毎月480円で使える格安SIMがあることをご存知ですか?

【SIMとは?】

格安SIMとは、その名の通り、安く利用できるSIMです。
格安SIMのことを知るためにはSIMそのものの知識も必要となります。
そこで、当ページでは最初にSIMの説明から入りますのでぜひご参考にしてくださいね。

当サイトを閲覧している方の多くはスマートフォンを利用していることでしょう。
まだスマートフォンを利用していないという方もスマートフォンへの切り替えを検討しているのではないでしょうか。

SIMというのはSubscriber Identity Moduleの略称です。
音声通話やデータ通信などはSIMがなければ利用できません。
SIMはスマートフォン・タブレットの心臓といえるでしょう。
SIMが無ければスマートフォンを上手く活用できません。

ですが、SIMというのは一種類に限らないのです。
幾つも種類があり、ユーザーが選べるようになっております。
それぞれのSIMには値段や機種の違いなどがありますので自分自身で選ぶことが可能です。

ところが、このSIMを自分で選ぶ人は少ない傾向にあります。
なぜ少ないかというとSIMはスマートフォンをキャリアで購入した時点で設定が完了しているためです。
(キャリアとは大手携帯会社の呼称です)
特にSIMだけを別に購入しなくてもキャリアのスマートフォンを利用することは出来ます。

ですが、最初に設定されているSIMが自分自身に最適かと問われれば自信を持って最適だといえる方は少ないはずです。

実はSIMは値段などがかなり異なります。
格安SIMを使えば、とてもお得になることもあるのです。
そのため、初期設定のSIMを考えなしで利用するのはあまりお勧めできません。
一度、当サイトをご参考にして格安SIMへの切り替えなども検討してみましょう。

【格安SIMとは?】

sim_1_1-2

格安SIMとはその名の通り、価格が安いSIMです。
主に大手携帯会社以外の会社が提供するSIMが該当します。

大手携帯会社のSIMですと、大体、毎月の価格が6,000円~12,000円くらいです。
筆者もauのSIMの時は8,000円程度でした。

では格安SIMとなりますと値段はどれくらいになるのでしょうか?
SIMによって異なりますが月1,000円~3,000円になります。
最低ですと480円程度で利用できるなんて格安SIMもあるのです!

皆様の現時点で携帯利用料と比べてみてください。
5,000円近くの差があるなんていう方もいらっしゃるかもしれません。
これほどの差があるのですから絶対に格安SIMに切り替えた方がお得です。

具体的な名前を出すとしたらdocomo、au、ソフトバンクなどを利用している方が多いはずです。
当サイトを閲覧なさっている方もそれらの会社のスマートフォンで閲覧なさっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

批判するつもりはありませんが、それらの大手携帯会社の携帯電話利用料金は高めといえます。

スマートフォンの利用用途といってもユーザー一人一人で異なるはずです。
大手携帯会社のSIMも質の点では問題はないので、そうしたSIMの利用が適しているという方もいらっしゃるでしょう。

ですが、中には格安SIMのスペックでも十分という方もいらっしゃるでしょう。
そういった方にとっては格安SIMの方が適しているはずです。

大手携帯会社のSIMが適しているのでしたら、それはそれで構いませんが
中には格安SIMの方が適しているという方もいらっしゃるはずです。

重要なのは、自分に適したSIMを利用するということです。
当サイトでは格安SIMに関する解説を充実させております。

皆様が快適にスマートフォンを利用するにあたってはSIM選びは重要ですので格安SIMに関する知識も身につけましょう!

【MVNOとは?】

sim_1-3-2

格安SIMに関連する言葉として「MVNO」という用語があります。

MVNOとは、Mobile Virtual Network Operatorの略です。
長ったらしいですが日本語に訳すと「仮想移動体通信事業者」となります。
わかりやすく言いますと、SIM事業を展開している会社のうち、大手携帯電話会社を指している言葉となります。

MVNOのうち具体的な名前を出しますと楽天モバイル、OCNモバイル、DMM mobileなどが該当します。
格安SIMを提供している会社としてこれらのMVNOは特に知名度が高いため覚えておくとよろしいでしょう。

格安SIMの解説などを見ているとたまに「MVNO」という言葉が出てきます。
そのため、この機会にMVNO=格安SIMを提供している事業者という認識を持っておくことをお勧めします。

【格安SIMはなぜ安い?】

先ほど説明しましたように、格安SIMは大手携帯会社のSIMと比較して5,000円程度安くなっております。
なぜ、これほどの差が生まれるのか?
格安SIMはなぜこれだけ安いのかという点を気になさる方も多いでしょう。

なぜ格安SIMだと安くなるのか。答えを言ってしまうと「実は安くても通信することは可能だから」という答えになってしまいます。

実は、携帯電話やスマートフォンで電話通話やインターネットを閲覧するといった行為には、それほど通信料金を必要としないのです。

では、なぜ大手携帯会社の通信料金は毎月、7,000円近くかかってしまうのでしょうか。
おそらく、もっと少ない金額でもスマートフォンを利用するだけの通信設備になっているといえるはずなのです。

故障時の補償などをする際にお金を利用するために、通信料金を高めに設定しているのです。

ですが、よく考えてみてください。高額な通信料を払うのは入る必要もない保険に加入しているようなものです。

故障した時に補償が受けられるのは嬉しいですが故障しない限りは恩恵は受けられません。
にも関わらず、毎月のように高額な通信料金を支払うのはいかがなものでしょうか。

確かに、大手携帯会社のSIMは通信速度などが申し分ありません。
だからといって、必要以上の通信料を払うのは勿体ないというものでしょう。

特にあまりスマートフォンを使わない方、とりあえずスマートフォンを買った方、たまにインターネットにアクセスできればいい方、スマートフォンで長時間動画を見ない方など
通信速度や制限量が少量でも構わないという方にはキャリアのSIMはお勧めできません。

格安SIMが安いからといって品質が劣るというわけではありません。
むしろ、大手携帯会社のSIMよりも格安SIMの方がみなさん自身に適しているということも多々あるのです。

【格安SIMに乗り換えましょう】

格安SIMが安い理由を知った皆様としては
「なぜ、自分はわざわざ高いSIMを使っているんだろう」
という疑問を感じるのではないでしょうか。

そうやって、自分が利用しているサービスに対し疑問を持つのは大変よろしい傾向といえます。

意地が悪い言葉になってしまいますがサービスを提供する側の人々は、利用者が「よくわかっていない」状態でサービスを利用してくれていた方が都合が良いのです。

大手携帯会社としては、とりあえず利用者に毎月携帯通信料を支払ってもらえれば利益が生まれ続けます。

先ほども述べましたように本来でしたら2,000円程度の通信料でも十分という方は多いのです。
にも関わらず、何の疑問も持たずに毎月7,000円も支払ってくれる利用者は大手携帯会社にとってはありがたい存在といえるでしょう。

ですが、我々も毎月お金を支払う以上、無駄なお金を支払うのはなるべく避けたいところです。
しかも、自分により適していて、尚且つ値段も安い別サービスがあるのですからそちらの利用を検討するべきではないでしょうか。

最初の一段階目として「自分が利用しているサービスに対して疑問を持つ」というのは重要です。
このステップが無ければ、いつまでたっても自分に適していない割高な料金を支払い続けることになってしまうでしょう。

一度、自分が利用しているサービスに対して疑問を持つことができれば、自分に適したサービスとは一体どれなのかを、主体的に選べることができるでしょう。

格安SIMに関する知識は、まだまだ一般的とはいえないでしょう。
最近では格安SIMに関する話題も注目されており解説サイトや、SIM関連の雑誌なども出版されており、情報自体を手に入れることはできるでしょう。

格安SIMに関する情報は入手できるのですがその情報を理解するのが中々難しいところです。
格安SIMに関しては難しい用語なども多く初めて格安SIMへ乗り換える方にとっては負担を感じてしまいがちといえるでしょう。

そこで、当サイトでは格安SIMに関する情報や専門用語を詳しく解説させていただきます。
それも、初めて乗り換えをする方でも分かりやすい解説にすることを基本方針として、サイトを運営します。

格安SIMに関する用語集やスマホ・WiFiに関する情報も記載します。格安SIMへの乗換に役立てていただければ幸いです。

【格安スマホと格安SIM】

格安SIMに関する簡単な概要を上記では説明させていただきましたがSIMに関する情報だけですとまだ乗り換えを万全にできる状態ではないといえます。

実はSIMカードというのは全てのスマートフォンに対応しているというわけではないのです。

皆様がご利用になっている大手携帯会社のスマートフォンですと対応していない場合が多いため
格安SIMに乗り換えをしようとしてもスマートフォンが対応していないなんてこともありえるのでご注意ください。

格安SIMのことについて考えるのしたら皆様が普段から利用しているスマートフォーン自体のことについても知識を得て、自分に適したスマートフォンを利用していく必要があります。

「スマホまで選びなおさなきゃならないのか…」と面倒に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、実は大手携帯会社のスマホはSIMと同じで、必要以上に高スペックということもよくありますので、ご注意ください。

大手携帯会社のスマホはとにかく高いです。
筆者は何故か10万円近くの価格のスマホを利用していましたが、よくよく考えればそんなに高級なスマホが必要ではなかったといえるでしょう。

筆者が利用していたのなんてLINEやYouTube、電話・メールくらいでしたが、それらの機能はもっと安いスマートフォンでも十分利用できるのです。

むしろ、当時は高性能なスマホを活用できるだけの知識も持っていませんでした。
縁があって、格安SIMやWiFi、スマートフォンを研究する機会があったため、こうして解説サイトを開くようになりましたので
今でしたら高性能なスマホを使える自身がありますが当時の私には「猫に小判」といえるような代物だったのです。

格安SIMへの乗り換えを検討しようと思った方は「格安スマホ」への乗り換えも検討してみてはいかがでしょうか。

格安スマホですと、MVNOが提供する格安SIMに対応していることが多いために格安な通信料金でスマートフォンを利用していけるでしょう。

当サイトでは格安スマホに関する解説も格安SIMの解説と併せて記載しますのでぜひそちらの解説記事もご参考にしてくださいね。

【節約するなら格安SIMで】

通信料金というのは大きな節約ポイントといえるのです。
何故なら、毎月支払う金額が一定のため通信料を安くできることは、それすなわち毎月の出費を節約することに繋がるためです。

また、通信料というのは食費や光熱費とは違って無駄を省きやすいポイントとなっております。

無理して食費を節約するという行為は健康を害する行為ともいえますのであまりオススメできません。

ですが、通信料は別です。
最早、仕事などでも欠かせないスマホですが別に、格安スマホ・SIMで済むのでしたらそれでも構わないはずです。

会社の人々と連絡をとるのは格安SIM・スマホでも十分可能ですから節約しても特に問題にはならないはずです。

格安SIM・スマホですとスペックに不安が残るという方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、近年では格安SIM・スマホのスペックも、大手携帯会社に引けをとらないスペックになってきました。

料金に大きな差があるのにも関わらず大手携帯会社のSIM・スマホとほとんどスペックが変わらないなんていうケースもみられますので、一概に「安いから」という理由で不安視するのはやめましょう。

当サイトでは、格安SIM・スマホのスペックや特徴なども記載しますのでそちらもぜひご参考にしてください。
解説記事などを参照していただいて通信料の節約に役立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA