ドコモから格安SIMへ乗り換え方や手順を解説します!

ドコモ(docomo)からの乗り換え

キャリア(大手携帯会社)の中でも特にシェア率が高いのが皆様ご存知のドコモ(docomo)です。

ドコモ(docomo)は過半数を割ったもののauやSoftBankを抑えて携帯電話のシェア率No. 1となっているためご利用中の方も多いかと思われます。

ですが、ドコモ(docomo)のシェア率がNo. 1だからといってSIMとしてドコモ(docomo)のSIMが最も優秀かと言われれば、そんなこともないのです。

今ではキャリアSIMに対抗して多くの格安SIMが台頭してきました。

ドコモ(docomo)ですと月額料金が7,000円~12,000円になってしまうのに対して格安SIMでしたら500円~3,000円程度と圧倒的に安い月額料金となっているのです。

ドコモ-01-01

それを、多くの人は「ドコモ(docomo)が有名だから」という理由だけで、docomoのSIMを使い続けている傾向にあります。

中にはSIMなんて言われても何なのかよくわかっていないという方も多いのでしょう。
よくわからないけど、最初にスマホを購入した時ドコモ(docomo)のSIMが設定されていたからドコモ(docomo)のSIMを利用し続けている…
そんな方も多いのではないでしょうか。

近年では格安SIMの通信環境も目覚しく進化して、キャリアSIMよりも優秀になっているなんて格安SIMもあります。

スペックが高く、尚且つ月額料金も安いのですから格安SIMへ乗り換えをしてみてはいかがでしょうか。

格安SIMへ乗り換える時に電話番号を変えずに乗り換え手続きを行うことをMNP(※)といいます。

ドコモ(docomo)のSIMよりも月額料金の安い格安SIMにMNPしていただければよりお得にSIMを利用していくことができるでしょう。

こちらではドコモ(docomo)のSIMから格安SIMへ乗り換えする方法について解説しました。

ドコモ(docomo)のSIMを使っていて月額料金などが高く感じたりよりお得なSIMを利用したりしたいという方は、ぜひ格安SIMへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

当サイトではドコモで使えるMVNO(格安SIM)の比較を行い、ドコモからの乗り換え先についても詳しく説明していますので、そちらもご参考にしてください。

なお、auからの乗り換えについても解説していますので、auの端末をご利用中の方はそちらもご参考にしてください。

格安SIM・格安スマホを選ぼう

キャリアのSIMから格安SIMへ乗り換えをするのでしたら格安SIM・格安スマホを選ぶ必要があります。
格安SIMへの乗り換えをする際には乗り換え先の格安SIM・格安スマホも選ぶ必要があるでしょう。

ドコモ(docomo)のスマホを持っているかいないかという点でどうすればいいかが大きく変わるためそれぞれの解説をご参考にしてください。

ドコモ(docomo)のスマホを持っている場合

ドコモ(docomo)のスマホを持っているのでしたらそのスマホに格安SIMを入れることで乗り換えが完了となります。
わざわざ新しいスマホを買う必要はないため、今まで使ってきたスマホを使い続けていくことが可能です。
スマホのアプリデータなどもそのまま引き継げるため乗り換えしやすいといえるでしょう。

スマホを買う必要がないので、ドコモ(docomo)のスマホを利用している方はSIM選びをしましょう。
ドコモ(docomo)のスマホを使っている方は格安SIMもドコモ(docomo)系のSIMにする必要があるので、その点にはご注意ください。

au系の格安SIMもあるのですが、当然のことながらドコモ(docomo)のスマホでは使えないためドコモ(docomo)系の格安SIMを選んで、ドコモ(docomo)のスマホにセットして使って行ってくださいね。

格安SIMはドコモ(docomo)系のタイプが多いため20種類以上の中から選ぶことが可能です。
元々、格安SIMはドコモ(docomo)系のスマホに対応していることが多いためドコモ(docomo)のスマホを持っている方は積極的に格安SIMを利用したいところです。

なお、ドコモ(docomo)から格安SIMへ乗り換えするということでしたら今まで使ってきた電話番号も引き継ぐため音声通話機能付きの格安SIMを選ぶようにしましょう。
音声通話機能付きの格安SIMについてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひご参考にしてください。

あとは現時点で使用しているドコモ(docomo)のスマホのSIMカードのサイズを確認しておくことをお勧めします。
大体はマイクロサイズのSIMなのですが一部ではナノサイズのSIMカードのスマホもあります。
変換チップなどもありますが、手間がかかってしまいますのでスマホとSIMのサイズが合っているのか確かめておくことも忘れないようにしておきましょう。
当然のことながら、サイズが異なりますと、格安SIMがドコモ(docomo)のスマホにセットできず格安SIMがご利用いただけませんので、ご注意ください。

ドコモ(docomo)のスマホを持っていない場合

ドコモ(docomo)のスマホをお持ちでないのでしたらまずは新しくスマホを購入しましょう。
格安SIMを利用するのでしたら、スマホの方も格安スマホを利用してみてはいかがでしょうか。
SIMフリーのスマホ(あらゆるSIMに対応しているスマホ)やドコモ(docomo)の白ロム(中古スマホ)などあらゆるスマホから選ぶことができます。
キャリアのスマホよりも安価で、スペックも申し分のない格安スマホが多いためご自身に適したスマホを見つけやすいと思われます。

格安SIMにはドコモ(docomo)系とau系がありますが、対応しているSIMが多いのはドコモ(docomo)系の格安SIMなのでできればドコモ(docomo)の格安SIMを選ぶことをお勧めします。

どんな格安SIMを選ぶべきか?

格安SIMといってもいろいろありますが現時点でスマホを利用していて乗り換えをするというのでしたら音声通話機能付きの格安SIMを選びましょう。

ドコモ(docomo)系とau系がありますが、基本的にはドコモ(docomo)系の方が種類も豊富ですからドコモ(docomo)系の格安SIMの方がお勧めです。

ですが、au系のスマホを利用していたりau系の白ロムを利用するということでしたらau系の格安SIMを利用するべきでしょう。

格安SIMに関する比較や紹介などは当サイトの他の記事で詳しくしております。
そちらの記事もご参考にしてご自身に適した格安SIMを選べていただければ幸いです。

MNP予約番号を発行する


格安SIM・スマホの乗り換え先が決まりましたら今度はMNP予約番号を発行してもらいましょう。

ドコモ(docomo)から格安SIMへ乗り換えするにはドコモ(docomo)にMNP予約番号を発行してもらう必要があります。

そのため、乗り換え先の格安SIM・スマホが決まりましたら、ドコモ(docomo)にMNP予約番号を発行してもらうためにはスマホ・携帯電話を購入したドコモショップに行くか電話申込み、インターネット申込みをしていただくことでdocomoにMNP予約番号を発行してもらえます。

複数の申込み方法がありますが格安SIMへのMNP作業は全てインターネットの操作で出来るためインターネット操作などでしてしまうことをお勧めします。

パソコンからですとMy docomoというところにアクセスできますので、そこからMNP予約番号を申込みましょう。
ネットからですと、メンテナンス時間を除けば24時間受付体制のためお時間のあるときにすぐに発行してもらえるでしょう。

MNP予約番号ですが、有効期限は発行してから15日となっておりますので発行後はすぐに格安SIMへのMNPに取りかかることをお勧めします。

格安SIMカードの購入、設定

どの格安SIMを選ぶかは皆様次第ですがドコモ(docomo)系もau系も取り扱っているmineo(マイネオ)を例にしてみましょう。
mineoのようにdocomo・auどちらのSIMも扱っているMVNOは珍しいのでぜひmineoに関する詳しい解説もご参照ください。

さて、格安SIMの購入に必要なのはクレジットカード(本人名義)が最初に挙げられます。
クレジットカードに関してはその後の格安SIMの月額料金支払いにも使うことになりますので、必須になっております。

ただ、本人名義のクレジットカードを持てないという事情をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
そういった方でもmineoでしたらデビッドカードでも購入が可能となっているため安心して購入を検討してみてください。

なお、デビットカードも持てないという方はBIGLOBEの格安シムもお勧めです。
BIGLOBEでしたら口座引き落としの形で毎月の支払いが可能なため、カード類がなくても安心なのです。

少し話がズレましたが、クレジットカードが必要ですが、mineoの場合はデビッドカードでも大丈夫です。

あとは先ほど説明しましたMNP予約番号が必要となります。
これは先ほど説明しましたので、そちらの説明を参考にして頂ければと思います。

もう一つ必要なのが「本人確認書類」です。
名前や住所が申込み内容と一致している必要があるという点にはご注意ください。
本人確認書類というのは免許証や保険証など、身分証明書の代わりになるような書類です。

インターネット上での申し込みですとこの本人確認書類に関してはスマホなどで撮影した写真画像をアップロードして提出することになるため別に提出に黒することもないでしょう。

重要なのはクレジットカードの名義と現時点で利用しているスマホの名義申込み内容の氏名、そして本人確認書類の名義が全て一致しているかという点です。
mineoに限らず全てのMVNOは申込みがあると、名義が一致しているかを確認するための審査を行っております。

名義が一致していないと審査に通れず、MNPできなくなってしまう恐れもありますので、ご注意ください。

逆にいえば、以上の点が守られていればMVNOの審査に通過することも可能ですしSIM乗り換え手続きは完了となるためその後、格安SIMを快適にご利用いただけるでしょう。

格安SIMの購入手続きが完了しましたらあとは格安SIMが届くまで3日~1週間待つことになります。
とはいえmineoからSIMカードが届くまではそれまで使っていたスマホ・携帯電話がご利用いただけるので、安心してください。

SIMカードが届きますと、それまで利用していたSIMカードから
mineoのSIMカードへの乗り換え作業をすることになります。
乗り換え作業自体は1時間もあれば完了しますし、自宅に居ながら手続きができるためそれほど苦労することはないでしょう。

mineoの公式ホームページにはチャット形式で利用者の質問に答えるシステムもあるため、そういったサービスをご利用いただければ、すぐに格安SIMの切り替えが完了することでしょう。

なお、どうしても切り替え手続きなどに不安を感じるという方にはTSUTAYAの格安SIMであるTONEのご利用もお勧めです。

TONEは格安SIM初心者の方にも使いやすいサービスとなっております。
自宅に送られてくると金は、すでに切り替え手続きが完了した状態で届きますので、切り替え手続きをする必要がないのです。
そのため、スムーズにMNPが完了するという点でTONEモバイルのご利用もお勧めです。

さて、あとはドコモ(docomo)との契約を打ち切るだけですが、これは乗り換え手続きが完了していればdocomoの契約も自動的に解約となりますので特に心配することはありません。

docomoの店舗などに行って解約する必要はありませんので、自宅に居ながら乗り換え手続きが完了になるでしょう。

全体的に簡単な手続きとなっているMNPですが、一つだけ苦労することがあるかもしれません。
実はSIMカードを取り出して挿入するのが結構難しいのです。
筆者はどうもSIMカードの挿入が下手で苦手意識を持っております。
この話はおそらく、実際にSIMカードを入れるときに実感することと思われます。
ですが、それ以外の手続きは本当に簡単ですし手続きが完了すれば格安な月額料金でスマホを快適にご利用いただけます。

以上がドコモ(docomo)から格安SIMへの乗り換えとMNPに関する解説でした。
例としてあげたmineoについてはこちらの記事でも詳しく解説しておりますので
ぜひご参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA