データ専用SIMを比較しました(7GB~無制限編)

動画をたくさん視聴するといったスマホの使い方をしている方には7GB~無制限という格安SIMプランがお勧めです。

高容量ながら格安SIMのため月額料金がとてもお得になっております。
下記には7GB~無制限のプランについて比較しましたので、ぜひご参考にしてください。

7GB~無制限の高速通信が使えるデータSIMを比較

7GB以上のSIMプランを提供しているMVNOは主に8GB、10GB、20GBのプランを提供していることが多くなっております。
中には無制限のデータ専用SIMを提供しているMVNOもありますので下記の一覧などをご参考にして、SIM選びの参考にしていただければと思います。

mineo

mineo2

シングルタイプ 1580円 10GB

mineoはau・docomo両方の格安SIMを提供していることで注目を集めております。
10GBコースで2,520円と月額料金が安価であるという点でも人気が高まっております。
しかも通信速度も早くなっており、動画視聴が快適に利用できることもあって大容量の格安SIMの中でも最もおすすめなSIMサービスといえるでしょう。

mineoは家族割りや複数回線割りなどもあり複数人で利用していくとよりお得で効率的に利用していくことができるでしょう。

DMM mobile

dmm

シングルコース
1,860円 7GB
1,980円 8GB
2,190円 10GB
3,600円 15GB
4,980円 20GB

DMM mobileはプランが豊富になっており7GB以上ですと8GB、10GB、15GB、20GB、7GB以下ですと1GB、2GB、3GB、5GBと幅広いプランからご自身に適したSIMプランを選ぶことができるというメリットがあります。
また、データ通信のみだけでなく、音声通信付きやSMS機能つきのデータ通信SIMを選ぶことができるため多数の種類から自分に適したSIMを選べます。

月額料金が格安SIMの中でもトップレベルで安くなっておりますし、通信速度も早い部類に入るため動画視聴などをスムーズに行えることでしょう。

UQ mobile

uqmobile-01

データ無制限プラン 1,980円

UQ mobileは無制限プランもあります。
無制限でありながら、月額料金が1,980円と安くお得に利用できるという点でUQ mobileには大きなメリットがあります。

通信速度については動画を視聴する程度でしたら十分な速度となっておりますので不自由無く使うことができるでしょう。
データ容量を気にすることなく利用できるという点でUQ mobileは優れた格安SIMとなっているため無制限プランを利用したいという方はぜひUQ mobileを利用してみてはいかがでしょうか。

FREETEL

freetel1

使った分だけ安心プラン
2,140円 8GB
2,470円 10GB

FREETELですが、「使った分だけ安心プラン」という名前の通り、使った分の通信料によって月額料金が変わってきます。

最大10GBまでの利用が可能なので、動画視聴などで通信料を使いすぎてしまったとしても、自動的に使った分だけの料金が適用されるでしょう。

月額料金に関しては少し割高なのですが通信速度が格安SIMの中ではトップクラスに早く動画の視聴などで早い通信速度を希望している方にはおすすめの格安SIMといえるでしょう。
なお、月額料金が無料になるキャンペーンなどもありますのでそういったキャンペーンが実施されている時に申し込んでみてもよろしいかもしれませんね。

TONE

tone-01

TONEは実は無制限プランしかありません。
ただ、3日間の合計が300MBを越えると速度制限がかかってしまうため全くの無制限というわけではないのです。

また、Youtubeなどの動画は高速チケット(1GB300円)を購入することで利用可能となります。
つまり、通常のインターネット利用に加えて動画視聴などをしていこうと思うのでしたら別料金を支払うといった利用方法になります。

どちらかといえば初心者向けのサービスとなっており初めて格安SIMを利用するということでしたらぜひTONEを利用してみてはいかがでしょうか。

Nifmo

nifmo-01

Nifmoは通信速度が早い格安SIMとして有名です。
キャッシュバックキャンペーンなどもあり格安SIMや格安スマホをかなり割安に入手できます。
10GBのコースとすると他の会社より月額料金が高めですが、キャンペーンなどをうまく活用すると、お得になるでしょう。

通信速度の早さが優秀なので動画視聴などを快適にご利用いただけるのではないでしょうか。

Umobile

u-mobile

データ専用使い放題 2,480円

Umobileは無制限プランがありますが格安SIMの無制限プランの中では最も通信速度の点で優秀となっております。
しかも時間帯に関係なく、通信速度は安定しているため、動画視聴などが時間に関係なくご利用いただけるという点で優秀です。

3日間で2.4GBを越えると速度制限がかかりますが2.4GBもあれば動画視聴なども十分ご満足いただけるでしょう。

無制限プランの利用を検討なさっているのでしたらU-mobileが最もおすすめです。

BIGLOBE

big-lobe-01

データSIM 2,700円 12GB

BIGLOBEのSIMは12GBのプランもあります。
月額料金に関しては安い部類に入るのですが通信速度は時間帯によっては遅くなる傾向があるようです。

キャンペーンなどで月額料金が無料になるなんていうこともあるためそういった点で選ぶ方もいらっしゃることでしょう。

IIJmio

iijmio1

データ専用SIM 2,560円 10GB

IIJmioはシェア率が高く、信頼されているブランドです。
通信速度についても速くなっており動画視聴や音楽ストリーミングなどにお役立ていただけるでしょう。

月額料金についても安くなっているため格安SIMとして利用しやすくなっております。
ファミリーシェアプランがあり、家族と共有して使っていくとよりお得になるでしょう。

DTI SIM

dti-sim-02

データプラン 2,200円 10GB

DTI SIMですが、通信速度も早いですし、月額料金についても10GBで2,200円と安くなっているため、お得に利用しやすい格安SIMとなっております。
2,016年5月よりデータの翌月繰越にも対応してくれるようになったためさらに利用しやすくなったでしょう。

月額料金に関するキャンペーンなども行っているため、そういった点でもお得なSIMです。

月に7GB~無制限なんていう通信量は必要?

格安SIMなんて聞くと「少ない通信量を低額で」なんてイメージをお持ちの方も多いかとおもわれます。
ですが、実際には7GBを越すプランもあり、キャリアSIMと同じように、大容量のデータ専用SIMもあるのです。

7GBですとキャリアSIMにもよくありますが格安データSIMの中には10GB、20GBも珍しくありません。
中には通信量が無制限なんていう格安データ専用SIMもあり、幅広いプランから選べるようになっております。

ただ、7GBはともかく、10GB、20GB、そして無制限なんていう通信量が果たして本当に必要なのか不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。

実を言うと、普通にインターネットを閲覧したり動画をたまに見たり、ゲームアプリをしたりするといっただけでしたら、それほど大容量の通信データ量は不要です。
1GB、3GB、5GBの格安SIMでも十分スマホを活用していけることでしょう。

ではどういった方に7GB~無制限プランが必要になってくるかというと下記の2種類のような方に必要になってきます。

7gb

動画を毎日1時間以上見る場合

当サイトを閲覧なさっている方の中にはYoutubeやHulu、ニコニコ動画など動画サイトを日常的に視聴なさっているといった方もいらっしゃるでしょう。
筆者もそうですが、電車で通勤・退勤しているとたまにずっと動画を見ていたくなることもあります。

また、近年ではお子さんがいらっしゃる家庭で動画配信サイトでテレビアニメなどを視聴するといったケースも増えてきました。
そういったスマホやタブレットの使い方をしていますと、1日で1時間以上動画を視聴なさるなんてこともあるでしょう。

参考までに、Youtubeで動画を一時間視聴しますと200~300MBほど使います。
そんな使い方をしていれば1ヶ月で7GB以上の通信量になってしまうなんてことがしょっちゅうあるのではないでしょうか。

そういった方は思い切って7GB~無制限の格安SIMに切り替えて、動画を好きなだけ視聴するといった使い方に切り替えることをお勧めします。

音楽ストリーミングサービスを利用する場合

Apple Musicなど音楽ストリーミングサービスを作業時やウォーキングなどをしながら利用しているなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

音楽ストリーミングサービスは1時間で80~90MBの通信料を使うため3時間使えば240~270MBくらいになりますね。
そうなりますと、1ヶ月で7~10GBとなります。
そのため、音楽ストリーミングサービスを使うという方には1GB、3GB、5GBといった通信量では不足しがちなのです。

音楽ストリーミングサービスを日常的に利用するという方にも7GB~無制限のデータ専用SIMを利用していくことをお勧めします。

以上のように、動画視聴や音楽ストリーミングサービスなど通信料を膨大に利用していくことになる通信サービスを利用するということでしたら7GB~無制限のデータSIMを利用していくことが適しているといえるでしょう。

7GB~無制限のデータ専用SIMを選ぶ際のポイントとは

7GB以上のデータ専用SIMとなりますと格安SIMとはいえ、2,000円~3,000円程度の月額料金がかかってくるため、そういった料金などを比較して少しでもお得なSIMを選ぶことを意識するとよろしいでしょう。
データ専用SIMの料金は毎月支払っていくことになるのですから数百円の差でも、1年単位で考えれば数千円の差が生まれるため月額料金を気にしながら選ぶことをお勧めします。
また、7GB以上のSIMを利用するのでしたら動画視聴などをすることと思われます。
スマホで動画を視聴したことがある方ならわかると思いますが、動画視聴中に動画が途切れるなどといったことが起きると、とても不快に感じることと思われます。

そういったことのないように通信速度が早い格安SIMを選ぶことをお勧めします。
動画視聴などをスマホ利用のメインに据えるのでしたらそういった選び方がよろしいでしょう。
あとはキャンペーンの有無などもデータ専用格安SIM選びの際には一つの指標となってくることでしょう。

MVNOとしても通信料が多いSIMを利用して貰った方が月額料金による利益が生まれやすくなるため通信量が多いSIMプランですとキャンペーンなどを随時行い、新規利用者を募る傾向にあります。
キャンペーンが有るのと無いのでは初期費用などが大幅に異なってくるためキャンペーンの有無で格安SIMを選ぶのもよろしいでしょう。

以上のように月額料金、通信速度そしてキャンペーンの有無が格安SIM選びのポイントといえます。
7GB以上の通信料のSIMは継続して利用していくことを検討している方が多いと思われますので、格安SIM選びも慎重に行いたいことと思われます。

下記にはそれぞれの格安SIMの特徴などの一覧を記載しますのでそちらもご参考にして格安SIM選びにお役立てください。

無制限のデータSIMは通信速度が遅い?

無制限のデータSIMは通信速度が遅いなんて言われることもありますがそういった格安SIMがあるのは事実です。

高速通信なしでデータ容量を無制限にしているというSIMがありますがそういった格安SIMでもインターネットを普通に使う分には特に問題はないといえるでしょう。
また、TONEのように、高速通信をチケットなどで別売りしているなんていうMVNOもあるので、そういったサービスとも組み合わせてご利用ください。

7GB~無制限の通信量以外のSIMを利用したいという方は下記の解説もご参考にしてください。

データ専用SIMを比較しました(1GB編)

データ専用SIMを比較しました(3GB編)

データ専用SIMを比較しました(5GB編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA