BB.exciteモバイルLTEの口コミレビュー

格安SIMを利用しようと思った理由

私は複数のタブレットやスマホをその日の気分や使う状況に応じて使い分けしています。

日常の通勤時はスマホのみを持ち出して、遠出の旅行へ行くときは移動時間の暇つぶしに映画や動画サイトを視聴するのに小型のタブレット、
ちょっと出先で仕事のファイルを編集したりするのには大型のタブレットPCを使うといった使い分けです。

そうした使い分けをする上でポイントとなるのがSIMカードの差し替えです。

デザリングを用いてメイン端末に通信機能を集中させて、必要なときだけデザリングというものですが、
電池の減りが早くなる問題からは逃れられません。

そこで格安SIM回線に乗り換えて、複数のSIMカードを同時に運用することで簡単に使い勝手をあげようと思いました。

BB.exciteモバイルLTEを選んだ理由

そんなときにちょうど良いなと思ったのがBB.exciteモバイルLTEでした。

3枚まで申込時にSIMカードを増設することが可能でその際に必要となる月々の利用料金の追加は432円、
僅かな出費で手間が減らせるという狙いでした。

そして何よりBB.exciteモバイルLTEを使おうと思えたのが従量制の通信料金制を取られていることでした。

1ギガごとに月々の料金を段階的に変えていってくれるので、ほとんど使わない月は料金が何もせずとも低くなり、
使い込みたいタイミングでもこちらから増量の申込みを事前にやっていなくても自動的に上の段階にあげてくれます。

手間を省きたい私のような人にはこれもまた魅力の一つとなりました。

利用したプランと選んだ理由

利用したのはSIMカード三枚が使えて、なおかつ従量制で値段が変わってくるタイプの契約でしたので、
もともと電話回線は主回線のガラケーを別に持っていますのでそれを切り替える必要はありませんでした。

スマホとタブレット端末に差し込んでそのまま使えるCIMを三枚用意してくれるデータ通信専用の契約で十分です。

公式サイトには様々なプランごとのメリットやこういう使い方をする人にはこのプランをおすすめするといった内容の解説も添えられているので、
それらを参考にしながら、プランを選ぶといいと思います。

格安SIMの業者の殆どは月々決まった定額料金制のところばかりです。

大体の人が月々5ギガから7ギガ体度の利用量となると思いますが、
BB.exciteモバイルLTEの場合はここに対応した定額料金プランが存在しませんので要注意です。

申込みから利用までの流れ

申し込み自体はインターネットから行いました。

キャリアの回線を解説しようと思うとショップへ出向いてわざわざ契約書類を記入して長々と待たされることになりがちですが、
さすがは格安SIMですね、手続きも手間がかかりません。

音声回線を契約する場合は身分証明書類も必要ですし、
MNPで番号を前もっていたものをそのまま使おうというときもその為の予約番号の準備が必要になります。

一方で私の場合はデータ通信専用で契約することにしていましたので、
メールアドレスと自分名義のクレジットカードがあるだけで申し込みできました。

残念ながら格安SIMの契約にはほとんどの場合クレジットカードを自分名義で持っておかねばなりません。

回線解説における様々な審査をクレジットカードを持っていることによって代替しているものですから、
クレジットカードなしではBB.exciteモバイルLTEも契約できないことは注意事項として覚えておきましょう。

SIMカードは申し込みしてからだいたい一週間以内に届きました。

非常に小さなパッケージで驚きましたが、入っているのはSIMカードといくつかの書類程度ですからそんなものでしょう。

MNPをされる場合は自分でSIMカードが届いてから切り替えの手続きをしなくてはなりません。

それがやや面倒というのも音声通話専用のガラケーを私が手元に残した理由ではありますが、
ネット上で切り替えて続きの進め方などは様々な情報が出回っているのでそれを参考にすれば難しくないはずです。

BB.exciteモバイルLTEを使ってみてのメリットとデメリット

BB.exciteモバイルLTEを使い始めて感じたメリットは
やはり従量制のプラン故に残りの通信料を気にしたりすることがなくなったことに尽きます。

多めに使っているときは契約プランを切り替えないと通信制限で困ることになると焦っていましたし、
逆に全然使っていないときは無駄なお金を支払ってしまったなとやきもきしていたものです。

自分がその月に使った通信量に合わせる形で1ギガごとに通信料金を変えてくれるので
そうしたやきもきした気持ちや実際に手続きをやる面倒さから解放されたのは非常にありがたいことでした。

またBB.exciteモバイルLTEはドコモの回線を使用したものですので、
通信速度、通信エリアともに不満に思う場面がありませんでした。

よくある山奥へ行けば全く使えないということもなくて、
むしろドコモ以外のキャリアが繋がらないところでもしっかり電波を掴んでくれて安心感すらありました。

通信速度もラッシュ時間帯のターミナル駅でも遅くなることはなく、安心して使えています。

ただしお昼休憩の時間帯のオフィス街ではやや利用者が多いためか若干動画視聴には難があるかなというくらいのデメリットは感じました。

実際利用していてのデメリットはそのくらいですが、
毎月5ギガや7ギガちょうどを利用するという人はその価格帯で提供している他の格安SIMの定額契約のほうが
やや利用料金が安くなるのでそこは注意してBB.exciteモバイルLTEを選ぶべきです。

BB.exciteモバイルLTEを使ってみてのおすすめしたいしたいプラン

私は契約プランとして従量制のものを選んだのですが、先に述べたメリットがあるように非常に満足感の高いものでした。

海外出張でほとんど日本にいない月にもそれまでと変わらない料金を払うというのはバカバカしく思っていたのです。

一番低い料金設定ならば1200円を切るような支払額に抑えられて満足感は非常に高いですね。

こうした柔軟性の高いプランはキャリアではほとんど選ぶことはできないでしょうし、
格安SIMの他の業者でもあまり見られません。

あえて知名度的には必ずしも高くないBB.exciteモバイルLTEを選ぶ理由としてはこの従量制の契約プランが選べるというので十分だと思います。

それほど従量制のプランは使い勝手の良いプランなのです。