データ専用SIMを比較しました(5GB編)

格安SIMのデータ専用SIMのプランの中でも5GBは比較的高容量のプランとなります。
5GBあれば動画視聴なども快適に行なえるようになりスマホをより活用しやすくなるのです。

当記事では5GBのデータ専用SIMについて比較しましたので、ぜひご参考にしてくださいね。

月に5GB使えるデータ専用の格安SIM7選

月に5GB使えるデータ専用の格安SIMは種類が多いため、しっかりと比較検討すべきです。
当サイトではデータ専用の格安SIMを10種類挙げて比較検討してみました。
下記の比較表などを参考にしてぜひご自身に適した格安SIMを見つけてくださいね。

mineo

mineo2

シングルタイプ(データ通信のみ) 月額料金 1,580円

mineo(マイネオ)はau系の格安SIMとdocomo系の格安SIMの両方を提供しております。
そのため、あらゆる格安スマホに対応しているため幅広く格安SIMを利用していけるでしょう。

mineo(マイネオ)は通信速度も速く、5GBのデータ専用SIMで動画を視聴したりゲームをしたりといった利用用途に適しているのではないでしょうか。
mineo(マイネオ)は基本料金も安いですがキャンペーンなどを利用すればより安くご利用いただけます。
家族割や複数回線割りがあるため複数人で利用していく際にオススメの格安SIMとなっております。

他にもデータを効率よく、お得に利用できるようなサービスが豊富なのでぜひmineo(マイネオ)の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

DMM mobile

dmm

シングルコース 月額料金 1,210円

DMM mobileは格安SIMの中でも最安レベルとなっており、お得に利用できることで有名な格安SIMとなっております。

メリットは安いところだけでなくデータプランの選択肢が多く、変更も簡単にできます。通信速度に関しても他社と比較して速く基本サービスの良さで人気がある格安SIMとなっているのです。
ライトプランを利用する方が多いですがDMM mobileは5GB以上のプランの利用においてもメリットが多いデータ専用SIMとなっておりますのでぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

FREETEL

freetel1

データ専用SIM 月額料金 1,520円

通信速度が速いことで有名なFREETELは使ったデータ量に応じて料金が変化する格安SIMとなります。
5GB使いますと、月額料金は1,520円となります。
この金額が設定は格安SIMの中では標準的と言えるのではないでしょうか。
それでいて通信速度が速いという点でオススメの格安SIMといえるでしょう。

キャンペーンを行うこともあり一定期間の通信量が0円になるキャンペーンもありお得に利用していくことができる格安SIMといえるでしょう。

BIGLOBE

big-lobe-01

ライトSプラン 月額料金 1,450円

BIGLOBEのSIMは通信速度は標準程度という評価が多くなっていますが、月額料金は1,450円と安くなっております。
しかも実はライトSプランは6GBのプランのため1GB分、他の格安SIMよりお得です。

また、BIGLOBEはキャンペーンも充実しており月額料金が数か月分お得になるキャンペーンなどがありお得に利用していける格安SIMとなっております。

TONE

tone-01

基本プラン+高速チケット1回分 月額料金 1,300円

TSUTAYAがMVNOとして提供している格安SIMのがTONEです。
厳密に言えば、TONEは無制限プランとなっており5GB以上の利用も可能です。
ただ、三日間で300MB以上使うと速度制限がかかるなど、1ヶ月単位ではなく3日簡単位くらいで制限がかかるシステムになっているのです。

ですが、高速チケットというものがあり速度制限がかかっている時でもチケットを使うことで高速通信が可能となるのです。

TONEのサービスの特徴としては初心者でも利用しやすい親切設計になっているところで家族での利用などに適しているという点にあります。
家族全員で使うことに対するサポートが万全なのでお子さんのいらっしゃる方に得にオススメの格安SIMとなっております。

IIJmio

iijmio1

データ通信専用SIMライトスタートプラン 月額料金1,520円

IIJmioはMVNO業界でもシェア2位となっており速い通信速度を維持し続けてきた実績が評価されている格安SIMでもあります。
3GB、5GB、10GBと通信速度プランがありますので、幅広いニーズに応えているMVNOといえるでしょう。

通信速度についても依然として速く動画視聴なども快適に出来るため格安SIMの中でも得にオススメとなっております。
実績が豊かで、まだ格安SIMを利用したことの無い方にとっても選びやすいSIMであるという点でも評価されている格安SIMのため、ぜひご利用を検討してみてくださいね。

以上で紹介した格安SIMはいずれも「月額料金が安い」という点で共通しております。
ですが、いずれの格安SIMも独自のメリットを持っていますので、その点に注目して格安SIMを選ぶことをお勧めします。

得に5GB以上の場合、動画視聴やゲームアプリの利用が快適なのかといった点に注目して格安SIMを選ぶとよろしいかもしれませんね。

月に5GB使えるデータ専用の格安SIMを比較しました

1ヶ月で5GB使えるデータ専用SIMというと格安SIMの中でもデータ通信量が多くなってきたといえる数値なのではないでしょうか。

1GBや3GBなど低いデータ通信量が利用できるという点が格安SIMのメリットですが5GB以上の高いデータ量も利用できるという点で注目を集めている格安SIMも多数あります。
5GB以上となりますと、1GBや3GBだとデータ通信量が気になって出来なかったことも比較的、余裕を持って行えます。

また、格安SIMですと、月額料金もお得で1,000円~2,000円であることが多くキャリアSIMの7,000円~12,000円といった設定と比較すると、支払うのは別に難しくない金額といえるでしょう。
格安SIMの5GBプランはお得なので利用を検討なさっている方は多いかと思われますが何分種類が多い為、自分がどのSIMを利用すればいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

当サイトでは、データ専用SIMの中でも5GB以上のデータ専用SIMを比較し皆様の格安SIM選びの際に参考になるような解説ページを設けました。
当サイトの情報を参考にしてご自身に適した格安SIMを選んで頂ければ幸いです。

5GB以上の格安SIMはどういった人が使うべき?

1GB~3GBでもインターネット閲覧やメールの送受信、LINEを使った通話などは行えましたので、5GB以上のデータ専用SIMでも当然のことながら、そういったことは出来ます。
5GB以上となりますとより通信量を使うような動画サイトの閲覧なども積極的に出来るようになってくるのです。

5gb

参考までに説明しておきますが、1時間Youtubeやニコニコ動画を視聴すると200MBから300MBのデータ通信量を使うことになります。

5GBだからといって無制限で視聴できるわけではありません。
ですが、1~3GBのデータ専用SIMに比べて他のデータ通信を気にせずに動画が視聴しやすいという点は事実といえます。

逆に言えば、1~3GBまでのデータ専用SIMでは他のデータ通信のことを気にする必要があるため動画視聴には適していないといえます。

動画視聴はWiFi環境があるところに限定するといった割り切った使い方も大事ですが中には外出先などでYoutubeやニコニコ動画、huluなどの動画配信サイトを利用したいという方も多いでしょう。
筆者も、よく一人で外食している時なんかにhuluの動画を見ることがありますので1~3GB程度では少し物足りなさを感じてしまいます。

5gb2

筆者のように、スマホで動画視聴をするという方は格安SIMの中でも5GB以上の通信量を有している格安SIMを利用していくべきです。
動画視聴をよくする方には5GB以上のデータ通信量がオススメですが他にもスマホのゲームアプリを使う方にも5GB以上の格安SIMの利用をお勧めします。

ゲームアプリのダウンロードは50MB程度ですみますが、起動時に追加ダウンロードなどがあると200MBくらいのデータ通信量を使うこともあります。
高画質な3Dゲームなどですと、それだけで1GB近くのデータ通信量を使うゲームなんかもありますので、注意が必要です。

あとは地図アプリのカーナビ機能を使うなんて方にも、なるべくデータ通信量が多いSIMの利用をお勧めします。
カーナビ機能は常に場所が移動されるため最新のデータを受信するために、データ通信量をたくさん利用するのです。
そのため、1~3GBの格安SIMですとすぐにデータ通信制限量にかかってしまい快適に利用できないなんてことになりかねません。

普通にGooglemapを使う程度でしたらそれほどデータ通信量を必要としないのですがカーナビアプリなどを利用するという方々は、最低でも5GB以上のデータ通信量が必要となるでしょう。

以上で説明しましたように動画、ゲーム、カーナビなど最低限のスマホ機能にとどまらず最大限にスマホを利用したいという方には5GB以上の通信量を有している格安SIMの利用がオススメのため、ぜひお申し込みをご検討ください。

月に5GB使えるデータ専用の格安SIMを比較する際のポイント

1~3GBのデータ専用格安SIMというと、結構月額料金なども似たりよったりといったところで比較しがいがないなんて感じる方もいらっしゃるかもしれません。
実際には比較をすれば結構違うのですが確かにパッと見た感じではわかりづらいかもしれませんね。

ですが、5GB以上の格安SIMプランとなりますと月額料金などが大きく異なってきますのでしっかりと比較をして、ご自身に適した格安SIMを探していく必要があります。

5GBのデータ専用SIMですと相場は大体1,500円前後といったところでしょうか。
1,200円~1,800円となっているのですが、一ヶ月の差が600円であったとしても、年間で7,200円の差が出るのですから5GBを超えるデータ専用格安SIMを選ぶ際には月額料金の差にも注目しておきましょう。

あと、5GBを超える格安SIMの際には通信速度に関しても気にかける必要があります。
1~3GBの格安SIMと5GB以上の格安データSIMですと利用目的が異なってくることでしょう。

5GB以上のデータ専用SIMを利用するということですから動画の視聴やゲームアプリの利用などを考えていることと思われます。
1~3GBのデータSIMは普通にインターネット閲覧程度ですから通信速度がある程度遅くても、あまり気にならないものです。
しかしながら、5GB以上の格安データ専用SIMを利用するのですから通信速度が遅いと快適に利用できないことが考えられます。
そのため、5GB以上の格安SIMを利用するということでしたら通信速度が速いデータ専用SIMを利用することを検討してみましょう。

あとはキャンペーンなどの実施状況などもデータ専用SIMの比較ポイントとなります。
MVNO(※)としても、1~3GBのSIM利用者より5GB以上のSIM利用者を確保したいという思惑があります。
通信料金が5GB以上の時の方が高いのは事実なのですから5GB以上のSIM利用者が毎月通信料金を支払ってくれるという環境が好ましいというのは皆様もイメージできるかと思われます。

MVNOにそういった思惑がある以上、1~3GBのデータ専用SIMの時にはなかったキャンペーンが5GB以上のデータ専用SIMの時に設けられているなんてことがありえます。
中には一ヶ月間の月額料金が無料になったり格安スマホ購入のキャッシュバックがあったりとお得になるキャンペーンを実施しているMVNOもあるため、そういったキャンペーン内容から格安SIMを選ぶのもオススメです。

ですが、やはり基本的には月額料金と通信速度から選ぶことをお勧めします。

SIMというのはその性質上、2~3年は同じものを使い続けるような商品です。
そのため、基本サービスが良好なSIMを選んだ方がトータルで考えると絶対にお得になります。
下記に5GB以上のデータ専用格安SIMの一覧を記載しますので、そちらもご参考にしてご自身に適したSIM選びの参考にしてくださいね。

また、5GB以上の通信量のSIMを利用したいという方は下記の解説もご参考にしてください。

データ専用SIMを比較しました(1GB編)

データ専用SIMを比較しました(3GB編)

データ専用SIMを比較しました(7GB~無制限編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA