b-mobileの口コミレビュー2

格安SIMを利用しようと思った理由

格安SIMを利用しようと思った理由は、周囲が通信用アプリで連絡を取り合うようになり、自分だけメールというわけにもいかず、
かといってキャリアのスマホは月々の利用料金が高すぎるので、ネットでいろいろと検索した結果、
当時通話機能を付加できるデータ通信用SIMがb-mobileとソネットしかなかったので、料金の安かったb-mobleに決めました。

キャリアで契約すると毎月7000円位はかかってしまいますし、
端末も高いのでさらに料金が上乗せされてしまいますが、格安SIMなら端末は通販で安いものを買って、
自分で設定できるので初期費用も抑えられますし、何より月々の利用料金が半額以下なのでそこが魅力で格安SIMを導入しました。

b-mobileを選んだ理由

数あるプロバイダーの中からb-mobileを選んだ理由としては、通話機能を付加する必要がどうしてもあった点にあります。

数年前は通話機能を付加したデータ通信用SIMを提供しているプロバイダーは非常に少なく、b-mobileとソネットだけだったと記憶しています。
ソネットは通信料金が高かったので契約には至らず、消去法でb-mobileになりました。

聞いたことがないプロバイダーでしたし、通話機能を付けなくてよければ他のプロバイダーのほうが魅力的だったので、
少し不安はありましたが、それしか選択肢がなかったので選んだというのが本当のところです。

現在は同様のサービスが普及していますが、いち早く通話機能サービスを導入した点は、素晴らしいと思います。

利用したプランと選んだ理由

契約した当初は、通話機能付きデータ通信用SIMを契約し、通信データ容量は3GBで契約しました。

1GBでは心もとなかったですし、実際自分がどの程度使うのかがわからなかったということもあり、多くも少なくもない中間くらいの容量を選びました。

b-mobileはデータ通信用SIMに通話機能の料金は別で付加されるタイプの料金形態で、請求が少しわかりにくいですが、
毎月3GBで1600円程度のデータ使用料金と、プラス通話機能に1600円くらいかかるプランで、全部で毎月3300円位請求が来るプランでした。

通話は保険でつけているだけで、ほとんど通信用アプリしか使わないのでちょうどよかったです。

申込みから利用までの流れ

申し込みは、すべてインターネットで行いました。

ホームページから申し込みフォームを使って行ったのでとても簡単でした。

ホームページから個人情報などを入力して、身分証明書などをアップロードするので、1時間くらいかかりますが、ネットを使い慣れた方ならもっと早く終わると思います。

申し込みが受理されると、数日間の間に申し込んだプランのSIMカードが送られてきます。

端末はそれまでの間に用意しておく必要がありますので、通販で購入しました。
端末がきまっていないとSIMカードのサイズが確定せず申し込めないので注意が必要です。

最小サイズで購入しておけば、アダプターなどで調整できることは、後から知りましたが、
確実にセットするには端末に合ったサイズのSIMを契約したほうが良いと思います。

端末もSIMカードも手に入ったら、端末にSIMカードを挿入し、
b-mobileからSIMカードと一緒に送付された設定用のパスワードやユーザー名などをスマホ上で設定します。

やり方はとても簡単なので、だれでも5分か10分くらいあれば完了すると思いますが、
もしわからなければネット上に詳しい操作方法がありますので、参考にすると良いと思います。

基本的にはネットから申し込んで、送られてきたSIMをあらかじめ用意しておいた端末に挿入後、簡単な設定をするだけで通信可能になります。

端末のメーカーはSIMの通信網に合わせたものか、SIMフリー端末を用意する必要があります。

b-mobileを使ってみてのメリットとデメリット

b-mobileを使ってみて感じたメリットとしては、一度も通信に不具合が起きたことが無いので、安心して使える点だと思います。

他のプロバイダーでは、極端に通信速度が落ちるなどのデメリットがみられるケースがありますが、
b-mobileには数年使っていても全く不具合はありません。

自宅ではWIFI環境なのでわかりませんが、外出先でもいつもサクサク快適に使うことが出来ますし、
一般的に混雑しやすい正午や夜間もまったく不具合を感じることはありません。

不具合が無いというのが一番のメリットだと思います。

逆にデメリットといえば、他社より少し価格設定が高い気がします。

いわゆる最大手で価格の安さをアピールしているプロバイダーに比べると、同様のサービスでも常に数百円高いのが気になります。

特に契約してからすぐに他社でもデータ通信SIMに通話機能がプラスされたサービスが提供されるようになり、
かなり月額の使用料が安かったので、そちらへの乗り換えも検討しました。

しかし、その後b-mobileからも使った分に課金される方式の料金プランが発表になり、私のようにあまりデータ容量を使わないものにとっては、
最安値として知られるプロバイダーよりも請求料金が安くなることがあり、使い続けてよかったと今では思っています。

あまり使わない月の場合、一か月あたり1500円を切るプランは他のプロバイダーでは考えられないのではないでしょうか。

b-mobileを使ってみてのおすすめしたいプラン

b-mobileを使い始めたときに契約したプランをさらに安くしたくて、データ容量を2GBの契約に変更して低コスト化したり、
1年更新の継続利用契約で割引を享受するなどの工夫をしていましたが、
最新のプランはそのような工夫をしなくても、使った分にだけ課金されるおかわりSIMというプランがありますので、
それを利用すればデータ通信に関しては使った分だけの支払いになりますし、上限が5GBと決まっていますので、
使いすぎて請求金額が高額になることも防げるとてもおすすめのプランです。

おかわりSIMで毎月いくら請求が来るかどうかは、メールをもらうことが出来ますので、
今月は使いすぎたから来月は気を付けよう、などの目安にもなりますし、
特に通話はほとんど使わず、データ通信もそれほど使わない方には請求がかなり良心的でおすすめです。