データ専用SIMを比較しました(3GB編)

格安SIMを利用する方の多くがデータ容量3GBのプランを選ぶ傾向にあります。
格安SIMの中でも3GBのデータプランはお手頃でスマホを快適にご利用いただけるのです。
下記にはデータ専用SIMのうち3GBのプランを比較しましたので、ぜひご参考にしてください。

月に3GB使えるデータ専用の格安SIMを比較

月1GBのSIMに比べますと、3GBは種類が豊富です。
そのため、当サイトでは3GBの格安SIMを15種類紹介させていただきます。
全てがオススメのSIMサービスというわけではないのですが沢山ある格安SIM同士を比較することにお役立ていただければと思います。

mineo

mineo2

シングルタイプ(データ通信) 月額900円 3GB

mineoはドコモ(dodomo)とau系のどちらの格安SIMも提供していることで有名なMVNOです。
1GBのデータSIMは他の会社より少し割高なのですが、3GBのデータSIMでは他の会社よりも安くなっております。
また、docomo・auどちらのSIMを提供しているというメリットも大きいです。

格安データ通信SIMの中でも通信速度も早く、また、家族割りや複数回線割などもありよりお得に利用できることから多人数でSIMを使っていくという点でも強みを持っております。
家族で一緒に利用していくといった使い方でしたらmineoはとても便利に利用していけますのでぜひご利用を検討してみてくださいね。

UQmobile

uqmobile-01

データ高速プラン 月額980円 3GB

格安SIMの中でも通信速度の点で優秀なのがUQmobileとなります。
通信速度が早く、なおかつ全時間帯で安定しているため、使いやすいのです。
一ヶ月で使うデータ量が3GB以内ということでしたらUQmobileはかなりの有力候補といえるでしょう。

データ高速プランですと月額料金が980円とmineoに比較すると若干高いですが、UQmobileの場合はSMS機能込みですので3GBの格安SIMの中では特に優秀です。

また、UQmobileはau系の格安SIMのためauのスマホを持っている方にもお勧めとなっております。

TONE

tone-01

基本プラン 月額1000円 3GB

TONEモバイルはTSUTAYAのMVNO事業です。
3GBというデータ容量ではなく、無制限なのですが3日間で300MBの通信量を越えると速度制限がかかるという独特のサービスとなります。

TONEモバイルのサービスは初心者や子供向けのサービスとなっており、必要な設定などをしてくれたり、子供のアプリのインストール制限や時間制限アクセス制限など子供が安全に利用していけるモバイルサービスということでサポート機能などに優れているという傾向があります。

スマホ初心者やシニア・子供など家族向けのサービスとしては業界内でも随一のモバイルサービスとなっております。

BIGLOBE

big-lobe-01

エントリープラン 月額900円 3GB

BIGLOBEも3GBのSIMプランですと月額料金が900円と安く、お得に利用できる格安SIMとなっております。

通信速度に関しては夜になると若干不安定になる傾向にあるようですが、特に問題なく利用できます。

データ専用SIMですと、SIMとしては珍しいことにカード支払いではなく口座振り替えにより月額料金の支払いが出来るためクレジットカードが作れないという方にもお勧めとなっております。

DMM mobile

dmm

シングルコース 月額850円 3GB

DMM mobileは月に3GB使えるデータ専用SIMとしては最安値レベルの月額料金となっており、850円で利用可能です。
安いだけでなく、プランの幅が広いためデータ容量の選択肢がたくさんあり、利用してみて調整していくことも可能です。
通信速度も早めとなっておりまた、バースト機能などもあり、データ容量を使い切っても安心してご利用いただけます。

FREETEL

freetel1

データSIM 月額900円 3GB

FREETELのサービスは利用したデータ量に応じて月額料金が変わるというプランです。
3GB分利用した際には900円となりますが必要に応じて、それ以上のデータ量を使っていくこともできるため、臨機応変に使えることでしょう。

通信速度に関しても他の会社より早めな傾向にあるため3GB以上の通信データ量をお求めの方にはFREETELについてもお勧めとなっております。

IIJmio

iijmio1

ミニマムスタートプラン 月額900円 3GB

MVNO業界の中でも古参で信頼性や通信速度のクオリティが高いのが IIJmioとなっております。
キャンペーンや割引などが無いのが残念ですが3GBの時の月額料金も900円と安くお得に利用できることに変わりはありません。

信頼性などの点で信頼できるMVNOが提供している格安SIMとしてIIJmioを利用している方も多いため初めての格安SIMで不安を持っているという方にIIJmioはとてもオススメの格安SIMとなっております。

NifMo

nifmo-01

3GBプラン 月額900円 3GB

NifMoも通信速度において強みを持つSIMとなります。
データ専用SIMも3GBですと、月額料金が安めです。
3GBを越えると少し割高になってくるのですが3GBのSIMを使う方にとってはオススメのSIMサービスといえるでしょう。

NifMoはキャッシュバックサービスなどを行うことが多く、格安SIMや格安スマホを割安で入手できることもあるため、定期的に情報を得ておくことをお勧めします。

楽天モバイル

%e6%a5%bd%e5%a4%a9

3.1GBプラン 月額900円 3.1GB

楽天モバイルは最近、通信速度の遅さが指摘されることが多くなっております。
ですが、お得さの点では他の格安SIMより優秀な部分が多く、特に楽天ポイントが貯まっていくという点がお得です。

格安SIMの月額料金(3GBの場合は900円)を支払う度に楽天ポイントが貯まっていくためお得に利用していくことができるでしょう。

OCNモバイル

ocnmobile%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%83%b3-02

3GB/月コース 月額1100円 3GB

OCNモバイルは数あるMVNOの中でもトップレベルのシェア率を誇っている格安SIMとなっております。
ただ、通信速度に関しては平凡ですし月額料金も他のMVNOより若干高めになっております。
高速データを使い切った後も、低速モードを無制限に利用していけるという強みを持っているという点も便利に利用していけるでしょう。

月に3GB使えるデータ専用の格安SIMの特徴

格安SIMは幅広いプランが魅力的です。
月に1GBから使えますが、流石に1GBじゃ足りないなんて思う方が多いのではないでしょうか。
せっかくスマホを使うんだから、通信量を気にすることなく利用したいという方も多いはずです。
とはいえ、それほど沢山利用するわけでもない…
そういった状況にあるという方には月に3GB使えるデータ専用格安SIMがオススメです。
3GB使えるデータ専用SIMでしたら1GBより幅広くご利用いただけるうえに料金も安くなっているため、便利に利用できるのではないでしょうか。

現時点でスマホを利用している方の7割くらいの方は月3GBいないのデータ容量を使っております。
そのため、3GBの格安SIMがある意味最も適量なプランであり、無難といえるプランなのかもしれません。

むしろ、3GBの格安SIMも月額料金は1,000円以下であることがほとんどです。
つまり、1GBのSIMの月額料金との差はわずか数百円程度となります。
そのため、三倍の通信量で数百円しか変わらないということから3GBの格安SIMの方がお得と考える方も多いようなので、そういった意味でも3GBの格安SIMはオススメです。

1GBの格安SIMより種類も格段に増えるため利用選択肢の幅も広がってくるでしょう。
そのため、どの格安SIMを選べばいいかわからないという方も多いかと思われます。
そこで、当サイトでは3GBの格安SIMに関する比較を下記で行いましたので、その比較を参考にして格安SIM選びにお役立てください。

月に3GB使えるデータ専用SIMで出来ることとは?

3GBともなるとデータ専用SIMも色々と出来ることの幅がグンと広がります。
1GBですと容量を気にしてできないようなことも3GBでしたら色々と出来るようになります。
下記に3GB使えるデータ専用SIMで出来ることを記載しましたので、ぜひご参考にしてください。

3gb

ホームページの閲覧

スマホでデータ通信といえば、WEBホームページの閲覧でしょう。
Yahooのトップページを3GBでアクセスしますと月間で約12,000回アクセスできます。
Yahooのトップページのようなホームページ・WEBページの閲覧でしたら十分すぎるほどアクセスできるため全く不自由することはないでしょう。

WEBメールの受信

格安SIMはキャリアメールを利用することは出来ませんが、YahooメールやGmailなどWEBメールでしたらご利用可能です。
メールといって画像付きのメールやファイル付きのメールのやり取りですとデータ通信量を使いますが、テキストメールだけでしたら3GBのデータ通信量ですと約60万回受信できます。
60万回も受信できれば普通は困らないはずですのでメールを快適にご利用いただけるでしょう。

LINEの通話機能

格安SIMの中でも、データ専用SIMは電話通話が出来ないようになっております。
そのため、通話をしたいのでしたらデータ専用SIMでもダウンロードできるLINEなどを使って無料通話をしていくことになるでしょう。

データ通信量が3GBでしたら約90時間の通話がご利用頂けるためメールだけでなく、LINEの利用などにも3GBの格安データ専用SIMはご活用いただけるでしょう。

3gb2

動画サイトの閲覧

3GBとなると1GBよりは動画視聴もしやすくなります。
とはいえ、10分間の動画を140回程度視聴できる、つまり月間合計で24時間程度観れるということになります。
まだ、この数値ですと動画視聴以外のことも考えますと若干心もとないといえるでしょう。

ただ、きちんとWiFi環境などを使ったり日々の動画視聴を短めにしておけば3GBの格安データSIMでも十分です。

動画を気にせず自由に視聴するとなると5GB以上あるのが本当は望ましいですが3GBの格安データSIMでも十分といえるかもしれませんね。

地図機能の利用

近年では地図アプリなどがかなり便利で出かけた先でよく利用するという方も多いのではないでしょうか。
地図アプリの中にはカーナビとして利用できるものもあるため日常的に利用したいとお考えの方も多いでしょう。

ただ、3GBですとカーナビとしての利用はあまり適しているとはいえません。
地図機能自体は3GBですと4,000回程度ご利用いただけるかと思われますがカーナビのように移動しながら使う機能はデータ通信を頻繁に行うことになるため3GB以下の通信量ではあまり適しておりません。
カーナビとしての利用は5GB以上の格安データSIM利用時にお考えください。

アプリダウンロード

アプリのダウンロードはデータ通信量を大幅に使ってしまう行為といえます。
3GBの場合、50MBのアプリ間を月間で60個ダウンロードできることになります。
他のデータ通信などのことも考えますとアプリダウンロードは出来ればデータSIMではなくWiFi環境があるところで済ませておきたいところです。

月に3GB使えるデータ専用の格安SIMを比較する際のポイント

主に比較するであろうポイントは月額料金、通信速度、そしてキャンペーンでしょう。
通信速度やキャンペーンはケースバイケースになることが多く、比較するのは少し難しいです。

ですが、月額料金でしたら明確に異なります。
3GBのデータ専用SIMとなりますと1,000円以下であることが多いですがそれぞれの月額料金を比較してご自身に適している格安SIMを探してみてはいかがでしょうか。

また、通信速度に関しても速い格安SIMと遅い格安SIMですと大きな差が生まれてしまいますのでなるべく速い格安SIMを利用していただければと思います。

当サイトではそれぞれのSIMの通信速度などの紹介なども行っておりますのでそちらもご参考にしてご自身に適した格安SIMを選んでみてください。

また、3GB以上の通信量のSIMを利用したいという方は下記の解説もご参考にしてください。

データ専用SIMを比較しました(1GB編)

データ専用SIMを比較しました(5GB編)

データ専用SIMを比較しました(7GB~無制限編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA