ギャラクシー(Galaxy)S6とS6 edge(エッジ)の価格・スペックの評価を紹介!他社SIMフリースマホとも比較

ギャラクシー(Galaxy)S6とS6 edge(エッジ)の評価

人気スマホのGalaxy(ギャラクシー)はサムスン電子が誇るハイスペックスマホです。

そんなGalaxy(ギャラクシー)シリーズの中でも2016年5月現在特に人気が集中しているのはギャラクシー(Galaxy) S6
およびギャラクシー(Galaxy) S6 edge(エッジ)です。

今回の記事ではそんな人気の

■ギャラクシーs6
■ギャラクシーs6エッジ
s6

について解説します。

両者の価格・スペックの評価を紹介し他社のSIMフリースマホと比較します。

口コミや評判、テザリングや設定などについても触れるのでこれらに興味がある方も要注目です。
私自身はドコモと契約しギャラクシー s6 エッジを使っています。

正式名はGalaxy S6 edge (SC-04G)。

Galaxy S6 edge (SC-04G)の使い心地ですがこれがすごく良いんです。
Galaxy S6 edge (SC-04G)は私のフェイバリットスマホの一つ。

宝石を思わせるような高級感があるデザインなのですごくゴージャスな気分にさせてくれます。
また、処理速度も他の格安スマホとは一線を画しています。
段違いで速いです。

Galaxy S6 edge (SC-04G)はGalaxy(ギャラクシー)シリーズ史上最速のCPUを搭載しているためアプリやゲームをするときにサクサク動きます。

処理速度の遅さにイライラさせられることなくストレスなく利用できることは良いスマートフォンの条件ですよね。

また、3GBのRAMについてもゲームやアプリの起動を速めてくれるので紹介しないわけにはいきません。

ギャラクシー s6 エッジはこのようなスペックの高さからユーザーに高評価で迎えられています。

なのでもし評価が高く、使いやすいスマホを探しているのでしたら

■ギャラクシー s6
■ギャラクシー s6 エッジ

は、かなりおすすめですよ。

それでは、このギャラクシー s6とギャラクシー s6 エッジについて詳しく紹介していきましょうか。

ギャラクシー(Galaxy)S6とS6 edge(エッジ)の違い

率直に言ってしまうとギャラクシー s6とギャラクシー s6 エッジの間にはスペックの違いはあまりありません。

大きな違いがあるとすれば、それは3つだけ。

■ギャラクシーs6はドコモでしか売っていない。
■ギャラクシーs6エッジはデュアルエッジディスプレイを搭載していること。
■ギャラクシーs6エッジはドコモ、au、ソフトバンクそれぞれのキャリアで購入可能なこと。

ちなみにギャラクシー s6 エッジのデュアルエッジディスプレイはスマホの両端がカーブしたディスプレイとなっています。

このデュアルエッジディスプレイは正面から見たときに縁が見えず、非常に手になじみやすいフォルムをしています。

それではギャラクシー s6とギャラクシー s6 エッジのさらに細かい違いについて解説していきましょうか。

ギャラクシー(Galaxy)S6とS6 edge(エッジ)のスペック

まずは、それぞれのスペックを表にまとめたので
こちらをご覧ください。

ドコモのGalaxy S6 (SC-05G)のスペック

galaxy-s6-sc-05g

ドコモのGalaxy S6 edge (SC-04G)のスペック

galaxy-s6-edge-sc-04g

auのGalaxy S6 edge (SCV31)のスペック

galaxy-s6-edge-scv31

ソフトバンクのGalaxy S6 edge(404SC)のスペック

galaxy-s6-edge%ef%bc%88404sc%ef%bc%89

ギャラクシー S6とS6 edgeの価格

ギャラクシー s6とギャラクシー s6 エッジの価格設定ですがこちらはドコモの場合だと同額となっています。
2016年5月現在、ドコモではギャラクシー s6とギャラクシー s6 エッジの本体価格は何も割引が効いていない状態だとどちらも9万数千円くらいかかります。

ただし新規契約や他社から乗り換えをする場合や24カ月の利用によって支払い総額は大幅に割引されます。
たとえばGalaxy S6(SC-54G)の価格は新規申込みや機種変更、他社乗り換えの場合特に割引はありません。
しかし24カ月利用で約7万8千円の割引が適用されるんです。
つまりGalaxy S6 (SC-05G)は実質1万5千円くらいで購入をすることができるんですね。
話題のハイスペックスマートフォンがたった1万5千円で購入できるというのはアツイです。
Galaxy S6 edge (SC-04G)の場合も

■他社からの乗り換え
■24ヶ月の利用

こちらの条件を満たせば約7万8千円の割引が適用されます。

なのでドコモでGalaxy S6 (SC-05G)かGalaxy S6 edge (SC-04G)を購入することを検討している場合、
他社乗り換えや24カ月割引などを適用させて購入した方がお得ということになります。

auのGalaxy S6 edge (SCV31)の場合はどうでしょうか。

Galaxy S6 edge SCV31 64GBの場合、現金販売価格は8万1千円でした。

しかし、こちらも機種変更時は

■24ヶ月の利用
■auスマートパスの加入

以上2つの条件で購入した場合は5万円近くの割引が適用され32400円で購入することができます。

あるいは他社からの乗り換え時は

■24カ月の利用
■MNPau購入サポート

以上2つの条件で購入した場合は6万円近くの割引が適用され2万1千600円で購入することができます。

ソフトバンクについてもGalaxy S6 edge(404SC)の64GBを購入する場合、
24カ月の契約を前提としたコースなら高額の割引が適用され通常、97920円となるところ実質負担金額は1万6千200円で購入ができます。
なので、8万円以上の割引が適用されたことになります。

以上のことから、どこのキャリアのギャラクシー s6 ギャラクシー s6 エッジを選ぶにせよ、24カ月の契約を前提として購入した方が安く買えることが分かりますよね。
また、ドコモ、au、ソフトバンクとキャリアが違ってもスマホのスペックが変わるわけではありません。

なので、少しでも安く購入したいならドコモのギャラクシー s6 ギャラクシー s6 エッジを購入するのがおすすめです。
とはいえキャリアでハイスペックな携帯を購入した場合、月額料金自体が高いので、長い目で見ればそれほどのお得感はないのかも。
という考え方もあります。

月額料金が高い大手キャリアとずっと契約し続けるよりもSIMフリーの格安スマホを購入して格安SIMを契約すれば月々のスマホ料金は毎月数千円も節約できます。

たとえばarrows M02/RM02やZenFone Goなどは格安スマホの中でもかなり人気の機種です。
もし興味がある方は、arrows M02/RM02やZenFone Goの記事も参考にしてみてくださいね。

arrows M02/RM02について詳しく知りたい方はコチラ

ZenFone Goについて詳しく知りたい方はコチラ

ギャラクシー S6とS6 edgeのデザイン

さて。

次はギャラクシー s6とギャラクシー s6 エッジのデザインの違いを解説していきましょうか。
ギャラクシー s6とギャラクシー s6 エッジの最も大きな違いは先述していますがデュアルエッジスクリーンかと思います。
ギャラクシー s6 エッジは映像が浮き出て見えるようなディスプレイとなっているんです。

このデュアルエッジスクリーンによってギャラクシー s6 エッジは大画面でありつつコンパクトであることも両立しています。

このように説明しているとなんだ、ギャラクシー s6のデザインは大したことがないのか、と思われるかもしれません。
でも、そんなことは全然ないんです。
ギャラクシー s6についてもサイドは金属リアとフロントパネルは強化ガラスでできており、高級感があります。

ガラスのリアパネルは光の当たり方で色彩が変化するので飽きさせません。
デザイン一つとってみても奥が深いところが一流スマホと三流スマホの違いですよね。

とは言ってもよりデザインが洗練されているのはギャラクシー s6 エッジの方ではないかと個人的には思います。

ギャラクシー s6 エッジはデュアルエッジスクリーンであるためディスプレイの左右が奥に向かって僅かに伸びています。

それによって、持ち比べてみるとギャラクシー s6 エッジの方がよりコンパクトに感じられるんです。

ギャラクシー S6とS6 edgeの性能(CPU)

さて、ギャラクシー s6とギャラクシー s6 エッジの性能の違いを詳細に解説したいと思います。
ギャラクシー s6とギャラクシー s6 エッジの性能差ですが実のところ、それほどありません。
CPUについては、両方とも64bit Snapdragon 810(8コア2.1GHzクアッドコア+1.5GHzクアッドコア)を使っており、処理速度はかなり早いです。
ギャラクシー s6ギャラクシー s6 エッジはオクタコアになっていますのでバッテリーの消耗を抑えることができます。

オクタコアは必要に応じて動くコアの数を制限するため非常に性能が良いCPUなんです。
違いがあるとすればROMですが、こちらは32GB、64GB、128GBで別れますがそれぞれ必要なROMを選択すれば良いのでギャラクシー s6とギャラクシー s6 エッジの違いというわけではないかと思います。

ギャラクシー(Galaxy)S6とS6 edge(エッジ)ユーザーにおすすめの格安SIM

さて。

ギャラクシー s6 ギャラクシー s6 エッジを使っている人は、それぞれ現在契約しているキャリアを解約して格安SIMに乗り換えようと考えている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな人たちに向けて、状況別での格安SIM乗り換え方法とおすすめ格安SIMを紹介します。

ドコモのギャラクシーS6とS6エッジを使っている場合

まず、ドコモのギャラクシー s6あるいはギャラクシー s6 エッジを使っている方が格安SIMへ乗り換えする場合はどうすれば良いのでしょうか。

結論から言えばドコモのギャラクシー s6、ギャラクシー s6 エッジを使っているのならドコモ系の回線を使っている格安SIM業者であれば、SIMロック解除をせずに
申込みをし、契約できる可能性が高いです。

ドコモ系の格安SIMとしてはDMM mobileや楽天モバイル、それにmineo(マイネオ)やBIGLOBE SIMなどがあります。

たとえばDMM mobileならば業界でも最安値で利用ができます。
中でもライトプランのデータSIM利用の場合、データ通信量無制限で440円なので、超格安でスマホ運用ができます。

とはいえ、通信速度は最大200Kbpsなので物足りない人もいるかも。

何にせよ業界最大手の一つDMM mobileはプランがたくさんあるので自分にぴったりの無駄のないスマホ利用ができます。

DMM mobileについて詳しく知りたい方はコチラ

また、楽天モバイルもおすすめです。
楽天モバイルのメリットはやっぱり楽天モバイルの支払いでも楽天スーパーポイントが貯められることです。

なので楽天市場などでよく買い物をする人は貯めたポイントで品物やサービスと交換することができるのでかなりお得です。
普通は格安SIMを利用してもポイントってもらえないので楽天モバイルのようなポイントがつくSIMは2倍に得したような気分になります。

ちなみに楽天モバイルは月額料金だけでなく楽天でんわオプションの支払いについても100円につき1ポイント貯まります。

しかも通話SIMの契約をしていれば楽天市場全ショップでの買い物はポイントが2倍というのも美味しいです。
楽天モバイルは料金的にもとてもお得です。

たとえば、楽天モバイルの通話SIMの3.1GBプランは1600円です。

これが他の格安SIMの場合だと3GBで1600円というものがあります。
微々たる差かもしれませんが楽天モバイルの方が同じ価格で100MBほど通信量が多いです。
こういった細かいところで他の格安SIMより抜きんでてお得なところが楽天モバイルの良いところですね。

楽天モバイルについて詳しく知りたい方はコチラ

今名前を挙げたドコモ系のMVNO業者ならギャラクシー s6 ギャラクシー s6 エッジのSIMロック解除の必要なく契約をすることができます。

また、MNPの移行手続きをすればそれまで使っていた携帯電話番号も変更せずに使い続けることができるので安心です。

ドコモの

■Galaxy S6 (SC-05G)
■Galaxy S6 edge (SC-04G)

この2つの端末はDMM mobile、楽天モバイルとも動作確認済の端末ですので安心して格安SIMへの乗り換えができますよ。

auのギャラクシー s6エッジを使っている場合

auのギャラクシー s6 エッジ、つまりGalaxy S6 edge (SCV31)を使っている方が格安SIMへ乗り換えをする場合はどうすればいいのでしょうか。

結論から言えば、Galaxy S6 edge (SCV31)のユーザーが格安SIMに乗り換えをする場合au回線を使っているmineo(マイネオ)とUQ mobileがおすすめです。
おすすめというかGalaxy S6 edge (SCV31)がカバーしている周波数帯(バンド)の関係上、mineoとUQ mobileが電波の受信のトラブルなどを心配することなく契約ができるMVNO業者なんです。

mineoはauだけでなくドコモの回線も使っているのでドコモのスマホで格安SIMに乗り換えようとしている人にもおすすめです。

また、mineoのメリットとしてパケットシェアといって、自分の余ったデータ通信量だけでなく家族の余ったデータ通信量も翌月に繰り越して使えます。
mineoは無駄のない格安SIM運用ができるのでできるだけスマホの月額料金を抑えたい人にもおすすめです。

mineoについて詳しく知りたい方はコチラ

auのスマホで格安SIMを使いたいならUQ mobileもうってつけのMVNO業者です。

UQ mobileのメリットは通信速度が格安SIMの中でもトップレベルということ。
実際に私のスマホで通信速度を測ってみました。

すると平日の通信速度は他の格安SIMとあまり変わらなかったのですが休日の速度は31.22Mbpsまで達し、業界でもトップレベルの速度を誇るY!mobileに匹敵する速さでした。
なのでスマホのデータ通信速度が速いものが良いならUQ mobileの利用もおすすめです。

また、UQ mobileのauユーザーの乗り換えもスムーズです。
auの電話番号をそのまま引き継ぎでき引き継ぎ作業も時間がほとんどかからないため電話やネットの不通期間がほとんどありません。

UQ mobileについて詳しく知りたい方はコチラ

ちなみに、今紹介したmineoとUQ mobileはauのGalaxy S6 edge (SCV31)の動作も確認済みなので、安心して乗り換えができますよ。

ソフトバンクのギャラクシー s6エッジを使っている場合

ソフトバンクのギャラクシー s6 エッジを使っている方は格安SIMに乗り換えることはあまりおすすめしません。
確かに、ソフトバンクのスマホでもSIMロック解除をすればドコモ系、au系のMVNO業者の格安SIMを使うことができるという口コミもあります。

しかしながらソフトバンクとドコモ、auは使っている対応周波数帯が異なるためソフトバンクのスマホだとドコモ系やau系の格安SIMは通信が上手くできない場合があるんです。

また、格安SIM業者の動作確認端末についてもソフトバンクのスマホは掲載していないことが多いです。
なのでソフトバンクのGalaxy S6 edge(404SC)でも格安SIM乗り換えはできる可能性はありますが後々、通信トラブルが起こるリスクを考えればあまり乗り換えはおすすめできないです。

もし、ソフトバンクのGalaxy S6 edge (SC-04G)のユーザーで格安SIMが使いたいならばこちらのスマホは売り払ってしまって新しくSIMフリーのスマホを入手した方が良いです。

SIMフリーのスマホはドコモ系の格安SIMならほとんど契約ができますしSIMロック解除などの手続きも不便ではないでしょう。

SIMフリーのギャラクシーS6を使っている場合

実は、ギャラクシー s6にはSIMフリーのものもあります。

Amazonで売っているGalaxy S6 G920F。
こちらは輸入品ですが、SIMフリーなので格安SIMを使うことができそうです。

ただし、理屈の上では格安SIMも契約できそうなのもののおめあての格安SIMを契約する前にその格安SIMを扱うMVNO業者の動作確認端末にGalaxy S6 G920Fの名前が載っているかを確認しておいた方が良いです。
あるいは、どうしても気になる場合は直接、チャットなどでスタッフに問い合わせてみるのも良いと思います。

格安SIMはイレギュラーな乗り換えを試みた場合電話が通じなかったり、ネットが繋がらなかったり、そもそもSIMカードを認識してくれなかったり、と色々なトラブルがあることが予想されます。
なので契約をする前にきちんと事前準備をしておくことが大切です。

スマホ購入前にAmazonのレビューなどを調べ他の利用者の感想を調べておくのも重要です。

格安SIMのために購入したいという同じ目的のために使おうとしている人もいるはずなのでそういった人のレビューも参考になります。

ギャラクシー(Galaxy)S6とS6 edge(エッジ)の評判・口コミ(他社のスマホとも比較)

ここでギャラクシー s6とギャラクシー s6 エッジの他のユーザーの評判・口コミも紹介します。

ギャラクシー s6 ギャラクシー s6 エッジの評判ですがやはり、高スペックスマホですので悪い口コミというのは全体的にほとんどなかったです。
ギャラクシー s6 ギャラクシー s6 エッジは他のスマホと比較してもかなり優れていました。

外観や軽さについてもそうなのですが処理速度も非常に速いためストレスなくアプリやゲームを利用することができます。
性能の良いスマホとしてはXperiaシリーズのXperia Z5も挙げられるのですが、こちらと比較しても負けていないです。

いや、むしろ優れていると言っても言い過ぎではないでしょう。

Xperiaシリーズを今まで使っていたけれどより優れたスマホを求めて、わざわざギャラクシー s6 エッジに変えた、というユーザーもいるぐらいです。

このような例も踏まえるとギャラクシー s6 ギャラクシー s6 エッジは満足度が高いスマホと言えるでしょう。
このようなスマホが大手キャリアで24カ月以上の契約を前提で購入すれば1万円~2万円台で購入することが可能となります。

ギャラクシー s6 ギャラクシー s6 エッジが口コミで評判になるのも頷けますよね。
ギャラクシー s6 ギャラクシー s6 エッジは2016年5月現在、国内で入手できるスマホの中では最高クラスです。
他社スマホと比較しても全く見劣りしないどころか圧倒的な性能差を見せつけています。
高スペックなスマホを使いたいならぜひ利用を検討してみて欲しいですね。

繰り返しになりますがデュアルエッジスクリーンに惹かれる人はドコモ、au、ソフトバンクのギャラクシー s6 エッジを選びましょう。

ギャラクシー(Galaxy)S6とS6 edge(エッジ)はテザリングが可能か?

さて。
ギャラクシー s6 ギャラクシー s6 エッジの利用を考えている人の中にはテザリングについて気になっている人もいますよね。

結論から言えばギャラクシー s6 ギャラクシー s6 エッジはどちらもテザリングに対応しているスマホです。

ドコモ、au、ソフトバンクそれぞれ大手キャリアで契約した状態でテザリングをするのであれば、全く問題なく手持ちのパソコンやゲーム機器をネット接続させることはできるかと思います。

後は、データ通信量に気をつければ快適なテザリングを行うことができるでしょう。

なるほど。
ギャラクシー s6もギャラクシー s6 エッジも大手キャリアと契約した状態ならテザリングできるのは分かった。
ならば、格安SIMに乗り換えたときはテザリングはできるのか。

そんな疑問ももっともかと思いますので一つ一つケース別で解説していきたいと思います。

ドコモのギャラクシーS6とS6エッジでドコモ系格安SIMに乗り換えた場合のテザリング

ドコモのギャラクシー s6 ギャラクシー s6 エッジを使っている人が、ドコモ系の格安SIMに乗り換えをした場合、果たしてテザリングはできるのでしょうか。
結論から言えば、ドコモのスマートフォンはドコモ系の格安SIMと契約して利用した場合、テザリングはできません。

それはSIMロック解除をしても同じことです。
これはドコモのスマホの仕様がテザリングをするときは強制的にドコモのSPモードを使う設定になっているためです。

なのでドコモのSPモードが使えない格安SIMではテザリングができないことになります。

なのでドコモのギャラクシー s6かギャラクシー s6 エッジを持っている人で格安SIMを使いたいしテザリングもしたい人は注意が必要です。
もし格安SIMでテザリングしたいならSIMフリーのスマホで格安SIMを契約するのが一番確実かと思います。

auのギャラクシー6エッジでau系格安SIMに乗り換えた場合のテザリング

auのギャラクシー6エッジでau系格安SIMに乗り換えた場合は、テザリングできるのでしょうか。
結論から言えばauの場合、iPhoneはテザリングできませんがandroid端末の場合はテザリングが可能です。

なのでauのGalaxy S6 edge (SCV31)もmineoやUQ mobileの格安SIMを使ってもテザリングができることになります。
auのスマートフォンは格安SIMに乗り換えてもテザリングができるものが多いのがメリットです。

ちなみにmineo、UQ mobileはauのGalaxy S6 edge (SCV31)の動作が確認されておりauから格安SIMを乗り換えることを検討している人も安心です。

なのでauのGalaxy S6 edge (SCV31)へ乗り換えをしたらテザリングができなくなるかも……
と心配している人にも安心です。

ソフトバンクのギャラクシーS6エッジで格安SIMに乗り換えた場合のテザリング

ソフトバンクのGalaxy S6 edge(404SC)の場合、格安SIMに乗り換えをしたらテザリングはできるのでしょうか。

結論から言えばソフトバンクのGalaxy S6 edge(404SC)はSIMロック解除をすれば他の格安SIMへの乗り換えはできるかもしれません。

しかし乗り換えをしても電波が上手く繋がらなかったりネットが繋がらなかったりSIMカードを認識してくれなかったりなど様々なトラブルが予想されます。
なのでソフトバンクのGalaxy S6 edge(404SC)ではテザリングができるかどうか、という疑問は前提がちょっと違っているわけです。
ソフトバンクのGalaxy S6 edge(404SC)は格安SIMを契約して上手く電波を受信できるか懸念があります。

なのでソフトバンクのGalaxy S6 edge(404SC)でテザリングはできない可能性が高いです。
もし格安SIMでスマホの月額料金を下げてしかも、テザリングもしたいのであればSIMフリーの格安スマホを利用して格安SIMを契約するのが良いかと思います。
どうしてもソフトバンクのGalaxy S6 edge(404SC)で格安SIMを契約したいのであればGalaxy S6 edge(404SC)が動作確認端末として含まれているかを調べてから
格安SIMの契約をするのが良いかと思います。
SIMフリーのスマホの中では最近人気となっている格安スマホもおすすめです。

ZenFone GoやHUAWEI P8lite、arrows M02/RM02、SAMURAI MIYABI(雅)

これらの機種は人気ですので、もし良かったらこちらの記事も併せて読んでみてくださいね。

ZenFone Goについて詳しく知りたい方はコチラ</span>

HUAWEI P8liteについて詳しく知りたい方はコチラ

arrows M02/RM02について詳しく知りたい方はコチラ

SAMURAI MIYABI(雅)について詳しく知りたい方はコチラ

SIMフリーのギャラクシーS6で格安SIMを契約した場合のテザリング

SIMフリーのギャラクシー s6で格安SIMを契約した場合のテザリングはどうでしょうか。

今回の場合、SIMフリーのギャラクシー s6を入手するにはAmazonで輸入品を購入する必要があります。
こちらは価格的には24カ月契約でドコモやauソフトバンクで購入する価格よりも3万円~4万円ほど高くしかも、海外の品物のため日本の格安SIMの動作が保証されていません。
なのでAmazonで売られているGalaxy S6 G920Fなどの商品を購入する場合、日本の格安SIMをきちんと認識し通話やネットができるかを確認することが大切です。
こういった輸入品の場合それぞれの格安SIM業者の公式ホームページでも動作確認端末済みの端末に含まれていないか、そもそもあちらの業者も分かっていない場合があります。

なので必ずこの端末なら格安SIMが使えるという確信がない限りはわざわざ購入しない方がいいと思います。
同じSIMフリースマホならそれぞれの格安SIM業者でも格安SIMとのセット購入ができるのでそれらで購入する方が良いでしょう。
それなら、きちんとそこの格安SIMが使えるという保証も付いているわけですからね。

というわけで、少しだけ長くなりましたがSIMフリーのギャラクシー s6では格安SIMを契約してのテザリングは難しいと思います。
もし格安SIMを使ってテザリングがしたいのでしたらその格安SIM業者で動作確認済の端末で契約をしましょう。

そうすれば格安スマホで格安SIMを契約しテザリングをすることも可能です。

ギャラクシー(Galaxy)S6 edge(エッジ)の設定

最後にギャラクシー s6 エッジの設定について解説します。
ギャラクシー s6 エッジを購入して間もない方も既にそれなりに長い期間使っている人も知っておくと役に立つ設定について紹介します。

ディスプレイの点灯時間

ギャラクシー s6 エッジの初期状態でのディスプレイの点灯時間は30秒とすごく短いです。
なのでもし、ディスプレイの点灯時間が短すぎる!と感じていた人は点灯時間の設定をし直すことをおすすめします。

やり方は簡単です。
まず、設定を起動します。

それからディスプレイ→画面のタイムアウトの順に選ぶだけです。

端末を持っているだけで何もいじっていないときでも電子書籍をやっていたりサイトを見ていたりするときってありますよね。
そういう時に勝手に画面が消えてしまうとちょっとイライラするときってありませんか。
しかもパスワード認証を設定していた場合画面が消えるたびにいちいちパスワードを打ち込まなければいけません。

これって時間の無駄だと思います。

そういう無駄を防ぐために細かいことかもしれませんが画面のタイムアウトの設定を2分から10分の間に設定するのも有効です。

指紋認証の設定

実は、ギャラクシー s6 エッジは指紋認証センサーも付いているという優れたスマートフォンです。
ギャラクシー s6 エッジの指紋認証センサー
かなり精度が高く、非常に使い勝手が良いです。

先ほども少しだけパスワード認証について触れましたがパスワード認証は文字通りパスワードを打ち込まなければいけないので面倒くさいです。

それと比較すると指紋認証は指先をかざしてあっという間に認証してくれるので何と楽なことか。

指紋認証の設定の仕方は簡単です。
設定を起動し、

ロック画面とセキュリティ→指紋認証
と順にタップしていきます。

指紋認証の画面に入ったら指紋を追加を選び、ホームキーに指を置きましょう。

親指と人差し指を認識させておけば端末を持ってに認証をするときや置いて認証をするときに便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA