IIJmioの口コミレビュー2

格安SIMを利用しようと思ったきっかけ

大手通信キャリアのスマホ料金プランでは、
電話かけ放題付き(月額約2,000円)とデータ定額(月額約3,000円)のプランが主流になり、
さらには端末代金も含めると最低でも毎月8,000円以上の料金が必要になります。

この中でも気になるのが、電話をあまり使わないのに電話かけ放題プランが付帯してしまうというのはちょっと迷惑です。

そんな時に見つけたのが「格安SIM」の存在です。
これは、MVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる事業者が、大手通信キャリアよりも低価格なプランを提供している携帯電話サービスです。
大手通信キャリアの半額以下で利用できる事から利用者は増加している注目のサービスです。

回線自体は大手キャリアの通信網を利用していますので、エリアカバーに問題はなく繋がる事と、
それでいて毎月のスマホ料金はとてもリーズナブルになるため、これを利用しない手はないと思い使用してみる事にしました。

IIJmioを選んだ理由

格安SIMを提供している事業者は沢山存在するために悩むところです。

結果的にはIIJmioを選んだのですが、ドコモ回線を使用しているという事や、
利用者が多くて満足度が高いなどといった業界内でも評判が高い事などです。

やはり格安SIMは話題で人気を集めているとはいえ、大手キャリアに比べてMVNO事業者の知名度は低いです。
その為、安心感という面では非常に大切なポイントになると思います。

もちろん毎月のスマートフォン利用料は音声通話機能付でも2000円にも満たない格安な料金という事や、
端末はドコモのこれまで利用していたものを使える事など、必要最小限の費用で使用する事ができるといった事もIIJmioを選んだ理由です。

利用したプランと選んだ理由

選んだプランは、音声通話機能付きSIMの3GB ミニマムスタートプランです。

毎月の料金はデータ使用料900円と音声通話機能付帯料700円の計1,600円(税抜)といった内容です。

スマホは複数台使用しているため、10GB ファミリーシェアプランも検討しましたが、
使用するデータ量がいまいち把握できない為に、今回は単体プランでの申し込みを行いました。

この辺りは、しばらく使用してみて判断する事になるのですが、10GB ファミリーシェアプラン内で収まれば、
より格安な料金を実現できると思います。

なお、音声通話料ではかけ放題プランも追加のオプションとしてありましたが、
電話機能はほとんど使わない事から申し込みはしませんでした。

申込みから利用までの流れ

申込するにあたって、先ずはIIJmioで利用できる端末であるかどうか確認する必要があります。
確認方法については、IIJmioの公式サイトから行う事が出来ます。

基本的に使用可能な端末は、NTTドコモのスマホとドコモ版iPhone、SIMロック解除されたauのVoLTE対応スマホと
家電量販店などでも販売されている、富士通arrowsやHUAWEIなどのSIMフリーのスマホを使用する事が可能です。

使用する事ができれば端末を新たに購入する必要がありませんのでお得です。

もしそういった端末が無い場合には、IIJmioからもSHARPや富士通、HUAWEI、ASUSといったSIMフリーのスマホ端末を
24回の分割払いや一括払いで購入する事が出来ます。

次に、ドコモから番号をそのままで乗り換える為に、ドコモお客様センターに電話をしてMNPの予約申し込みを行いMNP予約番号を取得します。

なお、予約番号の有効期限は発行日を含め15日間となっており、
IIJmio申し込み時に有効期間が7日以上残っている必要があるので、この辺りが注意が必要となります。

ここまで準備すれば、後は運転免許証などの本人確認対象書類を用意してIIJmioの公式サイトから申し込みを行います。

申し込みについては、mioID新規登録を行いログインしてからプランなどサービスの選定を行い、
個人情報とクレジットカードの入力を行い 申し込み完了となります。

そして後日SIMカードが届いたら、IIJmioオンデマンド開通センターへ電話をかけて音声ガイダンスに従って開通手続きを行います。

そして数時間後には新しいSIMカードが開通になっていまので、使用する端末に新しいSIMカードを挿して設定します。

ちなみに設定に関して特に難しいものではありませんが、解らない場合にはwebで検索してみる事をおすすめします。
非常に解りやすく解説されているサイトもあるため、スムーズに行えると思います。

IIJmioを使ってみてのメリットとデメリット

IIJmioを利用するメリットとしては、
やはり月々の利用料金が大手キャリアに比べて1/3程度になる為、圧倒的に安いという事です。

又、料金契約では2年契約といった縛りが無い為に不満があれば直にでも乗り換える事が可能です。

ただし、音声通話機能付きSIMカードは12カ月以内に解約する場合には、
所定の違約金が発生するため、替えるなら1年経過に行う事がおすすめです。

なお、SMS機能付きSIMカードとデータSIM専用SIMカードプランでは、違約金は設定されていませんが、
2ヶ月は契約期間と定められている為に、1ヶ月で解約しても2ヶ月分の使用料は請求される事になります。

そして、色々な端末を使用出来る(特にドコモ端末)事も特徴です。

例えば、大手キャリア間での乗り換えとなると、最近でこそSIMロック解除を行えば使う事が出来る様になりましたが、それでも手数料が必要だったり、
出来なければ新たに端末を購入する必要がある為にますますお金が必要になります。

その点、IIJmioであれば無駄な端末代を抑える事が出来る為に経済的です。

一方、デメリットといえば家族間の通話が無料にならない事や、通話定額に関してはオプションになるという事です。

電話を掛ける事が比較的多い方には通話定額に各入する事をおすすめします。

又、ドコモ回線を使用するのですが、
キャリアメールの使用が出来なくなる事やおサイフケータイなどの付加機能が使用できなくなる事です。

そして最も気になるのが回線速度です。
これはIIJmioに限らず格安SIM全般にいえる事になるのですが、
お昼や夜間といった使用頻度の高い時間では速度が遅くなるという事です。

ただし混雑しない時間帯においてはなんら問題なく使用できるために、悩ましいところです。

この様に格安SIMは、毎月のスマホ代を大幅に節約できるサービスといえます。
数年前と比べてもサービスの充実度など目覚しい進歩がありますので、今後も注目していきたいと思います。