話題のスマホiPhone7の周辺機器まとめ!ケースやヘッドホンでおすすめは?

発売が待ち遠しくて仕方がない話題の新機種であるiPhone7。

iPhone7は今のところ9月16日に発売されると予想されていますが、iPhone7を購入するのなら、一緒に周辺機器もそろえておきたいもの。

なので、今回の記事では、iPhone7の周辺機器にはどのようなものがあるのかをまとめてみました。

そんなこと言っても、今までのiPhone7シリーズで使っていた周辺機器とさほど変わらないでしょ。

私自身、そう思っていたのですが、iPhone7の発売前に中国で流出した動画によってそのイメージは大きく変わってしまいました。

iPhone7で使用するケースやヘッドホンは、どんなものになるか予想してみましたので、ぜひ、iPhone7の購入を検討している人は参考にしてみてください。

現代社会を生きる人々にとって、スマートフォンは、まるで自分の身体の一部みたいなものです。

そんな毎日の生活を共にするスマートフォンを、自分なりに周辺機器でカスタマイズして、より使いやすく、より格好いいスマートフォンにしていくのって、とてもワクワクしますよね。

iPhone7の周辺機器その1 ケース

iPhone7のケースについては、現状、iPhone7を持っている人で、そのサイズが同じであるのなら買い替えをする必要はないかと思います。

ただし、サイズがまったく違うようであれば、新たなケースを新調する必要があるでしょう。

iPhone7のサイズについては、私が集めた噂によれば、既に販売しているiPhone7の前機種と同じものとなる可能性が高いとのこと。

しかし、iPhone7のカメラの位置とサイズが違う場合、ぴったりサイズが合わない恐れがありますので注意しましょう。

また、iPhone7には以下のような噂もあります。

・デュアルカメラが搭載される?
・イヤホンジャックがなくなる?

これら2つの噂が真実である場合、ケースについては、新たに用意する必要があるかもしれませんね。
お気に入りのケースが使えなくなるのだとすれば、ちょっと残念。

とはいえ、今のケースよりも更に格好いいケースになるかもしれない、と思えば、iPhone7に合うケースを新調するのも楽しみです。

iPhone7の周辺機器その2 ヘッドホン


さて、iPhone7の周辺機器、ヘッドホンはどのようなものになるのでしょうか??

これについては、非常に有益な情報があるんです。

本当は、これは、あってはいけないことだと思いますが、実は、中国でiPhone7の基盤画像が流出しているんですよ。

Appleは、徹底的な秘密主義で情報の公開を限定している企業です。

しかしAppleほどの大企業で、iPhone7ほどの人気機種ならば、開発に携わる人も嫌が応でも多くなります。

それゆえに、どんなに情報漏えいの防止に力を注いでも、情報が流出してしまうのは、やはり仕方のないことなのかもしれませんね。

というわけで、iPhone7の情報も、基盤(ロジックボード)と推測できる写真が、中国最大のSNSであるWeiboに流出してしまったわけです。

そして、基盤を確認する限り、どうやら、iPhone7は噂どおりヘッドホン端子が廃止となる模様です。

流出したマザーボードの画像については、主要パーツが搭載される前段階で、すでにA10プロセッサの位置が従来モデルと異なっていることが指摘されており、Lightning端子についてもあるにはあるけれど、肝心のヘッドホン端子が見つかりませんでした。

えええ??

ってことは、iPhone7は、ヘッドホンやイヤホンを端子に接続して使うことができないってこと?? と心配される方もいるでしょう。

しかし、ヘッドホン端子がなくなるメリットもあります。
ヘッドホン端子はLightning端子よりも直径が大きいので、これがなくなれば、更なる薄型が期待できますからね。

また、Lightning端子接続のヘッドホンやイヤホンを使えば、ヘッドホン・イヤホン問題は、難なく解決できるでしょう。

それに、最近のイヤホン、ヘッドホンにはBluetoothのものもあります。
Bluetoothのイヤホンやヘッドホンの場合、無線ですので、スマホに長いケーブルを挿すことがないんです。

Bluetoothならば、外出中にスマホで音楽を聴いていても、イヤホンのコードが人や障害物に引っかかって外れたり壊れたりする危険もありませんよ。

機能性、安全性という面で考えれば、iPhone7のヘッドホンジャック廃止は、間違いなく進化です。

その一方で、iPhone7のヘッドホン端子の廃止が、ヘッドホン端子に挿して使うタイプのヘッドホンやイヤホンを持っている人にとっては、あまり愉快な変更ではないのも事実。

実際に、iPhone7のヘッドホンジャックの廃止について、某掲示板で文句を言っている人も多数いました。

確かに、ヘッドホンやイヤホンをヘッドホンジャックにつないでいた人は、新たにLightning端子接続タイプのヘッドホンやイヤホン、あるいはBluetoothのヘッドホンかイヤホンを新規購入する必要がありますよね。

とはいえ、Appleの姿勢にはある種見習うものがあるのも事実だとは思いませんか。

だって、Appleは、新型の機種が出るたびに、ユーザーをさらなる洗練の高見へといざない、消費者に新たな世界を見せてくれるじゃありませんか。

顧客が必要なものをつくるのではなく、本当の意味での利便性や洗練を追及し、顧客を更なる高見へと導くのがiPhone7のシリーズです。

だから、私は、実際にiPhone7を手に取って、ヘッドホン端子以外の他の変革についても、目にするのが楽しみなんです。

私は、もちろん、iPhone7を入手したら、これまでのイヤホンジャック接続のヘッドホンを思い切って捨て、Bluetoothタイプのヘッドホンを使い、新機種の使い心地を堪能したいと思っています。

iPhone7を使うことで、他のスマホユーザーより一歩先に行った消費者になれるのは、少しだけ誇らしい気分が味わえますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です