NifMoの口コミレビュー

格安SIMを利用しようと思った理由

私は自営業をしており、以前はdocomoと回線契約を結んでおりました。

普段は固定回線のある事務所にて仕事をしております。
ですのでインターネット環境は光回線が普段から身近にありWifiを利用すればパケット通信の利用がほどんど必要なくなります。

月々のデータ使用量も2GBに満たないときもあり、データ使用量と月々の利用料金の高さに常々不満を感じておりました。

月々の利用料金を改善しようといろいろプランの変更を検討したりもしましたが、
最近ではdocomo本家と遜色ない通信ができる格安SIMもあるという話も聞きましたので
ここらで格安SIMに乗り換えようと思いたったのです。

NifMoを選んだ理由

私がNifMoを選んだのは、経営母体の規模とサービスの中身です。

数ある格安SIMの中でいわゆるIT大手が手がけるブランドというのは決して少なくないです。

NifMoを運営するのは過去にインターネット普及前のパソコン通信の時代からネット事業を手がけてきた
nifty-serve(現ニフティ株式会社)です。
そのニフティは現在富士通の子会社となっています。

古くからネット通信事業を営んできたニフティと富士通の経営資源が組み合わさっているので、
安心感という意味では申し分ないかと思いました。

また、NifMoバリュープログラムという独特のプログラムもNifMoを選んだ理由になります。

NifMoと提携を結んだサイトを利用したりネットショッピングをすることによりポイントが得られ、
そのポイントを月々の利用金額に充当できるというプログラムはお得感がありました。

利用したプランと選んだ理由

利用したプランは3GBデータ通信のプランになります。
音声通話はdocomoに残しました。

音声通話とデータ通信を分けたのは、
初めての格安SIMでしたのでお試しとして利用してみようという考えがあったからです。

また、データ通信のみのプランであればもしNifMoが使えないと分かった場合であっても
最低利用期間などの縛りがないため乗換えが容易にできるため、
また、身分証明書を提示する本人確認手続きが省略できることが分かりましたので
手続きの省略化も考えて音声通話とデータ通信を分けて利用することにしたのです。

申込みから利用までの流れ

今回はデータ通信SIMにHUAWEI P9 liteの購入をセットにして申し込みを行いました。

WEB専用の申し込みページよりアクセスしてそれぞれの申し込みを行います。

基本的な手続きにはクレジットカードのみあれば大丈夫ですが、音声通信SIMの申し込みには身分証明書が必要になります。

しかし、データ通信SIMの場合は本人確認手続きが省略されるので身分証明書は要りませんでした。

また、端末の購入で分割払いを選択する場合には審査が入りますが、一括払いであれば審査が入りません。
今回は分割購入を選択しましたので審査項目の記入がありました。

申し込みが完了すると、SIMカードと端末が別々に送られてきました。
SIMカードは3日ほどで届きました。

端末は分割払いを選択する場合は審査が入る分SIMカードより発送が遅れるようですが1週間もずれることはなかったです。

そして、SIMと端末がそろったところでいよいよ開通作業に入ります。

開通作業と言っても端末にSIMを挿してアクセスポイントを設定し、通信を始めるだけです。
同封されている手続きマニュアルのとおりに進めていけば問題なく開通させることができました。

特に難しい作業ではありませんでした。

NifMoを使ってみてのメリットとデメリット

実際にデータ通信を始めてからの感想ですが、ごくごく安定して通信ができていたと思います。

2つのスピードテストアプリ(Ookla SPEEDTEST と RBB SPEEDTEST)を利用して
朝昼晩の混雑時間帯とそうでない時間帯のそれぞれでスピードテストを行いましたが
混雑時間帯ではダウンロードが約11Mbps、アップロードが約6Mbps、
そうでない時間帯ではダウンロードが約35Mbps、アップロードが約19Mbpsという結果を出していました。

WEBブラウジングを行ったときの体感では混雑時間帯とそうでない時間帯での閲覧にあまり大きな変化はなく、
格安SIMのウィークポイントである混雑時間帯の速度低下はさほど気にならない程度にとどまっていると言えます。

逆に極端な速度低下を起こすことがないようであれば速い時と遅い時の差が激しくなって
ストレスをためる事もなくなりますのでとても使いやすい回線であるといえます。

その点においてNifMoは現時点では良質なSIMではないかと言えると思います。

現時点でデメリットは感じられませんでした。

NifMoを使ってみてのおすすめしたいプラン

NifMoには他の格安SIMにはないとてもユニークなプログラムが用意されています。

それがNifMoバリュープログラムと呼ばれるもので、
これはバリュープログラム専用アプリに登録されているサービスの会員登録をしたりやショッピングサイトを提示条件で利用したり、
アンケートに答えたり、ミステリーショッパーのようなアルバイトを行うことによって報酬がポイントとして支払われ、
そのポイントが利用料金に充てることができるというプログラムなのです。

主に利用することになるのはおすすめアプリのダウンロードとショッピングサイトでの買い物利用になると思いますが、
利用した金額に応じてNifMoの利用料金が割り引かれるというサービスは他では見ることのできない独特なサービスであります。

日常の買い物をネットショッピングで済ませる方で自分のお気に入りショッピングサイトが提携先にあるようであれば
利用価値のあるプログラムとなるのではないでしょうか。

私の場合はYahooショッピングをよく利用していて、
提携先にYahooショッピングが用意されていましたのでNifMoの月額利用料金の何割かを割り引くことができています。

バリュープログラムはNifMoの全プランで利用することができますので
とてもおススメしやすいサービスであると思います。