iPhone【SIMフリー・au・ドコモ・ソフトバンク】の格安SIMの使い方と注意点

当記事では、iPhoneで格安SIMを使う方法と注意点についてレクチャーします。

まずiPhoneで格安SIMを使う方法ですが格安SIMに対応するiPhoneを持っていることが必要です。
次に、おめあての格安SIMに申し込みます。
あとは、自宅に郵送された格安SIMをiPhoneに入れれば良いだけ。

一部のiPhoneは格安SIMをセットするときWiFiの設定も必要ですがこちらも簡単なので心配することはありません。

いかがでしょうか。すごく簡単ですよね。

大手キャリアと契約していた方が格安SIMを利用すれば月額料金が大幅に節約できる見込みがあります。
なのでiPhoneの月額料金を減らしたい方は格安SIMの契約をおすすめします。

それではiPhone【SIMフリー・au・ドコモなど】の格安SIMの使い方と注意点について解説していきますね。

最初にiPhoneをこれから入手することを検討している方に良い情報があります。
iPhoneってスマホの中でもとりわけ値段が高いイメージがありませんか?

でも、そんなことはないんです。
実は、iPhoneってかなりお手軽に手に入るんですよね。

たとえばコストパフォーマンスが高いと言われるiPhone 5s。
こちらも2万円~4万円台で購入することが可能なんですよ!

格安スマホの相場としては多くのスマホが2万円~3万円なので他のスマホより性能が良いとされているiPhoneが2万円~4万円台で買えるというのは嬉しいですよね。
あ、当たり前の話なのですがドコモ(dodomo)やauのiPhoneがあれば新たにiPhoneを買わなくても大丈夫ですよ。

それでは格安SIMの申し込み方の説明に行ってみましょう!

iPhone【SIMフリー・au・ドコモ・ソフトバンク】の格安SIMケース別乗り換え

まずは自分の持っているiPhoneを確認することから始めましょう。
格安SIM対応のiPhoneといえばドコモのiPhoneとSIMフリーのiPhone。それからauのiPhoneが挙げられます。

auのiPhoneは2015年7月以降、iPhone 5以上であれば格安SIMが利用することが可能になりました。
ソフトバンクのiPhoneも格安SIMを使うことができますがその際はSIMロック解除の必要があります。

iPhoneを持っていない人はSIMフリーのiPhoneを購入するのも良いかと思います。
SIMフリーのiPhoneの入手方法ですがこちらは、Apple Storeで購入が可能です。

2016年5月現在、Apple Storeでは

・iPhone 6
・iPhone 6s
・iPhone 6 Plus
・iPhone 6s Plus

が大幅値下げされていて、以前よりもずっと安くiPhoneが手に入る可能性があります。

次に各キャリア別に格安SIMが利用できるiPhoneの機種を挙げていきますね。

ドコモのiPhoneの場合

ドコモ(dodomo)のiPhoneの場合、

・iPhone 5c
・iPhone 5s
・iPhone 6
・iPhone 6 Plus
・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus
・iPhone SE

以上のドコモのiPhoneは格安SIMを使うことが可能です。
ドコモのiPhoneはほぼ全ての格安SIMを使うことができます。

もし、できるだけ楽に格安SIM乗り換えをしたいならドコモのiPhoneを使うのがおすすめです。

auのiPhoneの場合

auのiPhoneの場合は、

・iPhone 5c
・iPhone 5c
・iPhone 5s
・iPhone 6
・iPhone 6 Plus
・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus
・iPhone SE

以上に該当する機種のiPhoneならば
格安SIMをそのまま使うことが可能です。

ただし、
auの場合はドコモと少しだけ
勝手が異なるので注意が必要です。

auのiPhoneで格安SIMを使う際の注意点

・テザリングとSMSの送受信ができない
・使える格安SIMはUQ mobileとmineoのauプランに限られる
・4Gの圏外だとデータ通信ができない

auのiPhoneを持つ方が
格安SIMを使う場合は
以上のデメリットに気をつけてくださいね。

さて。

auのiPhoneユーザーが格安SIMを使うときに生じる一番のデメリットとは何か。

それはテザリングができないことではないでしょうか。
と言っても普段、スマートフォンのテザリング機能を使わない人にはあまり関係ないかと思います。

ネットに繋ぎたいならWiFiが無料で使えるセブンイレブンやコンビニ・カフェなどもありますしね。

SMS(ショートメッセージサービス)も普通のメール機能やLINEなどのアプリでメッセージを送れば、日常のスマートフォン利用は不便なくできるかと思います。
ではauのiPhoneユーザーが利用できる格安SIMはUQ mobileとmineoのauプランだけというのはどうでしょうか。

こちらもUQ mobileとmineoの格安SIMを使う予定の人にとっては何の問題もありません。
UQ mobileとmineoどちらも格安SIMの大手でありレベルの高いサービス提供をすることで知られています。

いずれを利用しても快適な利用が期待できるのは間違いないでしょう。
最後の

4Gの圏外ではデータ通信ができない

こちらについては注意が必要かもしれません。
手持ちのauのiPhoneの表示が常に4G表示ならば大丈夫です。

しかししばしば3Gと表示される場合は格安SIMを使うことはやめておいた方が無難かもしれません。

・iPhone 5c
・iPhone 5s
・iPhone 6
・iPhone 6 Plus
・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus

上記のiPhoneの機種は、プラチナバンド対応のため4G圏外になる可能性は低いです。
しかしiPhone 5はプラチナバンドに対応しておらず4Gの圏外である可能性が非常に高いので格安SIMを使う際は注意が必要です。

ちなみに
auのiPhoneで

・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus
・iPhone SE

をauショップで買って利用している場合契約から半年経過すればSIMロックの解除が可能です。
SIMロックが解除できれば、au系以外の格安SIMも利用ができます。

なのでSIMロック解除してしまえばドコモ系の格安SIMが使いたい場合も利用することができますよ。

SIMフリーのiphoneの場合

SIMフリーのiPhoneの場合は簡単です。

SIMフリーのiPhoneは、そのまま格安SIMの契約ができます。

SIMフリーのiPhoneで格安SIMが使える機種

・iPhone 4
・iPhone 4s
・iPhone 5
・iPhone 5c
・iPhone 5s
・iPhone 6
・iPhone 6 Plus
・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus
・iPhone SE

以上のSIMフリーのiPhoneが格安SIMを使うことが可能です。
ただしSIMフリーのiPhoneで格安SIMを使う際は一つだけ注意が必要です。

格安SIM最大手である楽天モバイルは3G専用端末は使えません。
なのでiPhone 4、iPhone 4sユーザーは他の格安SIMを契約した方がよさそうです。

余談ではありますがSIMフリーのiPhoneのメリットは海外で使える、ということがあります。
海外に行くことが多い人で海外でもiPhoneが使いたいならSIMフリーのiPhoneはおすすめです。

もしも海外でiPhoneを使う機会がないならSIMフリーにこだわる必要はないでしょう。
SIMフリーよりもドコモのiPhone(白ロム)の方が安いので、ドコモのiPhoneを選ぶのが良いかと思います。

ソフトバンクのiphoneの場合

ソフトバンクのiPhoneの場合
以下のiPhoneの機種が格安SIMを利用できます。

ソフトバンクで格安SIMが利用可能な機種

・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus
・iPhone SE

こちらのiPhoneの機種なら契約してから半年が経過すればSIMロックの解除ができるようになります。

とはいえ、それ以外のソフトバンクのiPhone機種である

・iPhone 5
・iPhone 5c
・iPhone 5s
・iPhone 6
・iPhone 6 Plus

は、基本的には格安SIMに対応しておらず利用することができません。
なのでソフトバンクのiPhoneユーザーの格安SIMの利用は少しばかり狭き門なのかもしれませんね。

もちろん少しでも安く携帯電話を使いたいそんな貪欲なiPhoneユーザーならば、ここで簡単に諦めたりはしないはずです。
裏技としてソフトバンクのiPhoneのロック解除アダプタや脱獄などを駆使すれば格安SIMを使うこともできるでしょう。

ただしロック解除アダプタや脱獄にはデメリットもあります。
ロック解除アダプタはAmazonなどで購入することが可能ですが問題も多いです。

たとえばSIMの種類やiOSのバージョンによっては使えないことがあります。
他にもSIM認識ができなくなったりLTEをつかむことができなくなったりします。
ロック解除アダプタの利用はリスクもあるので使うときは自己責任で行ないましょう。

またSIMロック解除の方法としてあまり知られていませんが『脱獄』という方法についても少しだけ触れたいと思います。

『脱獄』をすればSIMロック解除できます。
ただし『脱獄』にはロック解除アダプタ以上のリスクがあるんです。

『脱獄』をした後システムの復元やリセット、iOSのバージョンアップができなくなります。
なので『脱獄』する場合はそれらのリスクも認識しておいてくださいね。

というわけで色々書きましたがソフトバンクのiPhoneユーザですぐに格安SIMを使いたいなら他のキャリアのiPhoneやSIMフリーのiPhoneを入手しましょう。
具体的にはAmazonやヤフーオークションApple Storeなどで手に入れる方法があります。

先ほども言いましたがどのキャリアのiPhoneを購入しようか迷っているならほとんどの機種が格安SIM対応しているドコモのiPhoneを入手するのがおすすめです。
持っていたソフトバンクのiPhoneはヤフオクやブックオフなどで売り払ってしまうのも良いかと思います。

最後にもう一度だけ繰り返します。ソフトバンクのiPhoneユーザーですぐに格安SIMに乗り換えたい場合格安SIMに対応したドコモのiPhoneを入手すれば面倒なく格安SIMを使うことができます。

iphoneを持っていない場合

iPhoneを持っていない人でこれからiPhoneを入手して格安SIMを契約することを考えているならやはりドコモかSIMフリーのiPhoneを入手するのが一番おすすめです。

iPhoneのキャリアはauやソフトバンクなどがあるものの、使える格安SIMが限られていたり制限があったりするなど面倒です。
なので、わざわざauやソフトバンクのiPhoneを入手するよりドコモやSIMフリーのiPhoneで格安SIMを契約した方が良いでしょう。

ちなみにドコモの白ロムを入手する方法ですが詳細は別のページ白ロムのお得な購入方法で述べています。
iPhoneの白ロムを購入する際はiPhoneを探す機能がOFFとなっているものを選びましょう。

iPhoneにはアクティベーションロックというiOS7のときに導入されたiPhoneを探す機能があります。
これはiPhone紛失時に第三者に不正に使われることを防ぐためにかかるロックのことです。
当然ロックがかかればiPhoneは使えなくなります。

したがって初めからiPhoneを探す機能がOFFのものを選ぶ方が面倒がありません。

またiPhoneは性能が良いけれどマイクロSDカードなどでデータを別に保存しておくことはできません。
なのでそれほどiPhoneでデータを保存しないなら16GBでも良いのですが
それ以外の人はあらかじめ32GB以上あるiPhoneを利用した方が良いかもしれませんね。

ドコモのiPhoneが購入できる場所

ドコモのiPhoneを購入できる場所ですがAmazonとヤフーオークションで購入することが可能です。
ヤフオクよりAmazonの方が若干お値段は高めですが購入の手間がかからないのでおすすめです。
価格を気にするならヤフオクの方がおすすめかもしれません。

白ロムの購入にはいくつか注意点があるのでヤフオクでドコモのiPhoneを買う場合は白ロムの購入の際に注意することを参照してみてください。

ただし購入はあくまで自己責任でお願いします。
それではAmazonで購入できるドコモのiPhoneについていくつか紹介していきますね。

ドコモのiPhone SE

iphonese-select-2016

2016年5月の時点でもっとも新しいiPhoneはiPhone SEです。
iPhone SEの特徴としてはiPhone 5cのような手のひらに収まりやすいサイズが魅力的です。
またiPhone SEのメインカメラはiPhone 6sと同じく1200万円画素なので画質はとても綺麗です。

ただしフロントカメラは120万画素のままなのは少しだけ気になるところです。
iPhone SEのスペックですが一言で言ってしまえば外見はiPhone 5s、中身は6sです。

なので性能についてはiPhoneの最上位モデルと互角に渡り合える実力を秘めています。
バッテリーの持ちについてはiPhone 6sよりも数時間長いのでバッテリーの持ちが良いスマホが良いという人にもおすすめの機種です。

ちなみにドコモのiPhone SEのヤフオクの相場ですが

docomo iPhone SE 16GB 55000円
dodomo iPhone SE 64GB 74000円

2016年5月現在、上のようになっています。

ドコモのiPhone 6s Plus

sk_iphone02_04

ドコモのiPhone 6s Plusは大きい画面(5.5インチ)で使えるので快適にスマホの画面を見たいならおすすめです。
iPhone 6 Plusと同じサイズ大きさでしかもCPUとGPUの性能がさらに向上しておりカメラの画質も良いです。

iPhone 6s PlusとiPhone 6sの一番の違いは、やはり画面の大きさと電池の持ちでしょう。
iPhone 6s Plusの方が電池が1.2倍ほど長持ちなので電池の持ちを気にする人はiPhone 6s Plusを選ぶと良いでしょう。

気になるiPhone 6s PlusのAmazonの価格は2016年5月現在、以下のようになっています。

iPhone 6s Plus (128GB, ローズゴールド) 新品88300円 中古品85104円
iPhone 6s Plus (64GB, ローズゴールド) 新品89000円 中古品82944円

ドコモのiPhone 6s

a09

ドコモのiPhone 6sですが、使いやすいサイズでスペックの高いiPhoneが使いたい人におすすめです。
カメラの画素数についてもメインカメラ画素数は1200万画素インカメラは500万画素なので、画質の良い写真や動画を撮りたい人の利用にも適しています。

iPhone 6sのAmazonの相場ですが2016年5月現在、以下のようになっています。

iphone 6s A1688 (64GB, ローズゴールド) 新品79950円 中古品65000円
iphone 6s A1688 (16GB, ローズゴールド) 新品65000円 中古品60544円

ドコモのiPhone 6 Plus

201403iphone6-pf-spgry-iphone6-pb-spgry-iphone6-psl-spgry-ho-1

ドコモのiPhone 6 Plusですが特徴を一言で言い表すと、とても大きいです。
なのでインターネットをしばしば利用したり動画を良く見たりする人にはおすすめです。

気になるiPhone 6 PlusのAmazonの相場は2016年5月現在、以下のようになっています。

Apple docomo iPhone6 Plus A1524 (MGAA2J/A) 16GB ゴールド 新品64515円 中古品49600円
Apple iPhone 6 Plus 64GB ゴールド 国内版SIMフリー MGAK2J 新品159900円 中小個品59989円

ドコモのiPhone 6

iPhone6-3

ドコモのiPhone 6の画面の大きさは4.7インチなのでiPhone 6 Plusほど大きなスマホはいらない、けれどiPhone 5よりも見やすい画面がいいという人におすすめです。
iPhone 6の発売日は2014年の9月19日なので発売されてから1年半年以上すぎています。

なので手頃な価格で性能が良いiPhoneが欲しいという人向けのiPhoneだと言えるでしょう。
iPhone 6は、シンプルで薄くて軽く携帯性に優れ、持ち運びがしやすいという特徴があります。

気になるiPhone 6のAmazonの相場ですが

Apple docomo iPhone6 A1586 (MG492J/A) 16GB ゴールド 新品48000円 中古品39800円
Apple docomo iPhone6 A1586 (MG472J/A) 16GB スペースグレイ 新品48800円 中古品42000円

なので比較的、入手しやすくなっています。

ドコモのiPhone 5s

imgrc0064994045

さて。
ドコモのiPhone 5sのスペックですがiPhone 6以降のiPhoneと比較すると画面が4インチと小さめです。

発売日は2013年9月20日なので比較的古いiPhoneではありますがiPhone 5sのメインカメラの画素数は800万画素なので画像の質については問題ありません。
さすがに性能についてはiPhone 6以降のスマホと比較すれば劣るもののその分、安く購入することが可能です。

iPhone 5sのAmazonの相場は2016年5月現在以下のようになっています。

Apple dodomo iPhone5s 32GB シルバー 白ロム 新品60000円 中古品21800円
Apple dodomo iPhone 5s 16GB ゴールド 新品48800円 中古品21000円

ドコモのiPhone 5c

130913tanaka001_cs1e1_1000x

ドコモのiPhone 5cですが正直に言いいますね。
処理性能が現在の基準においてあまり良いとは言えません。

iPhone 5cは、iPhone 5sと比較してもその処理性能は2分の1ほどになるため快適なスマホが使いたい人にとってはあまりおすすめしません。

安いiPhoneが使いたい通話できればそれでいい

このような人にのみiPhone 5cはおすすめです。

機種が古い分、安く買うことができるので2016年5月、現在、Amazonの相場もかなりリーズナブルとなっています。

Apple iPhone 5c 32GB ホワイト docomo 白ロム MF149J 新品56950円 中古品19280円
Apple docomo iPhone 5c 16GB ホワイト ME541J/A 白ロム 新品55000円 中古品16000円

SIMフリーのiPhone

中古ではなく新品のiPhoneを購入したいという方もいるはずです。

新品のiPhoneを買った場合1年間の保証やApple Careで2年間の保証を受けることもできます。

もし保証を受けたいならApple StoreのSIMフリーiPhoneを購入しましょう。
お値段はドコモのiPhoneよりも高くなってしまいますが(1.5倍ほど)保証が付く分、安心もあります。

特に携帯電話をよく壊してしまう人や壊してしまう心配がある人にはApple Storeで購入できるSIMフリーのiPhoneはおすすめです。
また前述しましたがSIMフリーのiPhoneは海外でも利用ができます。
なので海外に行く予定がある人で海外のSIMを使う予定がある人にもうってつけと言えるでしょう。

SIMフリーのiPhoneでおすすめはやはり、最新のiPhone機種である

・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus

であるかと思います。

ただし値段的に10万円を超えるためお金に余裕がある人以外は気軽に購入することが難しいです。

もし気軽に買えるSIMフリーのiPhoneを求めているのならiPhone SEは比較的求めやすくなっています。
SIMフリーのiPhone SEの場合47800円から購入することができるため上記のiPhone 6sやiPhone 6s Plusと比較すると入手しやすいのではないでしょうか。

購入する際の注意点としては容量が16GBだと少なすぎるためそれよりも大きいものを買った方がいいかもしれません。

格安SIMの申込みをする

さて。
格安SIMが使えるiPhoneを入手したら次は申込みです。

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)の場合

現在、スマホあるいは携帯電話を利用していて、今使っている電話番号を格安SIMでも利用したいならそのための事前準備が必要です。
具体的にはMNP(携帯電話番号ポータビリティ)の予約番号を入手することが必要です。

一方もともと携帯電話やスマホがない人、電話番号が変わっても構わない人、インターネットを使ったりデータを管理したりするのが目的でiPhoneを使っているならMNP予約番号を入手する必要はありません。

格安SIMを選ぶ

ドコモとSIMフリーのiPhoneはほとんどの格安SIMを使うことができます。

auのiPhoneの場合はSIMロック解除をしない限り使える格安SIMに制限があります。
auのiPhoneはauの回線を使っている格安SIMであるUQ mobileとmineoのauプラン以外は使えないので気をつけてくださいね。

格安SIMは10社以上ありどこの格安SIMを利用すれば良いか迷ってしまいます。
なので、何社か名前を挙げて各MVNO業者のサービスを紹介したいかと思います。

格安SIMの大手でサービスが良いものしてはBIGLOBE SIMやTSUTAYAのスマホTONEmineoなどは人気が高いです。
BIGLOBE SIMは格安SIMの中では月額料金が安めです。

BIGLOBE SIMはiPhone他、ドコモやSIMフリーの携帯電話ならSIMを差し替えるだけで利用ができ通信料金を抑えることが可能です。
またBIGLOBE SIMはライトSプランや12ギガプランならばWiFiスポットが無料となります。

全国のカフェやコンビニ主要な駅や空港などあわせて80000カ所のWiFiスポットが0円で利用できるのがお得です。

それに加えてBIGLOBE SIMは12ギガプランという大容量のコースもありこちらを複数の端末で使うことも可能です。
BIGLOBE SIMは6GB、12GBのプランが手頃な月額料金で使えます。

シェアSIMを追加することで大きな通信量を複数の端末で分けることが可能です。

たとえば12GBのプランを使うなら最大4枚のシェアSIMを追加できるので最大なら本人+4枚で合計5枚のSIMで契約できることになります。
BIGLOBE SIMは月額料金も安めなのでお得に格安SIMを使いたいiPhoneユーザーに非常におすすめです。

BIGLOBE SIMのことを詳しく知りたいならこちら

BIGLOBE SIMの口コミ評判を解説!料金プランや通話オプションも

TSUTAYAのスマホTONEもサービスが良いです。
TSUTAYAのスマホTONEはMVNO業界の中でもトップクラスの料金の安さで知られています。

TSUTAYAのスマホTONEは月額料金が一律1000円とかなり安いです。
またドコモの回線を使うので全国ほぼどこでも繋がるという安心感があります。

しかし、それだけではありません。

TSUTAYAのスマホTONEはお子さんをお持ちの方にこそ契約をおすすめしたいMVNO業者です。

TSUTAYAのスマホTONEはお子さんの居場所がいつでもどこでも分かる機能がついているので、万が一、お子さんの帰りが遅くなった場合も安心です。
他にもお子さんがダウンロードするアプリを制限することもできるため教育上、安全に利用ができる機能もついています。
ただしTSUTAYAのスマホTONEは他社の格安SIMと違い、SIMカードのみの販売は行っていません。

もしiPhoneでTSUTAYAのスマホTONEを使いたいのならばSIMカードと基本プラン料金を支払いその上でSIMカードのみをiPhoneに差し替える必要があります。
本来必要ではない端末代金を余分に支払うことになるのがデメリットです。

とはいえ視点を変えてみるとiPhoneが故障した場合に備えて代替端末を持っておくのも悪くはないかもしれません。

TSUTAYAのスマホTONEのことを詳しく知りたいならこちら

TONEモバイル評判と口コミ

最後は、mineo(マイネオ)です。

mineo(マイネオ)はドコモ、auのiPhoneユーザーどちらも使える格安SIMです。
mineoはドコモ、auの回線のどちらも利用しているためドコモとauのiPhoneはSIMロック解除をすることなく使うことができます。
余談ですがソフトバンクのiPhoneの場合はソフトバンク系のMVNO業者が存在しないためBIGLOBE SIM、TSUTAYAのスマホTONE、mineoどれを使う場合もSIMロック解除が必要となります。

mineoの話に戻りますね。

mineoの他のメリットとしては500MBから契約できるので安く無駄なく使えることも挙げられます。
しかもmineoは余ったデータを翌月に繰り越せるため先月使わなかった分を次の月に使うことが可能です。

繰り越した分はパケットシェアといって家族で分け合うこともできます。
さらに住所が同一の家族だけでなく親戚や友人とも分け合えるのが嬉しいですね。

このようにmineoは自分に割り振られたデータ通信量を無駄にすることなくきっちり使っていけるメリットがあります。
したがってmineoはデータ通信量を節約してお得に使っていきたい人におすすめの格安SIMだと言えます。

mineoについて詳しく知りたい方はこちら

mineo(マイネオ)の口コミ評判を解説!通話や通信量、料金など

少し長くなったので要点をまとめますね。

格安SIMを選ぶのまとめ

ドコモやSIMフリーのiPhoneの場合格安SIM業者選びは簡単です。

ドコモとSIMフリーのiPhoneユーザーならほぼすべての格安SIMを契約することが可能です。
ただしMVNO業者大手のUQ mobileはドコモの場合はiPhone 6s、iPhone 6s Plusのみ。
SIMフリーの場合はiPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plusのみ。

以上のiPhoneのみがUQ mobileで利用可能ですがドコモはSIMロック解除が必要となります。
面倒くさい手続きをしたくないならドコモのiPhoneユーザーはUQ mobile以外のMVNO業者を選ぶのがおすすめです。

音声通話SIMとデータ通信SIMの申し込み方法

多くの方は電話(音声)とデータ通信ができる音声通話SIMを選ぶかと思います。

しかし音声通話SIMとデータ通信SIMの違いがいまいち分からないという人もいるでしょうから簡単に説明します。

すごくてっとり早く説明すると

1

上のようになります。

したがってiPhoneユーザーで格安SIMを使うときにMNPを利用して以前に使っていた電話番号を引き継ぎたい人や新しく携帯電話の番号をもらいたい人は音声通話SIMを選ぶのが良いでしょう。

逆に携帯電話の番号はいらない人はデータ通信SIMを選ぶのが良いかと思います。

音声通話SIMの申し込みをする方法は、インターネット申込みの場合

■本人確認書類
■運転免許証
■健康保険証
■パスポート

などをスマートフォンやデジタルカメラなどで撮影してアップロードをすることが必要です。

またMNPをするならMNP予約番号の入力も併せて必要です。
データ通信SIMの申し込みをする場合は一つアドバイスをしておくならSMSが使えるものにしましょう。

なぜならiPhoneはSMSが使えるデータ通信SIMでないと電話受信が遅くなったりします。
ほかにもiOSのバージョンによってはSIMカード自体使えなくなるリスクもあるためです。

データ通信SIMはLINEで電話をすることもできますが音声通話SIMとデータ通信SIMのどちらがいいか迷ったなら音声通話SIMを選ぶのがいいでしょう。
データ通信SIMは携帯番号を持てないため110番や119番が使えず緊急時に困ったことになるリスクもあります。

iphoneに格安SIMをセット(設定)

お目当ての格安SIMの申し込みが完了したらiPhoneに格安SIMをセット(設定)する準備をしましょう。

iPhoneの設定・データ移行

まずはiPhoneの設定やデータ移行をしておくことが重要です。
もっともドコモのiPhoneの場合は現在使用しているiPhoneがそのまま使えます。

したがって設定や準備を新たに行う必要はありません。
一方auやソフトバンクなどのiPhoneの場合入手したものを起動してある程度下準備をしておくことが必要です。

au、ソフトバンクのiPhoneのSIM乗り換えの設定・データ移行が完了したら後は、格安SIMが届くまで待つだけです。

格安SIMカードをiphoneにセット

格安SIMが届いたら早速、SIMカードをiPhoneにセット(挿入)しましょう。

300x199xiphone3.jpg.pagespeed

iPhoneにSIMカードをセットする際はSIMスロットにピンやペーパークリップなどの細長い棒を押し込みSIMカードを取り出さないといけません。
SIMスロットを取り出したらSIMカードをセットしましょう。

このときiPhoneは圏外と表示されます。

image5-e1395915986795

少しだけ待つと今度はネットに繋がったと思われる表示が出ます。

電波は拾ったけれど設定がおかしい場合音声通話やデータ通信ができません。

そのような場合はプロファイル(APN)をiPhoneにインストールすれば音声通話やデータ通信が可能となります。

WiFiの設定

格安SIMをiPhoneに設定する場合WiFiを設定する必要があります。

といってもわざわざ格安SIMを使うためにWiFiを新たに契約する必要はありません。

家にインターネット回線を引いてある人は無線LANで繋いでプロファイル(APN)をiPhoneにインストールすることが可能です。
家に無線LANがないという人もいるかと思います。

そんな時は家族や知人に頼んでテザリングをさせてもらえばそこからWiFiの設定ができるでしょう。
家族や知人にテザリングができる環境がない場合はセブンイレブンを使うという選択肢もあります。
セブンイレブンは無料の無線LANが設置されていることもあり近くにテザリングを使わせてくれる人がいなければこちらを選ぶのも良いでしょう。

ただしセブンスポットの無線LANを使う際は事前に登録することが必要です。

iPhoneで格安SIMの申し込みをする際に併せて、登録しておくと良いかと思います。
他にもWiFiを無料で使える場所はあります。

iphoneにプロファイル(APN)をインストール

iPhoneのWiFi設定が完了すればあとはプロファイル(APN)を設定するだけです。

プロファイル(APN)の正式名はAPN構成プロファイルと呼び簡単に説明するiPhoneやiPadのようなiOS機器の各種設定を行なうためのファイルのことです。
プロファイル(APN)の設定方法ですが格安SIMと一緒に設定ガイドも送られるのでそれにしたがって設定するだけです。
プロファイル(APN)のインストールの仕方はとても単純なので必要以上に心配することはありません。

いかがでしたでしょうか。

iPhoneで格安SIMを利用する方法は難しそうに見えて実はかなり簡単にできます。
格安SIMに乗り換えてしまえば月額料金が五千円以上抑えられることも多いです。

安上がり、かつ、快適にスマートフォンを利用したいならぜひ、乗り換えを検討してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA