Nifmoの実際の通信速度が一番速かったというデータもあります。高速通信の品質だけでなく「NifMo バリュープログラム」といったネットショッピングでお得感を出すなど、機器そのもの以外でサービスを充実させている点も特徴です。格安スマホの費用だけではなく、ネットショッピングも合わせてトータルでお得にしたいといったユーザーにお勧めしたいですね。

NifMo通信速度

2015年12月上旬がNifMoの通信速度の最悪期でしたが、それから一気に通信速度が改善されて、2016年年明けには格安SIMの中でもトップクラスの通信速度が出る格安SIMにまで速度が改善されました。それ以後はとても速く安定した通信速度を維持しています。
ちなみに格安SIMの中で通信速度が一番速くて安定しているのはUQ mobileです。UQ mobileの通信速度は圧倒的と言っていいでしょう。はっきり言って格安SIMでは群を抜いており大手キャリアと同レベルです。しかし月3GBプランしか容量が無いのと、選べるスマホの機種が少ないという欠点があります。
UQ mobileよりも劣りはしますが、2番目に通信速度が速い格安SIMはNifMoとなります。UQ mobileと異なり、多くのSIMフリーのスマートフォンが使用できて、月5GBや月10GBのプランも選ぶ事が可能です。そう考えると総合的に見ても対等に近いものがあります。
しかしNifMoの通信速度が今後もとても速い速度を維持していくかどうかは、ここでは断言できない状況にあります。普通の速度を安定させるのは問題無い事ですが、遅くなってくる可能性もあります。UQ mobileだけが通信速度で問題無しの状態と言っていいでしょう。他の格安SIMは時期によって速くなったり普通になったり、そしてストレスの溜まるほどの遅さを出したりしています。
通信速度が遅くなる原因は、キャンペーンによるユーザー数が急激に増える事が考えられます。NifMoの通信速度が過去に低下したのも、1万円のキャッシュバックなどの極端にお得なキャンペーンでユーザーが急激に増えた為に起こった現象でもあります。現在ではそこまでお得なキャンペーンは告知していませんので、通信速度が速いレベルで安定していてくれています。NifMoのキャンペーンの方針が今後どのようなスケジュールでどのようなビッグイベントを行うか不明ですが、1万円のキャッシュバックなどを行う場合、通信速度が極端に遅くなる可能性が高くなります。一方では爆発的なキャンペーンをしていない場合は、今後もこの速い通信速度を維持していく可能性が高くなります。
3GBプランで3日間500MBという数値ですが、普通にスマホを使用している場合は、若干ストレスは溜まりますが、さほど気にしなくてもいい制限と言えます。5GBプランの制限も、10GBプランの制限も、普通に使用するにはほとんど問題無いでしょう。ただし普段はほとんど使用していないけれど土日に集中して使用する場合に、土曜日は使えたけど日曜日は3日間の速度制限に引っかかった…ような状態も考えられますので注意してください。

NifMo格安SIM料金プラン

月間3GBのプランはコストパフォーマンスに優れている所が魅力ですね。データ通信専用のSIMカードで月額900円であるならば、他の大手キャリアと比較しても遜色はありません。5GBが1,600円、10GBが2,800円というのも、他社と比較しても十分勝負できるスペックであると言えます。頻繁にデータ通信する方は押さえておくべきだと思います。
その他にも機器セット割に注目していきましょう。NifMoスマホセットは、SIMカードとスマホ端末のセットコースとなっています。こちらに申し込んだ場合、機器セット割が適用されます。24ヶ月間データ通信のプランの月額基本料から200円が割引となる形です。特別手続きをする必要はなく、自動的に割引される点もユーザーにとってはありがたいですね。ちなみに割引が適用されると、3GBが700円、5GBが1,400円、10GBが2,600円となり、24ヶ月間適用されますので実に4,800円もお得になる計算になります。またキャンペーンを実施している時に申し込みすれば、キャッシュバック特典が付いてくる事もあります。他社と比較するとリーズナブルな側面が見られますね。

NifMoでiPhoneを使う

料金表:http://pctsuhanmax.com/net/sim/nifmo.html

初めてのスマホでも安心の「NifMo 訪問レクチャー」や水濡れ、故障、破損、落下などの機器のトラブルも安心「NifMo あんしん保証」などのオプションで、初めてスマホを持つユーザーも安心できるオプションサービスがあるのが特徴です。
中でも一番の特徴は、お買いものをすると携帯料金が安くなる「NifMo バリュープログラム」があり、使用用途によっては、毎月の携帯料金が更に安くなる場合もありますので非常にお勧めと言えます。

以下がNifMoで利用可能なiPhone端末の種類となっています。
iPhone 6s SIMフリー版
iPhone 6 docomo版
iPhone 6 Plus docomo版
iPhone SE SIMフリー版

SIMロック解除できないソフトバンクのiPhoneは格安SIMでは使用できませんが、ドコモのiPhoneを買った後に今まで使用していたiPhoneを売却すれば、実質2万円少しの支出でiPhoneを使い続ける事が可能です。iPhoneの場合データ移行も簡単ですので、今まで使用していたアプリや撮った写真、電話帳などを新しいiPhoneに簡単に移し変える事も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です