hi-ho LTE typeDの口コミレビュー2

格安SIMを利用しようと思った理由

スマートフォンを使うようになってから、ガラケー時代には月6000円以内で収まっていた通信料金が毎月1万円近くにまで跳ね上がるようになりました。

タブレットを購入したことで、ついに通信費だけで毎月16000円に達するようになり、
年間コストを考えると家計を圧迫することが明らかに感じたわけです。

スマートフォンの利便性は理解出来ましたが、果たして毎月そこまでの金額を出して使い続けるべきものかと疑問に思った時に、
携帯電話をガラケーに戻して通話定額プランへ加入し、データ通信はスマートフォンとタブレットに任せれば良いという考えが生まれました。

データ通信専用契約の格安SIMを使えば、大幅に通信費を圧縮出来ると考えたからです。

hi-ho LTE typeDを選んだ理由

格安SIMを展開ている事業者が増えたことで、価格競争といった面では安くなりました。
格安SIM比較のサイトもすごく増えていてサイト選びも困ったほどです。

10GBの高速通信容量で3000円を切る価格設定であれば、ガラケーで通話定額プランのみに加入して月4000円以内に抑えられれば、
データ通信コストを3000円支払っても合計で7000円以内に抑えられます。

格安SIMを比較している中で、hi-ho LTE typeDを選んだ最大の理由は、ファミリーシェアプランの存在にあります。

1枚のSIMをデータ通信専用に契約したとしても、スマートフォンとタブレット端末でAPN設定を同じく指定した際に、
毎回SIMカードの入れ替えが必要となります。

別々に2枚の格安SIMを契約すると、通信容量が一方だけ余る可能性があったのです。

最初から3枚のSIMが用意出来て、常時入れておければ合計容量のみを考えれば良いので助かります。

利用したプランと選んだ理由

hi-ho LTE typeDの中でもファミリーシェアブランならば、月2838円で利用出来るので、
税込み価格にしても3066円で済みます。

高速データ通信容量を個別に契約していると、管理画面が複数となってしまうので管理が面倒になりがちです。

しかし、ファミリーシェアプランを利用する時に、3枚のSIMをそれぞれ別の端末に入れておけば、
同じIDの管理画面から通信容量を管理出来るので、家族利用をする際にも1人だけ使いすぎていればすぐに分かるでしょう。

今回は私1人がスマートフォンとタブレット端末を状況に合わせて利用するだけですから、
1人で使う容量を10GB以内に抑えれば十分です。

アソートプランもありましたが、流石に3GBでは不足してしまうのでファミリーシェアプランが最適と考えられました。

申込みから利用までの流れ

hi-hoのホームページから申込をすると、同時に会員登録がされてhi-hoのメールアドレスが発行されます。

大切なお知らせが届くので、忘れずにIDとパスワード情報をメモしておくことが重要です。

音声通話SIMを含めた契約をする際には、携帯電話不正利用防止法に基づく本人確認が必要ですから、
本人確認書類として運転免許証やパスポートを写した写真データを添付して送る必要があります。

申込時に音声通話SIMが1枚でも含まれていれば、
本人確認書類がhi-ho側に認証されるまで全てのSIMカードの発送が保留となる点に注意が必要です。

今回はデータ通信のみのSIMを3枚同時発行だったので、すぐに受け付け完了メールがhi-hoのメールアドレスに送られました。

3営業日以内に登録完了のお知らせがhi-hoから自宅へ発送されるので、SIMカードよりも先に登録完了通知書が届くでしょう。

SIMカードの発送準備が整うと、やはりhi-hoのメールアドレスに発送通知と荷物追跡番号が送られます。

全ての連絡がhi-hoメールアドレスに通知される点を最初から知っておかないと不安になってしまうので要注意です。

申込から実際にSIMカードが届くまで1週間程度でした。

届いたSIMカードにはデータ通信専用ですが、個別に電話番号が付与されています。

3枚のSIMが個別に通信した容量を確認する時に必要となるので、メモしておくと良いでしょう。

スマートフォンとタブレットにSIMカードを挿入して、APN設定を同梱されている設定マニュアル通りに行なえば、すぐに通信出来るようになります。

hi-ho LTE typeDを使ってみてのメリットとデメリット

hi-ho LTE typeDのファミリーシェアブランを使い始めてから、データ通信容量の管理が一元化出来たので気分的に楽になりました。

スマートフォンとタブレットのうち一方だけにSIMカードを入れて、
テザリングで通信をすると不安定な通信になりやすいので、やはり個別に通信出来ることは便利です。

今のところ月間10GBを超えたことはありませんが、多少超えても問題ないと考えています。
なぜなら、hi-ho LTE typeDには他社の格安SIMにはないバースト転送と呼ばれる機能が付いています。

高速通信容量を使い切った後には、200kbpsに速度制限がかかりますが、
最初の通信開始から一定量までは高速通信が出来る機能が標準で付いていることに魅力を感じるでしょう。

ページにアクセスした最初のホームページで見開き程度の範囲内については、一瞬だけ高速通信が出来るわけです。

速度制限がかかってしまうと、全く使えないと感じてしまう格安SIMとは一線を画すバースト転送機能は魅力的です。

一方、デメリットは少ないですが、hi-ho LTE typeDを申込する際には、SIMカードの紛失だけ気をつける必要があります。

最初にファミリープランやアソートプランで申し込めるSIMカード枚数は3枚ですが、
後からSIMカード追加をして3枚とする場合には手数料がかかってしまいます。

最初から3枚申込を行い1枚を保管する際には、SIMカードの紛失に注意が必要となるでしょう。
何枚のSIMカードを発行するかが、最初の悩みの種となる可能性はあります。

hi-ho LTE typeD を使ってみてのおすすめしたいプラン

hi-ho LTE typeDには音声通話プランもあるので、
データ通信SIMとしてファミリープランやアソートプランで気に入った場合には、音声通話プランを申し込んでみる方法もあります。

データ通信専用プランであれば、最低利用期間や違約金が無いので、
1人5回線以内というルールさえ守ればプラン変更をせずに追加で申込も可能です。

hi-ho LTE typeDの最大の強みとして挙げられる複数枚SIM発行とバースト転送機能を上手に利用出来るプランとして、
アソートプランで3GB内のやりくりをするか、一気にファミリーシェアプランで10GB確保するか、
利用目的と利便性で決めると良いでしょう。

スマートフォンとタブレットを両方利用するなら、ファミリーシェアプランが割安と考えられます。