損をしない格安スマホの6つの選び方!

【格安スマホの選び方を解説!】

当サイトを閲覧なさっている方の中にはキャリア(大手携帯会社)のスマホから格安で利用出来るスマホに乗り換えたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そういった方は徐々に増加傾向にあり多くの方が格安スマホを利用したいと情報を集めていることと思われます。

ですが、需要の増加から、格安スマホを提供しようと、外国企業なども乗り出し格安スマホは多数の種類があり、
自分がどの格安スマホを利用すればいいかわからなくなってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

格安スマホの特徴として値段と品質が必ずしも比例するというわけではなく
安くてもスペックなどがキャリアのスマホとあまり変わらず、便利に利用できるというスマホが多くある傾向にあります。

そのため、格安スマホの選び方は中々難しく、どのスマホを選ぼうか迷っているという方も多いのではないでしょうか。

中には、選び方が複雑なことから格安スマホ選びを投げ出してしまっているなんて方もいらっしゃるかと思われます。

当記事では、格安スマホの効率の良い選び方について解説しております。
格安スマホも効率の良い選び方を知っておけばご自身に適した格安スマホを選びやすくなります。

格安スマホを利用して頂ければ通信費用などの節約などにも繋がりますので
ぜひ下記の解説をご参考にして格安スマホ選びをする際にお役立てください。

【格安スマホ選び方の6つのポイント!】

当記事では、格安スマホの効率の良い選び方として6つのポイントを挙げてみました。
下記の6つのポイントから格安スマホを選んでいただければ、ご自身に適した格安スマホを選ぶのに役立つはずです。

[格安スマホの料金(コスパ)で選ぶ]

格安スマホを選びたいという方の大半の方が料金が少しでも安い格安スマホを使いたいと思っているのではないでしょうか。

せっかく高額なキャリアのスマホから格安スマホに乗り換えるのですから
当然のことながら料金から選ぶ必要はあるでしょう。

ですが、ただ、安い料金のスマホを選べばいいというものでもありません。
高いスマホが全て良いというわけではありませんが、スペックの点ではやはり料金が高いスマホも便利です。

ただ、料金が高いと言ってもキャリアのスマホに比べれば料金は少額です。

つまり、格安スマホの料金だけでなくコストパフォーマンス(コスパ)も重視して
自分に適していて、尚且つなるべく安い格安スマホを選んでいけば、ご自身に適したスマホを見つけられるでしょう。

格安スマホの値段もピンキリで安いのは10,000円未満、高いのですと30,000円~50,000円程度と結構開きがあるため、料金とコスパから選んでみましょう。

キャリアのスマホは10万円程度するものもありますので格安スマホを利用していただければお得になるのは間違いありません。
あとは当サイトのスマートフォンのスペック表なども参考にして、ご自身に適した料金設定の格安スマホを選びましょう。

[格安スマホを通信速度から選ぶ]

格安スマホもキャリアのスマホと変わらない通信速度を持っております。
格安スマホごとに通信速度は異なるためご自身に適した格安スマホを見つけたいのでしたら通信速度から格安スマホを選んでみるのもよろしいかもしれませんね。

ただ、通信速度というのは格安スマホの通信速度だけでなく格安SIMによっても速度は変わってきます。

そのため、格安SIMの通信速度などについても理解しておくと、格安スマホ選びに役立つことでしょう。

当サイトでは格安SIMに関する解説もしておりますのでそういった解説もご参考にして格安スマホ選びに役立ててください。

なお、通信速度というのは格安スマホそれ自体だけでなく周囲の通信状況などによって速度は常に変化します。

そのため、常に通信速度に関する情報を得ておく必要があります。
当サイトではそれぞれの格安スマホについての情報も記載しておりますのでそちらの情報もご参考にしてくださいね。

[SIMカードからスマホを選ぶ]

格安スマホを利用するという方の中には格安SIMを利用するために
格安スマホの利用を検討しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

格安SIMはキャリアのスマホですと対応していないことが多いために
格安スマホに乗り換えて、格安SIMを利用していく必要があるのです。

そのため、格安スマホを選ぶ際には自分が利用したいと考えている
格安SIMに関する情報から選ぶ必要もあります。

格安SIMは全てのスマホに対応しているというわけではないので、ご自身が
利用しようとしている格安SIMに対応した格安スマホを選ぶ必要があるのです。

スマホとSIMはセットで利用していくため格安スマホと格安SIMもセットで利用していく
という前提で、選んでいく必要があるでしょう。

当サイトでは格安SIMに関する詳しい解説記事も記載しておりますので
そちらの解説もご参考にして格安スマホ・SIM選びにお役立てください。

[格安スマホをバッテリーで選ぶ]

スマートフォンを利用していればやはりバッテリーが気になってきます。
バッテリーがすぐに切れてしまうようなスマートフォンですと、使い勝手が悪いのです。

格安スマホも、バッテリーの良し悪しがあるため格安スマホを選ぶ際にはバッテリーの質についても
気にしたほうがよろしいでしょう。

バッテリーがどれくらい保つのかというのはそれぞれの格安スマホで異なってくるため
それぞれのバッテリーについて注目してみると、ご自身に適した
格安スマホを見つけることが出来るのではないでしょうか。

[格安スマホをスペック(操作性)]

正確に言えば、上記で挙げてきた通信速度やバッテリーの質も
スペックの質に入ってくるのですがこちらでは操作性という表現をしました。

キャリアのスマホは特に操作性に優れている傾向があるのですが
格安スマホも近年では操作性に優れた機種が多くなってきました。

持ちやすさやスライドの感触、ボタンの配置など日常的に利用していくのがスマホですから
操作性も格安スマホ選びにおいて大きなポイントとなるでしょう。

格安スマホのスペック(操作性)ですがこれはそれぞれの格安スマホの解説などを
見ても、実感しづらいかもしれません。

格安スマホの利用口コミなどはインターネット上に多数見られるため、そういった口コミから
格安スマホのスペック(操作性)を判断してみてもいいかもしれませんね。

料金が安くても、スペック(操作性)が悪いと、途端に不便に感じられるものなので
格安スマホに関するスペック(操作性)に関してもスマホ選びの基準としていきましょう。

[格安スマホをカメラ機能などで選ぶ]

最低限、電話などが使えればそれでいいという方にとっては無縁かもしれませんが
幅広い使い方を試してみたいという方には格安スマホをカメラ機能などから選ぶという視点も必要になってくるでしょう。

キャリアのスマホはこの点にかなり力を入れているため、格安スマホですと
敵わないというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、近年ではカメラ機能などスマホに最低限必要な機能以外にも
力を入れている格安スマホも目立ってきました。

格安スマホにしては、多少値段が張るかもしれませんが、スマホを
有効活用したいということでしたらカメラ機能なども重要な要素です。

もし、スマホなどをカメラ代わりに利用していきたいとお考えでしたら
ぜひスマホのカメラ機能にも注目して格安スマホ選びにお役立てください。

【スマホを比較して選ぶ】

ついに、スマホのシェア率がガラケーのシェア率を追い抜いたということをご存知でしょうか。
日本において、これからスマホはさらにシェア率が伸びてきて様々な新スマホが次々に発売されることでしょう。

その中から自分自身に適したスマホを見つけるという際には、スマホ同士を比較することが重要となってきます。

一種類のスマホに注目するのでなく複数のスマホを比較していただかないと
沢山あるスマホからご自身に適したスマホを見つけていただくことはできません。

当記事では下記にスマホの比較のコツを記載させていただきましたので、
スマホ選びの際にお役立てください。

[キャリアのスマホと格安スマホを比較する]

スマホ同士を比較する際にはまずはキャリアのスマホと格安スマホの比較から始めるとよろしいでしょう。
ここでいうキャリアとはdocomo、au、SoftBankなど大手携帯会社のことです。
当サイトを閲覧なさっている方もそれらのキャリアが発売しているスマホという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

キャリアのスマホと格安スマホを比較するとまず、料金が全く異なります。
キャリアのスマホが10万円程度するのに対し格安スマホは1万円未満~5万円程度とかなり安めになっております。

この時点でキャリアのスマホと格安スマホには明確な差がありますので、値段から
どちらのスマホを利用しようか決めるのもよろしいかと思われます。

また、先ほどの解説した6つのポイントからキャリアのスマホと格安スマホを
比較していくのもよろしいでしょう。

料金、通信速度、SIM、バッテリー、機能性、カメラ…
こういった6つのポイントから格安スマホとキャリアのスマホを比較するのです。

特にSIMに関してはキャリアのスマホですと対応していないため
格安スマホを利用する動機になることが多いです。

以上のように、キャリアのスマホと格安スマホを様々な視点から比較することで
スマホ選びをしていけばご自身に適したスマホを選びやすくなるのではないでしょうか。

[格安スマホ同士を比較して選ぶ]

sim_4-3-2

キャリアスマホと格安スマホを比較して格安スマホを利用したいと
検討するようになりましたら今度は格安スマホ同士の比較をしましょう。

例えば台湾製の有名な格安スマホのZenFone2と国産機で注目されている格安スマホのAQUOS SH-M02の比較をしてみましょう。

両者を比較すると、まず値段が大きくことなります。
ZenFone2のほうが、AQUOS SH-M02より1万円以上安い設定になっているのです。

ZenFone2はは他の格安スマホに比べると若干値段が高いものの、それに比例してスペックも高いため
コスパもよくお勧めの格安スマホとなっております。

コスパやスペック面に注目するのでしたら他の格安スマホと比較しても
ZenFone2の利用の方がお勧めとなっております。

AQUOS SH-M02はコスパの面ではあまり良くないとされていますが
操作性や防水加工がされているという点で注目を集めております。

他の格安スマホに比べますとAQUOS SH-M02はおサイフケータイが
使えるなど、スペック以外の機能面が評価されている格安スマホとなっております。

以上のように、格安スマホ同士でも違いは多々あります。
格安スマホ同士で比較してご自身に適した格安スマホを見つけるようにしていただければと思います。

【自分なりにどんな格安スマホを使いたいか考えてから選びましょう】

上記では格安スマホの選び方について解説しました。
最後に、格安スマホの選び方において最も基礎的な部分を確認しておこうと思います。

格安スマホを選ぶということでしたら皆様の中に「格安スマホを選びたい動機」が必ずあるはずです。

その動機や目的が、格安スマホを選ぶ際に、基準となってくるのです。

例えば、料金の安さを重視しているのでしたら格安スマホの中でも特に値段が安い
格安スマホを選ぶようになるでしょう。

操作性を重視しているということでしたら格安スマホの中でも操作性を重視して
格安スマホを選ぶことになるでしょう。

このように、格安スマホを利用したいという動機や目的によって
どの格安スマホを選ぶべきかという基準が異なってきます。

上記で説明した格安スマホの選び方も皆様がどのような目的・動機で
格安スマホをお求めなのかという点で選ぶ基準は異なってくるはずです。

まずは自分がなぜ格安スマホを使いたいのかその目的や動機を考えつつ
自分が現時点で利用しているスマホと他のスマホの比較などを行ってみましょう。

そうすることで自分が格安スマホを求める動機や目的が明確になり
格安スマホ選びの基準も明確になります。

まずは自分が格安スマホをなぜ利用したいのかその目的と動機をはっきりさせることから
スマホ選びを始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA