AQUOS SH-M02【SIMフリー】をレビュー!価格・スペックをarrows M02と比較

 

シャープのAQUOS SH-M02はSIMフリーの格安スマホを探している人なら購入を検討している方もいると思います。

でも、価格やスペックなど何の下調べもせずに購入するのはリスキーです。

後でもっと安くて性能がいい格安スマホが見つかったら後悔しちゃいますしね。

というわけで、まずはAQUOS SH-M02を他の格安スマホと価格比較をしましょうか。

相手にするのは富士通のarrows M02です。

 

なぜ、arrows M02と比較するのかというとAQUOS SH-M02とarrows M02はスペック的にかなり似通っていると言われているスマホ同士だからです。

そんなAQUOS SH-M02とarrows M02を比較しながらAQUOS SH-M02について掘り下げていきますので興味のある方はぜひ参照にしてくださいね。

なお、この2つのスマホは「SIMフリースマホ」という点でも共通しております。

SIMフリースマホではあらゆる格安SIMが使えますが、格安SIMもきちんと比較してどの格安SIMを利用するかを決めることをお勧めします。

格安SIMの比較なども参考にして、ぜひSIMの比較もしてくださいね。

AQUOS SH-M02(SIMフリー)の価格

まずはAQUOS SH-M02SIMフリーの価格から解説します。

AQUOS SH-M02の価格は他のSIMフリーの格安スマホと比較して高すぎることもないし安すぎることもありません。

AQUOS SH-M02の価格は2016年5月現在価格.comでは3万円5千円~5万2千円ほど。
Amazonだとその中間くらいで4万円ほどで購入することができます。

一方、arrows M02の価格は価格.comでは3万円~4万円
Amazonでは2万9千円ほどとなります。

よってAQUOS SH-M02はarrows M02よりも1万円ほど高いです。

結論から話してしまうと両社の格安スマホはスペックはほとんど同じでありながらarrows M02の方が価格が1万円安いです。

とにかく安くスマホを手に入れたいならarrows M02を利用する方がおすすめかもしれませんね。

arrows M02について詳しく知りたい方はコチラ

AQUOS SH-M02とarrows M02両者のスペックについて更に詳しく見ていきますね。

AQUOS SH-M02のスペックとレビュー

AQUOS SH-M02のスペック

AQUOS SH-M02のスペックは以下のようになっています。

aquos-sh-m02

AQUOS SH-M02のワンセグ

ワンセグ機能があればスマホでデジタルテレビが見られるので便利です。

しかし、残念ながらAQUOS SH-M02ではワンセグ機能は使えません

実は格安スマホでワンセグが見られるものってあまりないんです。

一昔前のガラパゴスケータイならワンセグが使えるものもかなりあったんですが……

もしもワンセグが使える格安スマホを探しているならAQUOS SH-M02の前に発売されたAQUOS SH-M01はワンセグが使えます。

なのでスマホでテレビが見たいという人はAQUOS SH-M01を選ぶのも良いでしょう。

AQUOS SH-M02のレビュー

AQUOS SH-M02はあの大手メーカー、シャープの製品。

よってAQUOS SH-M02はかなり有名なスマホといえます。

でも、知名度が高いからと言って大してよく考えずに購入するのは果たして利口なやり方なのでしょうか。

まずは私のレビューに耳を傾けてみてください。

で実際にAQUOS SH-M02を使ってみたのですがスマホ自体の性能は『良い』と思います。

軽くて、携帯性に優れていますし画質自体も綺麗です。

処理速度もインターネットを閲覧したり動画を視聴したりする分には全く問題がありませんでした。

でもAQUOS SH-M02は前作のAQUOS SH-M01よりも若干、スペックが下がっている印象もあります。

もちろん繰り返しにはなりますがAQUOS SH-M02はシャープの格安スマホなので普通に使う分に必要十分な機能が備わっていることは言うまでもありません。

ただ前述したようにAQUOS SH-M02はワンセグ機能はないです。

ワンセグ機能を使ってテレビをスマホで見たい人は別の格安スマホを選びましょう。

その代わりというわけではないでしょうがAQUOS SH-M02は省電力によって3日も電池が持つバッテリーが備わっておりさらに、おサイフケータイも使うことができます

防水機能がついているのも評価のポイントです。

AQUOS SH-M02とarrows M02を比較

さて。
お待ちかねのAQUOS SH-M02とarrows M02のスペック比較です。

価格についてはAQUOS SH-M02よりもarrows M02の方が1万円ほど低いというのは先ほど言いましたね。

ならば電池の持ちについてはどうでしょうか。
これについてはAQUOS SH-M02もarrows M02も3日間は持つ、ということを売りにしています。

結論から言えば電池の使用のしかたにもよりますが電池の持ちは両者どちらも非常に長持ちです。

サイズはarrows M02に軍配が上がります。
arrows M02のサイズは8.6㎜の厚さですがAQUOS SH-M02は9.9㎜と前者の方が薄いです。

より携帯性に優れている格安スマホがいいならarrows M02の方が良いのかも。

CPUについては両者とも1.2GHzクアッドコアでRAMとROMも2GB、16GBなのでほぼ同じと考えて良いでしょう。

ただし画素数についてはarrows M02のカメラの画素数はメインカメラ810万画素、インカメラ240万画素

AQUOS SH-M02はメインカメラ1310万画素、インカメラは210万画素です。

よってメインカメラについて考えればAQUOS SH-M02の方が段違いで性能が良く画質が綺麗だと言えるでしょう。

もし写真や動画の画質にこだわるならarrows M02よりも価格は高いですがAQUOS SH-M02の方が間違いなくおすすめです。

両者を比較して分かることはこれだけではありません。

確かにスマホの画質を比較すればAQUOS SH-M02の方が優れています。

しかし、堅牢性はどうでしょうか。

arrows M02は防水防塵機能を備えているので海や山でも安心です。

一方、AQUOS SH-M02は防水機能のみしかついていません。

ゆえに、埃を被ったり粉塵が舞い上がるようなところに行ったりするようなところでの携帯はAQUOS SH-M02は向かないことになります。

簡単に分かるAQUOS SH-M02とarrows M02の比較表をつくってみました。

%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%aa%e3%82%b9%e6%af%94%e8%bc%83%e8%a1%a8

もしAQUOS SH-M02とarrows M02このスペックの似た格安スマホでどれにしようか迷っているなら

上記の表を見て自分に合っているなと思うスマホを選ぶのも良いかと思います。

AQUOS SH-M02ユーザーにおすすめの格安SIM

AQUOS SH-M02を使う人、使っている人は月額料金がお得な格安SIMにも興味があるはず。

でも、巷には格安SIMはたくさんあるのでどれを選んだらいいか迷ってしまいます。

自分の持つ格安スマホにぴったりの格安SIMを選びたいならまずは対応周波数帯に注目しましょう。

AQUOS SH-M02の対応周波数帯(バンド)

AQUOS SH-M02の対応周波数帯は以下の通りです。

AQUOS SH-M02の対応周波数帯

%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%89%e8%a1%a8%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%aa%e3%82%b9

率直に言えばAQUOS SH-M02の対応周波数帯はあまり多くはありません。

しかしAQUOS SH-M02はドコモがLTEで主に使っている周波数帯であるバンド1、バンド3、バンド19、バンド21に対応しています。

またドコモの3G(W-CDMA)の対応周波数帯であるバンド1、バンド6、バンド19にも対応しています。

AQUOS SH-M02はドコモの周波数帯はほぼカバーしているため、ドコモの格安SIMの利用がおすすめです。

arrows M02に関してはauの回線もカバーしているためauの格安SIMも利用ができます。

でも比較的マイナーなau系の格安SIMがドコモ系の格安SIMよりも優れているのかと聞かれれば、そんなことはありません。

むしろドコモ系のMVNO業者の方が多くそちらの方がお得なサービスを提供していることの方が多いです。

なので特に理由がないならドコモ系の格安SIMを使うことをおすすめします。

<h4>AQUOS SH-M02おすすめの格安SIMの選び方</h4>
AQUOS SH-M02におすすめの格安SIMの選び方は簡単です。

まず、ドコモ系の格安SIMを選びましょう。

ドコモ系の格安SIMとしてはmineoやBIGLOBE SIMがおすすめです。

実はmineo(マイネオ)といえばドコモ、au回線どちらも使うMVNO業者として有名です。

なのでau回線で使う周波数帯しかカバーしていない格安スマホでも利用することができます。

また、mineoはau、ドコモも携帯電話で利用するときもSIMロックの解除の必要がなく契約手続きの面倒さがありません。

mineoは格安SIMや対応周波数帯についての詳しい知識がなくても安心して申込みができます。

そんな申込み簡単のmineo(マイネオ)。

さらに凄いのは利用して途中で気に入らなくてやめても違約金が発生しないことです。

mineoは最低利用期間がないので違約金を心配せずにいつでもやめられるメリットがあります。

途中で自分に合わないなーと感じたら気軽にやめられるので初心者におすすめな格安SIMです。

mineoについて詳しく知りたい方はコチラ

BIGLOBE SIMも良いです。

BIGLOBE SIMは格安SIMでもトップレベルの月額料金の安さが売りです。

たとえば音声通話SIMのライトSプラン(6GB)なら月額料金2150円で6GBも使えます。

これを家族間で分け合うこともできるためボリュームがある通信容量を家族で分け合いたい人にもおすすめです。

BIGLOBE SIMのライトSプランは全国80000カ所あるWiFiスポットが無料で使えるライセンスもついてくるので併せてこちらを使うのも良いかと思います。

お得な特典付きSIMが良いならBIGLOBE SIMはうってつけですよ。

BIGLOBE SIMについて詳しく知りたい方はコチラ

AQUOS SH-M02の評価・評判・口コミ

AQUOS SH-M02の評価・評判・口コミは賛否両論ありました。

ですが、やはり大手メーカーシャープの格安スマホですので褒めている人の方が圧倒的に多かったです。

AQUOS SH-M02においてもっとも高評価・評判だった所は電池の持ちの良さでした。

スマートフォンは従来のガラケーと違い色々と便利機能が搭載されゲームで遊んだりアプリを利用したりできる反面電池の持ちが悪いというのが欠点でした。

しかしAQUOS SH-M02は電池の持ちが良く使い方にもよりますが3日間は充電しなくて良いということになっています。

実際にはそこまで電池の持続時間が長くなかったとしても『以前のスマホとは格段に向上している』と、電池の持ちに大満足している口コミが多かったです。

評価・評判・口コミの中には目立って悪いもの、というのはありませんでしたがあえて紹介するならarrows M02と比較してのものが多かったです。

AQUOS SH-M02はarrows M02とスペックが似通っているのに価格は、AQUOS SH-M02の方が1万円近く高いのはちょっと……というものです。

ただし、前述のようにAQUOS SH-M02とarrows M02はきちんと詳細を比較するとやはり、ある部分については全く異なっています。

なので安易に価格に踊らされずに

自分の求める性能を満たす格安スマホを買えばいいのではないか

というのが私の意見です。

私個人はAQUOS SH-M02は価格ではarrows M02よりも若干高いけれどその分、メインカメラの性能は良いので綺麗なカメラを使って写真を撮りたいならAQUOS SH-M02を選べばいいと思います。

逆に少しでも安く買いたいならarrows M02を選ぶのも良いでしょう。

AQUOS SH-M02はテザリングできるの?

AQUOS SH-M02はテザリングできるのでしょうか。

結論から言えばAQUOS SH-M02はテザリング可能なので安心してください。

スマホを買う上でスマホがテザリングできるかできないかは非常に重要なことですからね。

AQUOS SH-M02は自身をアクセスポイントとすることでパソコンなどの機器をインターネット接続させることができます。

AQUOS SH-M02が同時に接続できる機器の数は

・マイクロUSBケーブルで接続したPC1台
・Wi‐Fi対応機器10台
・Bluetooth機器5台

これらの合計16台が一度にネット接続できる端末の数となります。

AQUOS SH-M02の格安SIM設定方法

SIMフリーの格安スマホであるAQUOS SH-M02の格安SIMの設定方法について紹介します。

格安SIMの設定は、まず契約したSIMカードをSIMスロットに挿入することから始まります。

AQUOS SH-M02の場合本体の上の部分にSIMカードの挿入口があるのでここにSIMカードを入れましょう。

挿入する際にSIMカードの裏表に注意してください。

SIMカードは端子部分を上に向けてSIMスロットに置きます。

 

格安SIMをAQUOS SH-M02に挿入したら次は、プロファイル(APN)設定を行いましょう。

プロファイル(APN)の設定は端末の起動後、設定からすることが可能です。

具体的には『設定』のアイコンをタップし『無線とネットワーク』の項目から『もっと見る』を選びます。

次にモバイルネットワークからアクセスポイント名を選びましょう。

ここでAPNを設定します。
アクセスポイントの設定では契約した格安SIM情報を入れるだけです。

・名前
・APN
・ユーザー名
・パスワード
・認証タイプ

上のような情報を入力しプロファイル(APN)の設定が終われば後はデータ通信を楽しむだけ。

プロファイル(APN)設定が良く分からない場合契約した格安SIMの設定ガイドに書いてあることが多いのでそちらに従って設定をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA