最安の格安SIMはどこ?通信料をとにかく安く抑えたい人必見!

安く利用できる格安SIMを比較しました

さて、格安SIMは大抵は安いのですがその中でも最安といえる便利に利用できるSIMを下記に一覧形式にしてみました。
下記の一覧が皆さまのSIM選びに役立てば幸いです。

mineo

mineo2

mineo ドコモ(docomo)プランシングルタイプ
500MB 700円

mineo auプランシングルタイプ
500MB 700円

mineoは安いだけでなく、あらゆる面でメリットを持っている格安SIMです。
特にau回線の中ではトップクラスの通信速度となっていますのでauのスマホをお持ちの方が利用する最安レベルの格安SIMとしては、mineoがオススメです。

ドコモ(docomo)・auの両シングルタイプはどちらもデータ専用SIMです。
インターネットをたまに使う程度という方向けのサービスとなるでしょう。
ただ、mineoはより大きいデータ容量のSIMサービスも行っております。
料金はシングルプランよりは高くなりますがサービス内容は充実してきますので、
別プランのご利用もぜひご検討ください。

なお、mineoデータ容量を家族で共有することができる「パケットシェア」
余ったデータ容量を他の人に送ることができる「パケットギフト」
など、余ったデータ容量を共有して利用できるというサービスが充実しております。

それに加えて、複数回線割り、家族割りなど複数人で利用するとお得になるというサービスもあるため、そういったサービスを組み合わせることで、より最安に近づけるでしょう。

値段を抑えるサービスもあることからお得に利用していけるのがmineoですので、ぜひお申し込みをご検討ください。

FREETEL

freetel1

使った分だけプラン
299円~2,470円

定額プラン データ通信専用(2016年5月よりサービス開始)
499円~4,870円

FREETELは使った通信量によって料金が変動する「使った分だけプラン」という料金設定があります。

ほとんど使わなければ、最安価格の299円で利用することも可能となっており値段においては特筆すべき低さとなっているでしょう。
逆に、たくさん通信量を使うことで月額料金は高くなってきます。

こうした「使った分だけプラン」はお得という声の反面、データ繰り越しがないため割高になることもあると評価されております。

そういったこともあってか、定額プランも始まりこちらは最低価格499円からご利用いただけます。

また、通話料がお得になるキャンペーンや「FREETELでんわ」というアプリもあり
音声通話がお得にできるという点も嬉しいです。

TONE

tone-01

基本プラン
1,000円(+オプション費用)

TONEは何もオプションを付けないと月額1,000円という料金でご利用いただけます。
TONEはこの料金にオプションを付けていくという方式になっていますが
オプションを付けなければ最安レベルでご利用いただけます。

また、TONEのスマホは料金が最安レベルになっていて尚且つスペックなどに優れており、お得に快適にスマホをご利用いただけます。

また、月額料金を支払う際にTポイントも加算されるため
そういったポイントサービスも考慮にいれると、より最安レベルで利用できるSIMといえるでしょう。

高速通信などもチケットなどを買えばすぐにご利用いただけるようになりますのでご自身が必要と判断された段階でチケットなどオプション代金を付けていただければと思います。

DMM mobile

dmm

データSIMプランライト
440円

データSIMプラン1GB
480円

DMM mobileは幅広いプランが利用できる格安SIMとなっております。
データSIMプランのライトは高速通信を省いたSIMサービスで、これが最低価格の440円です。
高速通信が1GB付きでも480円となっており最安レベルで使える格安SIMとして有名です。

ライトの方ですと通信速度は遅いですが高速通信を1GBつけるだけで便利にご利用いただけるでしょう。

低速通信時でもバースト機能があり最初の読み込みの際には通信量が早くなります。
そういったバースト機能もあることからDMM mobileは便利に利用していける格安SIMです。

b-mobile

b-mobile2

おかわりSIM
データ専用 月額基本料500円~1,500円

おかわりSIMという名前ですが、これは通信量を使えば使うほど利用料金が上がっていくという料金設定です。

そのため、全く使わなければ月間料金は500円とかなり安くなっておりお得に利用していくことが可能です。
通信量5GB使ったとしても上限価格は1,500円ですから、大して高いというわけではありません。

b-mobileは料金設定が細かく、SMS機能付きの場合、SMSの文字数でも料金が変わってきます。
大量の通信データを使えばそれだけ高額な月額料金となってくるのですが通信量を使わなければ通信量は少額ですみます。

とにかく月額料金を安くしたいということでしたらb-mobileのSIMを使いつつ、あまりスマホを使わないようにしましょう。

DTI SIM

dti-sim-02

データプラン
1GB 600円

DTI SIMはシンプルなサービス内容となっており、価格の安さに拘りを持っているサービスとなっております。
高速通信ができて1GBのデータ容量を持つ格安SIMで600円という金額は最安レベルといえるでしょう。

あまりスマホを利用しないけどたまには使うなんていう方にとってはこのDTI SIMは最もお勧めの格安SIMといえるでしょう。

サービスはシンプルですが、通信量制限が近づくとお知らせしてくれる「スマイルモール」というサービスもあり低速制限がかからないように利用しやすいサービス環境になっております。

インターネットなどをストレスなく使えて尚且つ無駄なサービスがないというシンプルさは、初めてスマホを使うような方にオススメといえるでしょう。
まだスマホを利用したことのない方はDTI SIMと最安レベルの格安スマホを使ってみてはいかがでしょうか。

楽天モバイル

%e6%a5%bd%e5%a4%a9

データSIM
ベーシック 525円

楽天モバイルには、高速通信も省いたベーシックプランというものがありこちらは最安で525円とかなりお得にご利用いただける格安SIMとなっております。

高速通信付きのものを使ってもかなりお得な値段設定になっておりますし、通信速度に関してはキャリアSIMに匹敵する値段となっております。

また、楽天モバイルはキャンペーンを多く行っているMVNOなのでキャンペーンを活用することで楽天スーパーポイントによるキャッシュバックしてもらえる機会も多くあります。

月額料金を支払うと楽天スーパーポイントが加算されるなど月額料金以外の面でお得に利用できるメリットがみられます。
ぜひお得な格安SIMをご利用になりたいのでしたら楽天モバイルの利用も検討してみてましょう。

ぷららモバイルLTE

ぷらら

二段階定額
390円(30,5MBまで)~2,550円(30,5MB以上)

ぷららモバイルLTEは最低価格が390円とかなりリーズナブルな格安SIMです。

ただ、390円になるのは30,5MBまででしてそれ以上となると2,550円となりそれなりの金額になってしまいます。
通信量を30,5MBに抑えるにはほとんどスマホを使わないという状況でないと中々達成できません。

スマホをほとんど使わずたまにメールを確認する程度に使用するといった使い方をしている方、もしくはそういった時期があるという方にはお勧めの格安SIMとなりますので、ぜひご利用を検討してみてましょう。
そういった使い方をしないということでしたら他の格安SIMを利用したほうがよろしいかと思われます。

上記で紹介したSIMは格安SIMと呼ばれるSIMの中でも特に安価で利用出来るものばかりです。

キャリアのSIMは7,000円~12,000円するのですが上記で挙げたのはいずれも1,000円以下の格安SIMばかりです。
その時点で、値段が安いというメリットにおいては上記の格安SIMの圧勝といえるでしょう。
しかも、どの格安SIMも値段の割にスペックも良好で、快適にスマホを使えるようなSIMばかりなので、ぜひキャリアのSIMからのMNP(乗り換え)なども検討していただけたらと思います。

とにかく最安で格安SIMが使いたいという方へ

格安SIMというのはキャリアSIMより安いという点が大きなメリットとなりますそのため、格安SIMを利用したい方の大半はとにかく安い格安SIMが使いたいと思っているのではないでしょうか。そこで、当記事では「安く使えるか?」という点に焦点を当てて格安SIMについて解説させていただきます。

ただ、最初に述べておきますが格安SIMを比較する際には「値段」だけに注目しないでいただきたいのです。
値段ももちろん重要な比較ポイントですが他にも比較すべきポイントはたくさんあります。

通信速度やデータ容量、他サービスについても注目しないと自分自身に適したサービスは見つからないとお考えください。

値段だけに注目して安いだけで全く使い勝手が良くないSIMを利用するのは却ってお金が無駄になるなんてことになりかねません。

当記事では「最安」に拘って値段に関する解説を中心にさせていただいておりますので当サイトの別記事も参考にしてよりご自身に適したSIM探しをしていただければと思います。

今後さらに安いSIMが登場する!?

格安SIMも競争が激化しておりますので今後もさらに安いSIMが登場することが予想されます。
というより、すでにそういった情報があるのです。実は、あのLINEがMVNOに参戦することになりました。
LINEがSIMサービスを始めるのですが、最安価格500円で尚且つLINE・Facebook・Twitterのを使っても通信量がかからないというサービスになっております。
つまり、毎月500円でLINE・Facebook・Twitterが使い放題というサービスになります。

LINESIMに関する情報はまだ少ないのですが、当サイトのこちらの記事にて情報をまとめていますのでぜひご参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA