LINEが快適に使える格安SIMはどこかを比較しました!

スマホを利用する以上、必ず利用したいアプリなのが無料通話アプリのLINEです。
スマホを持ちたいという動機が「LINEを使いたいから」という方もいらっしゃるかもしれません。
職場や学校、友人間の連絡ツールとして、近年では欠かせないアプリとなったLINEです。
格安SIMを利用するうえで、LINEに適しているか適していないかという点を重視される方は多いでしょう。

当記事ではLINEにオススメのSIMについていくつか挙げて比較したいと思いますので、ぜひご参考にしていただければと思います。

LINEにオススメのSIMを比較しました

格安SIMにする際に、キャリアのSIMと違って本人認証ができないために、LINEが使えないのではと不安に思う方がいらっしゃるかもしれません。
ですが、ご安心ください、SMS機能がついている格安SIMでしたら、LINEの本人認証が可能ですのでLINEをご利用いただけます。

ただ、格安SIMでは年齢認証はできないため、ID検索ができないというデメリットがあります。
とはいえ、他にも友達申請のやり方はいくつか方法があるため、高い月額料金を支払ってまでID検索のためにキャリアのSIMを使う必要もないでしょう。

下記には格安SIMの中でもLINEの利用に適しているSIMを挙げて比較しますので、ぜひご参考にしてくださいね。

FREETEL SIM

freetel1

FREETEL SIMは元々利用しただけの通信料金を支払うことになっていた格安SIMです。
月額料金299円から利用できるだけあって、お得に利用できる格安SIMとして注目を集めております。

そんなFREETEL SIMですが、LINEなどのメッセンジャーアプリの一部通信料が無料になるというサービスを行っております。

LINEにはチャット機能がついているのですが、このチャット機能の利用でしたら通信料金が無料になるため、LINEの機能を無料で利用できるという点でFREETEL SIMはお得に利用できる格安SIMです。

LINEの通話利用の際には通信料がかかるのですがテキストメッセージ、画像、スタンプなどの送信が無料なので、他の人とのコミュニケーションが取れるので、快適にLINEをご利用いただけるでしょう。

なお、通話に関してはLINEではなく、電話連絡にすればかけ放題アプリ「FREETELでんわ」がご利用いただけるため、LINEを使わずにこちらを利用するという手もあります。

LINEの機能を無料で利用できるようになるなど、FREETEL SIMは近年、急速に力をつけてきている格安SIM会社です。
LINE以外のスマホ利用も快適なので、ぜひFREETEL SIMの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

mineo

mineo2

mineoはau回線に加えて、ドコモ(docomo)回線も開通したので2種類の携帯会社のSIMを提供していることになります。

LINE利用に関していうと、auプランではSMS機能が月額基本料無料となっているため、利用しやすいといえるでしょう。

最安価格は700円ですし、au・docomo両方のスマホにも対応していることから、皆様が利用しているスマホに挿入しやすい格安SIMサービスとなっているのです。

どちらの回線も通信速度が早くなっていることから通信しやすく、LINEの利用もしやすくなっているため快適にスマホを利用していくことができるでしょう。

また、通信量のシェアもできますし、他の人が余らせたデータ通信量を共有するサービスもあり、通信速度制限がかかりにくいという利点もあります。

LINEの利用にも便利なmineoですが、独自にmineoユーザーたちのコミュニティサイトである「マイネ王」といったサイトもあり、ユーザー同士の情報効果やQ&Aもあり、楽しく利用していくこともできる格安SIMです。

MVNO業界でも多機能なサービスであることから、人気が高い格安SIMとなっておりますので、ぜひmineoの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

TONE

tone-01

TONEはTSUTAYAの格安SIMですが、月額料金1,000円でLINEを利用できるため月額料金が心配でLINEを利用できないと考えている方にも安心してLINEをご利用いただける格安SIMです。

TONEは家族利用などに適しているスマホ・SIMを提供しているため、LINEを家族で使っていくことにも適しているサービスです。
家族間のコミュニケーションツールとしてのLINEを使いやすくするという点で、TONEは大きく貢献しているといえます。

TONEはスマホとセットで入手できるのですが、スマホ本体も19,800円と29,800円とスマホとしてはかなり格安な値段となっており、お得に利用していくことが可能です。
20,000円程度でLINEが利用できるようになるという点で便利に利用していけますので、ぜひご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

なお、お子さんのLINE使用時間なども管理できるサービスがあるため、長時間の使いすぎや深夜利用なども制限できるという点でも優れている格安SIMのため、ぜひTONEの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

UQmobile

uqmobile-01

UQmobileは通信速度が早いことで有名で、通信速度の安定性も保たれており、快適に利用できる格安SIMとして人気があります。
au系の格安SIMとなっておりますので、auのスマホでLINEを利用したいという方はUQmobileを利用していくことになるという方も多いはずです。

UQmobileはSMS機能が月額料金無料で利用できるという点でもLINEの利用に適したサービスとなっており、快適なLINE利用が出来るでしょう。

LINE利用以外にも通信速度が早いことから、快適なスマホ利用において特筆すべき強みを持つ格安SIMのため、ぜひUQmobileの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

NifMo

nifmo-01

NifMoも通信速度が早いことから、快適なスマホ利用ができるということで人気を集めている格安SIMとなります。
SMS機能に対応しているSIMカードを選べば、NifMoでもLINEを利用していくことができるため、ぜひSMS機能付きのコースを選びましょう。

NifMoは高機能なスマホとセット購入することでお得になるキャンペーンなどが豊富なため、スマホセットで購入してみてもよろしいでしょう。
スマホでLINEを使い始めたいという方は、ぜひNifMoをスマホセットで利用していくことに関しても、ぜひ検討していただければと思います。

LINEが格安SIMを出す?「LINEモバイル」について

上記で紹介してきた格安SIMはいずれも、LINEを利用することに適したサービス内容となっております。

ただ、冒頭でも説明しましたように、どの格安SIMに関しても年齢制限ができないために、ID検索がご利用になれないというデメリットがあります。
未成年者が犯罪被害にあわないようにということで、年齢認証で未成年じゃないと判明するまでID検索が利用できなくなってしまったのです。

年齢認証ができない格安SIMとなりますとID検索ができないため、多少不便さを感じるかもしれません。

そういった声もある中、ついにそのLINE自身がLINEモバイルというサービスを開始することになりました。
簡単に言えば、LINE自身が格安SIM事業を展開することになるのです。

LINEの格安SIMなのですから、当然のことながらLINEを利用することは可能です。
しかも、ただ利用可能なだけでなくLINEやTwitter、Facebook利用時の通信量が無制限となりますし、最低料金が500円とかなりお得なSIMサービスとなるのです。

そのため、LINEを快適に利用できる環境が月額500円で整うということもあり、LINEを利用したいという方の申し込みが殺到することが予想されます。

ちなみに、正式な発表はまだですが、おそらく、年齢認証に関するシステムも整えてLINEモバイル利用者がID検索できるようになると予想されるため、LINE利用において不便なことは何一つなく利用できることでしょう。

LINE自身の格安SIM事業であるLINEモバイルを利用していただければ、快適にLINEを利用できるようになるでしょうから、ぜひLINEモバイルと上記で紹介したSIMを比較して、ご自身に適した格安SIMを選んでいただければと思います。

なお、LINEモバイルに関しては

LINEはMVNOにいつから参戦?LINEモバイルまとめ

でも詳しく解説しましたので、ぜひご参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA