MVNO(格安SIM)の「BB.exciteモバイルLTE」の評判・スペック

BB.exciteと聞いてイメージするのが「フレッツ光」の提携プロバイダーの中で
500円/月と最安値で一時期は爆発的な人気があった事です。

ちなみにOCNやBIGLOBEなどは1,000円が一般的ですが
「その半額の500円で提供」とかなり対抗していたように思えます。
※その代償には土日は休業日、平日の対応は17時までという対応した。

話はそれましたがBBexciteモバイルSIMがSimサービスの提供をスタートして
一部の方から超格安という声を聞きましたのでご紹介しましょう。
尚、BB.exciteモバイルLTEは
NTTドコモのLTEネットワークを利用しています。

bb

BB.exciteモバイルLTEとは?

契約後は一切のユーザーサポートが無いようですが、その反面で月額料金が圧倒的に安い為、
中級者以上に人気のある格安SIMのようです。故障や不具合が生じたとしても、
ユーザー本人が修理する(出来る)方からの支持を集めています。

支持を集めると言っても、概算ですが格安SIMシェアの1~2%しかないものと思われ、
コア層がじっくりと吟味して価格優先で選んだ格安SIMと言えます。
また低料金ながら回線品質も意外と評判が良いようで、コスパ抜群と称される事が多く、
乗り換えの候補となる事が多いようです。

BB.exciteモバイルLTE評判と口コミ

・速度が時間帯により安定せず、夕方以降の利用者が増える時間帯になると極端に速度が大きくなります。
・安さにつられて入ってしまう人が多いようで私も利用経験がありますが、通信速度が夜になると急激に落ちて安定しません。
・BBexciteモバイルLTEは、有名なIIJ社のインフラに乗っているので品質は保証済みですから安心です。
・BBexciteモバイルLTEは安いのですが、開通後のサポートはほとんどないようです。回線の品質はいいみたいですが…。
・「サポート不要、接続、トラブル対処は自己責任」

これがBBエキサイトに対する私の考え方です。

賛否両論ありますが、基本的に価格重視、品質のコスパを考えると、
そこまで酷評するほどでもありません。ピンポイントでぴたりとニーズが
当てはまる方もいらっしゃるので、そういった方達の支持を受けている口コミでした。

口コミでもありましたが、購入後のサポートは一切無く、手の施しようの無い場合は残念ながら
そこで使用不可となり、新たに端末を購入するか、乗り換えるか、の選択に迫られそうです。

BB.exciteモバイルLTEメリット/デメリット

■SIM3枚で驚異の1,280円
■容量翌月持ち越しOK
■バースト機能あり

まず1枚のプランについてですが、1Gプランは720円、業界最安値のDMMモバイルは590円という設定です。
安さでは負けていますが、
わずか130円の差ですのであまり気にしなくてもいいかもしれません。

では次に本題の3枚プランです。
3枚1GBで…1,280円!1,280円というのはかなり安いです。
本当に驚きです。
ちなみにOCNモバイルONEの容量シェアSIM3枚コースは1日170Mで
2,462円/月です。家族向けのプランではありますが、
端末を複数持っている方にとっては嬉しいプランと言えそうです。

しかも3枚でも契約料が安いのが特徴です。
SIM登録手数料3,000円は必ず掛かってしまいますが、ここで一つ疑問が…。

「じゃ3枚なら9000円なの?」という事です。

実は3枚同時で申し込んだとしても3,000円ポッキリで抑えてくれます。
かなり太っ腹と言えますし、この価格であれば本当に助かります。注意点ですが、
3点の内訳は選択自由となっていて標準Sim/MicroSIM/nanoSIM自由に選べます。

初期費用

メリットと言えばメリットですが、
既にどこの会社もやっている翌月持ち越しOKももちろん対応済みです。
その他バースト機能もあります。
通常はどのSimを利用してもある一定のデータ量を超えると
速度制限がかかり、200kbpsなどかなり遅くなってしまいます。
しかしバースト機能があれば、
使い始めだけ気持ち高速になってくれます。
これであればちょっとした画像を読み込む時などに便利ですね。

続いてはデメリットです。
これだけ安ければ落とし穴はあるはずですが、それでは確認してみましょう。

■通話プランが無い
■最低利用期間が少し長い
■サポート、アフターケアが全くない

通話機能がつけられないのは、多くの方が困ると思います。
確実にこのBB.exciteモバイルLTEを使用する方はもう1本持たなくてはなりません。
激安ですが、余計に経費が掛かってしまうかもしれませんね。

ですがSMS機能は140円/月で提供している為、それが唯一の救いですね。

ちなみにデータプランは最低利用期間が無しというのがSIM業界の主流ですが、

BB.exciteモバイルLTEは最低利用期間が2ヶ月あります。

これも微妙な長さですね…2ヶ月であれば無しでもいいですよね?
後はサポートなどが一切無いという事です。
本当に安さで勝負しているのでしょうね。フォローをする気は本気でゼロです。

BB.exciteモバイルLTEと格安SIM他取扱会社比較

BB.exciteモバイルLTEは格安SIM3枚を一番安く使う事ができます。
自宅にインターネットがあって、
スマホを使用する方が3人いる場合にお勧めの格安SIMとなっています。

バースト機能がありますので
月に使用できる高速通信データ量が少なくても、
Yahoo!あたりのサイトであれば比較的ストレス無しで見る事が可能です。
SIM3枚を有効利用できると
コストパフォーマンスが非常に良い格安SIMになっています。

BB.exciteモバイルLTE格安SIM料金プラン

プラン月額基本料金SIMの枚数
0MB¥6701枚
1GB¥7201枚
2GB¥7701枚
4GB¥1,1701枚
0MB【SIM3枚の場合】¥1,100 3枚まで
1GB【SIM3枚の場合】¥1,2803枚まで
2GB【SIM3枚の場合】¥1,5203枚まで
4GB【SIM3枚の場合】¥1,9803枚まで
料金表:http://bb.excite.co.jp/lte/docomo/

BB.exciteモバイルLTEではSIM3枚(データSIM)を月1,100円で使用する事が可能となっています。
初期費用もSIM3枚セットで3,000円だけです。

ちなみにOCN モバイル ONEだとSIM3枚(データSIM)の月額料金は2,000円です。
初期費用は5,600円(3,000円+1,800円×追加2枚)かかります。
月額料金も初期費用も一番安く済むのがBB.exciteモバイルLTEのSIM3枚コースです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA