マルチキャリア対応を始めたMVNO(格安SIM)「IIJmio」の評判・スペック

IIJmio(みおふぉん)

格安SIM業界でシェアトップに続く番手争いを続けるIIJmio(別名:みおふぉん)。過去では格安SIMアワード2015でも総合満足度最優秀賞を得た実績があります。これは使用しているユーザーからの信頼と評価を得たと言えるでしょう。人気の高さの理由の第一に価格の安さ、扱いやすい3GBプランの提供、そしてなんと言っても回線品質の高さが挙げられます。
回線品質には非常にこだわりを持っており、常に設備投資を続け契約位ユーザーが満足する回線品質を提供し続けています。また通信容量を減少させない為に通信速度の切替機能や低速度時に高速で使えるバースト転送、基本通信容量の繰り越しサービスや容量の追加対応、ファミリープランといった幅広いオプションを設けています。
更には専用アプリを使用して電話をかければ誰とでも半額の通話料で通話を行う事ができます。その他最新端末とのセット購入やmio光とのセット割で家庭通信の費用まで下げる事が可能となっており、やはり多くの方が使用するだけの事はあります。

IIJmioの公式サイトはこちら↓
https://www.iijmio.jp/

IIJmioとは?

IIJmioは株式会社インターネットイニシアティブが提供する格安SIMカードです。IIjmioはマイナーな存在であった格安SIMを広める為に様々な使い易さを追求する企業姿勢がとても評価されています。常に格安SIM業界トップクラスのシェアを走り続けており、契約ユーザーからも絶大な信頼を得ているのも有名な話です。
尚、IIJmioでは通信データ容量の事を「クーポン」という独自の言い回しで呼んでいます。プラン毎に決められた1ヶ月のデータ容量の事は「バンドルクーポン」と呼んでいます。IIJmioの説明の中で何度も出てくる言葉ですので、よくある「サービスクーポン・割引クーポン」等の意味ではない事に注意してください。

IIJmio評判と口コミ

この格安SIM業界ではまさに「知る人ぞ知る」存在でもあるIIJmioですが、その強みと特徴は一体どのようなものなのでしょうか?ユーザー100万人突破も達成しており、まだまだ飛ぶ鳥を落とす勢いで加速するIIJmioの魅力について口コミと評判を集めてみました。あの世界の藤原大社長も使用されているというIIJmio。藤原大社長からも是非ともコメントを拾って行きたいと思っております。

通話

音声通話機能付きSIMで通話料金が安くなる 「みおふぉんダイアル」と「ファミリー通話割引」が使用可能となっています。格安SIMの通話料金は通常は30秒20円掛かってしまいますが、みおふぉんダイアルを使用する事で通話品質そのままで通話料金は半額、30秒10円で掛ける事が可能となっています。
更に自分が契約している音声通話SIM間の通話料金が20%OFFになります。「みおふぉんダイアル」と「ファミリー通話割引」を併用する事で、驚く事に30秒8円で通話する事が可能となる訳です。実際には家族間の通話くらいLINEの無料通話で済ませられると思いますので、ファミリー通話割引はあまり出番が無さそうですね。しかし仕事関係の電話をする場合はみおふぉんダイアルで通話すると通話料金が半額になりますので、みおふぉんダイアルは重宝するオプションと言えそうです。

通信

一般的に通常であれば格安SIMはユーザー数増加に連れて通信速度が低下していくものとお考えください。実際に格安SIMのシェア1位と10位では考えられる通信速度にかなり差が出てくるのは当然です。加えて10位と20位でも同様の事が言えます。しかしながら本当に最近に格安SIMに参入したMVNOの格安SIMの通信速度はユーザー数が極端に少ない為、速度は速くなります。そういった事を踏まえると、長くしてこの業界に君臨し、ユーザー数も多い上に速度を安定させているIIJmioが速いのは、非常にすばらしい事だと言えます。
格安SIMのシェア上位、老舗のIIJmioだけが、多くのユーザー数を抱えていても他のシェア上位の格安SIMと比べると速い通信速度を常に維持しています。信頼性の高い格安SIMで考えるのであればIIJmioが1位と個人的には思っています。
サービス開始時にはすぐに「速い」「高品質」などの評判が挙がりましたが、ネットの評判では本当に速い通信速度を維持していたとの事です。そして昨年春頃から夏頃にかけて、ちょっとした速度低下が確認されるようになりました。しかし徐々にその速さは元通りとなり、秋頃には速度が完全復活している数値も実際に確認されました。もちろん今現在も速い速度を維持しているのは言うまでもありません。
通信速度の速い遅いは基本的に時期によって変動してしまうものですが、ネット上では評判が落ちることなく好評価が続いています。

容量

人気のプランは3GBでが、その理由は携帯キャリア契約時の月間通信容量を一番安い2GB程度で契約して使用していた方が多く2GBで充分に足りている方が圧倒的に多いからです。そのためIIJmioの3GBプランでほとんどの人が問題なく通信を行えている状態で口コミも上々です。
先ほども記しましたが、IIJmioは他社格安SIMと比べて安定した通信ができています。通信速度も10M前後の速度となっていますので遅さは全く感じない通信速度となっています。格安SIMはユーザーが増えてくると回線品質の低下が気になるものですが、IIJmioでは常に設備の増強に気を配っています。その他にも他社格安SIMからも一目置かれる技術の高さを持っていますので、常に好印象の口コミが広がっている状態にあります。
また通信速度も安定している口コミをよく見かけます。実際に使用されている方のレビューを色々と拝見しても、やはり安定して5MB前後の速度が出ているようで何も問題は無いという事です。
その他では格安SIMを検討する最大の理由はやはり毎月の料金を安くしたいと考える事でしょう。3GBプランで現在最安はhi-hoです。hi-hoのプランと比較するとIIJmioの方が70円ほど高くなりますが、速度切り替えやバースト転送機能を考えるとIIJmioの方が便利と言えます。
スマホは毎日、常に使用する必須アイテムですので、安定した通信品質もおのずと必須項目となってきます。圧倒的に安定した通話品質が手に入るのであれば70円は大差無いと思われますが皆様いかがでしょうか?
格安SIMの使用を考える方は、まずIIJmioを検討すると良いと思います。格安SIMを詳しく知る多くの方もまず、このIIJmioを基準にして格安SIMを選んでいるようですよ。IIJmioよりも料金は安いか?機能は充実しているか?通信速度は安定しているか?と、皆様は基準として考えるのがIIJmioのようです。それほど王道を走っている格安SIMなのです。
すると多くの方は安くて機能が充実し、決して遅いとは感じない、安定した通信速度を満たしているのはIIJmioだけだという事に気が付くようです。これはどの比較サイトや口コミを確認しても同じ事が言えます。今後、3大キャリアではなく、初めて格安SIMの使用を考える方はIIJmioを選んでおくと間違いはありません。

総合

IIJmioはお客様満足度でもNO.1を獲得しています。ユーザーの顧客満足度を調査するMMD総研では格安SIM満足度1位、MVNOオリコンランキングでも1位を獲得しています。山手線通信速度でも1位を獲得している実績を持ちます。
現場のスタッフがIIJmioミーティングを通してユーザーの声を聞き入れ技術に反映し、ユーザーのためのMVNO作りに力を注いでいる姿勢が伺えます。IIJmioは日本で最初にインターネットの商用サービスを開始したインターネットプロバイダです。1990年代にインターネットが普及して行く中で、国内の主要都市間を接続するネットワークを構築してきた経緯もあります。
そして2008年にドコモMVNOを開始しました。インターネット創世記から培って来た技術がモバイル分野でも大きく生かされて格安SIM業界でも技術最先端の会社として一目置かれているのです。
IIJmioは企業努力として回線速度、繋がり易さを特に考えて設備を整えており、回線品質にはどの格安SIMも追随を許さないほどの高品質な通信を維持しています。NTT ドコモの通信品質とIIJmioの通信品質が折り重なって高い品質を創り上げているのです。評判と口コミを加味しても、絶対お勧めの格安SIMと言っても過言ではありません。

IIJmioメリット/デメリット

□ファミリーシェアプランがある
□クーポンのONOFF機能ができる
□バースト転送ができる
□データ容量繰り越しができる

IIJmioにはファミリーシェアプランという他社格安SIMには浸透していないプランが存在します。最大3枚までSIMカードを増やせる為、家族3人でスマホを利用するのはもちろん、スマホだけではなくタブレットにも使用したいという方が最近増えて来ています。使用方法では1人で複数の端末用として利用したり、10GB分の大容量を1人でたっぷり使いたいという方にもお勧めとなっています。
データ通信の中にはわざわざ高速通信を利用しなくても快適に利用できるサイトやアプリがたくさん存在します。そのような低速通信でも問題無いアプリなどを多く利用する事が多い場合は、クーポン(高速データ通信)をOFFに切り替えて低速利用する事が可能となっています。
低速通信の場合は契約データ容量の消費が無い為、動画や画像が多いサイトなどを閲覧する時だけ高速通信に切り替えるのをお勧めします。もちろんそれ以外の時は低速にしておく事でデータ量の節約にもなりますので上手に切り替えてください。
バースト転送とはデータ通信を開始する時に一瞬だけ高速通信をしてくれるサービスです。月の契約データ量を使い切った場合や、普段は低速に切り替えて利用していた時にこのバースト転送を使用すればすぐに読み込める程度のウェブサイトや画像、メッセージアプリのタイムランなどをすぐに確認する事が可能となってきます。
契約していた月間のデータ容量が余ってしまった場合、余った容量を翌月に繰り越す事が可能となっています。通常時からクーポンのONとOFF機能をバランス良く使用してデータ量を節約しながら、翌月に余りデータを使用して好きな動画を思う存分に楽しむといった使用方法も可能です。

■音声通話プランの12ヶ月縛り
■使用可能端末はNTTドコモ、またはSIMロックフリー端末のみ
■3日間規制が行われる可能性があり
■NTTドコモAndroidでのテザリングができない

音声通話プラン(みみふぉん)は、利用開始の翌月から12ヶ月間の継続契約縛りがあります。この期間内に解約する場合は残りの月数×1,000円(税抜)の違反金も必要となってきます。格安SIMの場合、6ヶ月ほどの解約禁止期間があるものが多いのですが、12ヶ月縛りは少し長めと言えそうですね。
現在NTTドコモ以外の端末を使用していて、SIMカードのみ乗り換える予定の方は新しくSIMロックフリーの端末を用意する必要がありますのでご注意ください。
IIJmio以外の他社格安SIMと同様、IIJmioにも「3日間規制」が存在します。これは3日間に366MB以上のデータ通信量を使用してしまうと通信速度が規制されてしまう可能性があるものです。つまり連続して大きなデータ通信を行わないようにするなどの工夫が必要となってきます。iOS8は今のところテザリングできるようですが、それ以外のAndroidはNTTドコモのもの含めてテザリングができないようです。

IIJmioと格安SIM他取扱会社比較

IIJmioは格安SIMの月額料金の価格破壊のパイオニアです。月額料金の減額やデータ容量の増量など、常に先陣を切って最初に行ってきたのがIIJmioです。他のMVNOはそれに追随して料金を下げたりデータ容量を増量したりしています。IIJmioが先頭を切って値下げをしても、他の格安SIMが値下げしたIIJmioの料金よりも少しだけ安く値下げするという低例が見られます。つまり先陣を進むのですが、結果IIJmioの月額料金が少し高くなってしまう事になってしまうのです。
しかし覚えておいてください。格安SIMがこんなに安く使用できるのは、IIJmioが率先して値下げしてくれるからなのです。他社と比べても業界のトップに君臨している理由が頷けますね。
ちなみにIIJmioの契約回線数が早い段階から100万回線を突破しています。大台を超えて記念キャンペーンなども数多く銘打っています。IIJmioの格安SIMを使用している方であればどなたでも応募できますので、詳細はIIJmioの公式サイトを確認してみてください。

IIJmio通信速度

IIJmioにはクーポンのON/OFF機能(高速⇔低速切り替え)やデータ繰越機能といったデータ通信を効率良く、かつお得に使用する為の機能が勢揃いしています。また普段の通信速度の優秀さは当然ながら、バースト転送という使い勝手がとても良い機能も用意されていますので、低速に切り替えている間でも快適にネットを楽しむ事が可能な格安SIMです。他社格安SIMと比べて、低速に切り替えている間の通信速度にも定評があるのでサクサク利用する事が可能となっています。
IIJmioは自分のネット利用状況に応じてデータ通信速度をコントロールしています。常にデータ量に余裕を持たせる事が可能な為、仕事の都合などで急なデータ通信が必要になる事が多い方や、普段はデータ量の節約をしておき余らせたデータ量で時々思う存分動画などネットを楽しむという使用を考える方にお勧めです。
IIJmioは様々な便利機能を駆使して、効率的に考えて使用できる方に向いています。便利機能が多数ありますので、ここぞという時に思いっきり使用できるメリットが一番の格安SIMと言えるでしょう。

快適にネット通信を使用したいという方で、外出先ではWi-Fiを効率良く利用したいとお考えであれば、IIJmioがビッグカメラと提携した格安SIM「BICSIM」がありますので検討してみてください。このBICSIMであれば街中などにあるWi-Fiスポットを無料で利用できる為、外出先でよくデータ通信を利用する方にも大変お勧めしています。

IIJmio格安SIM料金プラン

料金表:https://www.iijmio.jp/hdd/sms/spec.jsp

IIJmioのデータ通信プランは3種あり、ミニマムスタートプラン(3GB)ライトスタートプラン(5GB)ファミリーシェアプラン(10GB)が用意されています。ミニマムスタートプラン(3GB)は初めて格安SIMを使用する方が利用しやすい1,000円以下のプランとなっており、料金をとにかく安くお考えの方にはうってつけのプランとなっています。
ちなみに多くの方が月間2GB程度で通信が足りていると通信量調査で結果が出ています。その為ミニマムスタートプラン(3GB)であれば多くの方の要求に答える事ができると言えるでしょう。ライトスタートプランはスマホを使う上で充分な通信量をリーズナブルな月額1,520円で提供しており、動画やSNS、ゲームなどにも幅広く使用できます。ファミリーシェアプランはその名の通り家族で通信量を分け合えるプランとなっています。こういったプランは大手キャリアも行っていますし、もはやスマホ業界のプランにおいては主流となっていますね。SIMカード3枚を家族で使用し、10GBを3人で共有します。家族3人で使用しても2,560円と大変安くなっています。消費する方、一方でしない方のバランスが取れますので、シェアプランは本当にありがたいプランですね。
IIJmioには「みおふぉんダイアル」があります。音声通話アプリ「みおふぉんダイアル」はIIJmio音声通話SIMを契約されている方であればどなたでも使用可能で、みおふぉんダイアルから電話をすると通話料が半額となり、国内電話料金が通常20円/30秒の料金を10円/30秒にする事が可能となっています。
みおふぉんダイアルは電話回線を使った090、080、070から電話をかける事が可能となっており、IP電話のような音声遅延、途切れ、ノイズが一切無く、通常の電話と同じクリアな通話が可能となっています。その上で料金を半額にする事が可能ですので、利用者からは高い支持を集めていると言っても過言ではありません。

IIJmioでiPhoneを使う

格安SIMに対応可能なのはサービス開始時ではドコモのiPhoneとSIMフリーのiPhoneだけでしたが、昨年夏頃には既にauのiPhoneでも格安SIMで使用可能となっています。
ドコモのiPhoneをお持ちの場合は、iPhone 5c / 5s / 6 / 6 Plus / 6s / 6s Plus / SEのドコモのiPhoneが使用可能となります。
auのiPhone 5 / 5c / 5s / 6 / 6 Plus / 6s / 6s Plus / SEをお持ちの方は使用可能です。しかしauのiPhoneを使用する際には、幾つか注意点がありますのでご確認ください。
auのiPhoneの場合は、格安SIMでテザリングとSMSの送受信が使用できませんので、これらが必要な方はドコモのiPhoneに買い換える必要性7があります。またauのiPhoneで使用可能の格安SIMはUQ mobileとmineoのauプランです。VoLTE用の格安SIMは使用できませんのでご注意ください。
auのiPhoneを格安SIMで使うと4Gの圏外ではデータ通信ができません。
auのiPhoneの表示が常に4Gになっていれば問題ございませんが、3Gと表示される事が多い場合はauのiPhone利用を控えた方が良いかもしれません。iPhone 5はプラチナバンドに対応していませんので、4G圏外になる可能性が高いと言えるでしょう。iPhone 5c / 5s / 6 / 6 Plus / 6s / 6s Plus / SEはプラチナバンドに対応していますので4G圏外にはほとんどならないと思います。
auのiPhone 6s / 6s Plus / SEをauショップで購入して使っている場合、契約から半年経つとSIMロックの解除をする事が可能です。SIMロックの解除をするとau系の格安SIM以外でも使用する事が可能となってきます。

IIJmio TOPICS

IIJmioはこの度、災害発生時の利用についての案内ページを設置しました。格安SIMのIIJmioは、大きな災害が発生した際のIIJmioの利用について、緊急通報や緊急地震速報への対応、被災地域での通話・通信制限、災害時の安否情報の連絡方法を案内しています。
110番、118番、119番通報などの「緊急通報」は、データ通信専用SIM、SMS機能付きSMSでは利用できず、音声通話機能付きSIM(みおふぉん)では利用できます。また「緊急地震速報」は、データ通信専用SIM、SMS機能付きSIM、音声通話機能付きSIM(みおふぉん)のいずれも利用できます。
ただし、SIMフリースマートフォンのなかには、緊急地震速報の表示に対応していない機種があります。そういった機種を利用している場合は緊急地震速報は表示されないため、災害情報の表示に対応したアプリの利用を検討しましょう。

またIIJでは、気象庁の緊急地震速報を、Twitterアカウントでも配信しています。日本語、英語、フランス語、韓国語の4言語に対応しており、各Twitterアカウントは以下のとおりです。

日本語 @quake_alert
英語 @quake_alert_en
フランス語 @quake_alert_fr
韓国語 @quake_alert_kr

データ通信では、規制はないものの、混雑により通信速度が遅くなる可能性があります。また音声通話は、通話が集中した場合、一部の通話が規制される場合があります。これはNTTドコモと同等の規制としています。

被災地宛ての電話については、被災地では電話が混みあい、一部の通話が規制される場合があるため、できる限り被災地宛ての電話はかけないように呼びかけています。

また、IIJmioのデータ通信は全国で一度に利用できるデータ通信量に限りがあります。被災地でのデータ通信をスムーズにするため、被災地以外のIIJmioユーザーは、スマートフォンでの動画の閲覧やスピードテストなど不要不急の通信を控えましょう。

災害時には電話が込み合うため、安否情報の連絡方法について、電子メールやTwitter、Facebook、LINE(トーク)、その他データ通信を利用するSNSなどのメッセージアプリ、また災害用伝言板の利用を案内しています。

安否情報の登録には、ソフトバンク、au(KDDI)、NTTドコモ各社の災害用伝言板と連携し、相互に検索できる「web171」、Googleが提供する「Google パーソンファインダー」を利用します。

安否情報の検索には、web171や各携帯キャリアの災害用伝言板、Googleパーソンファインダーの情報が横断して検索できる「J-anpi」を利用するよう案内されています。

災害国日本において、常時このようなサービスがあればまさに鬼に金棒ですね。ユーザーの事を第一に考える姿勢はとてもすばらしい事だと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA