初心者は知っておきたい!格安SIMのメリットとデメリットとは?

【格安SIMの6つのメリット】

simgazou_2-1

当サイトでは格安SIMについて解説しております。
当解説記事では格安SIMについてメリットを6個まとめました。
下記のメリットに関する解説を参考にしてぜひ格安SIMへの乗り換えを検討してくださいね。

[キャリアのスペックと変わらないまま、料金が2,000円程度に安くなる]

キャリア(大手携帯会社)のSIMは割高ですが、スペックは良好です。
ですが、実は格安SIMもキャリアのスペックに全く劣らず、良好なスペックとなっているのです。

そして、単純な話、格安SIMの方が圧倒的に安いです。
キャリアのSIMですと毎月6,000円~10,000円になってしまいます。
年間で72,000円~12万円となるでしょう。
年間で10万円を通信費用として使うのは少々、家計に悪影響を与えてしまうといえるでしょう。

格安SIMの場合、毎月の料金が2,000円程度になります。
つまり、年間のスマートフォン利用料金はわずか24,000円程度となります。

さて、上記でも述べましたようにキャリアSIMのスペックと格安SIMのスペックにはあまり差が無くなってきました。

スペックに差がないにも関わらず年間で70,000円以上の差が生まれます。
それを考えれば、絶対に格安SIMの方にメリットがあります。

特に電話をほとんどしないという方には格安SIMの利用の方が絶対に安く利用できるためぜひご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

[契約の縛りがないため自由に利用できる]

キャリアの携帯会社であるdocomo、au、SoftBankなどはスマホとSIMの利用契約で「2年間」と契約期間を定めています。

この契約期間内は安く利用できるといったキャンペーンが多いので一見すると、お得に利用できるようにみえます。
キャンペーン内容としては本来ですと7,000円程度の利用料金が5,000円程度に引き下がるという内容が多いです。

ですが、実際には、キャンペーンが終了すると値段が跳ね上がり、結局割高な料金となってきます。

しかも、契約期間中に他のSIM・スマホに乗り換えるためには、違約金を支払う必要があり10,000円以上の違約金が取られてしまいます。

格安SIMの場合、こうした契約期間がないため自由に利用していけるというメリットがあります。

キャリアがキャンペーン価格で5,000円なのに対し格安SIMでしたら、常に2,000円です。
契約に縛られず、安く使えるという点で格安SIMの方にメリットがあるといえるでしょう。

[プランが幅広く、柔軟に選べる]

格安SIMですが、通信量のプランなどがキャリアのプランより幅広い傾向にあります。

最低限の通信量で構わない方は1GBプランを利用すればいいですし多量の通信量で利用したいという方は10GB~20GBのプランを有しているMVNOもあります。

そのため、皆様がどれだけの通信量を必要としているかで、選べるプランが幅広くあることになるのです。

また、家族で通信量を分け合うプランや余った通信量を翌月に持ち越せるプランなど多彩な通信プランがあり、ご自身に適したプランをご利用しやすくなっているのが嬉しいです。

[好きな機種・端末を選ぶことができる]

当サイトを閲覧なさっている方の中にはauのiphoneを利用している方もいらっしゃるでしょう。
基本的に、auのような大手携帯会社(キャリア)の場合他のSIMなどに乗り換えることは出来ません。

一方、格安SIMですとそのSIMが対応している機種にでしたらいつでも変更することができます。

また、格安SIMはスマートフォンだけでなくタブレット端末にも対応しております。
スマートフォンを利用している際にタブレットの方が使いたいという時にも格安SIMがあればすぐに乗り換えできるのです。

格安SIMでしたら好きな機種・端末を自由に選んで利用していくことが可能となっているため機種・端末を自由に選べるというメリットもあるでしょう。

[中古の安いスマホにも適用できる]

皆様は、中古のスマートフォンなどを見かけたことがないでしょうか。
中古のため、新品のものより格安な中古スマホですがキャリアのSIMを差し込んでも対応していないため、利用することができないのです。

実は格安SIMは中古のスマホにも対応しているものがあるため中古スマホの利用の際にも格安SIMは役立つのです。

キャリアのSIMが対応していない箇所を格安SIMは隈無く対応しているといえるでしょう。
当然のことながら、中古スマホの方が安いためよりお得にスマートフォンを利用していけます。

[海外旅行での利用にも適している]

海外での利用に適している格安スマホを持っている方は、海外旅行先で格安SIMを利用してみましょう。

海外旅行ではキャリアのスマホは使いにくいのですが、格安スマホと格安SIMを組み合わせることで、海外でも快適にご利用いただけます。

以上で説明しましたように、格安SIMのメリットはキャリアのSIMのデメリットと表裏一体といえます。
キャリアのSIMで対応しきれていないところを格安SIMは見事に対応しておりしかも安く利用できるという点で格安SIMにはメリットがありますので、ぜひ利用を検討してみましょう。

【格安SIMのデメリット】

simgazou_2-2

残念ですが、格安SIMにもデメリットはあります。
下記には格安SIMのデメリットについてまとめましたので、ご利用の際に参考にしてください。

[通信速度が遅くなる]

近年では差が縮まりつつありますがやはり、キャリアの通信速度に比べると格安SIMの通信速度は遅い傾向にあるのは事実です。

そのため、長時間インターネットで動画を視聴するといった利用用途などには適しません。
インターネット利用の際の快適さを追い求めるとなると、やはりある程度お金を出す必要性があるのは否めないのです。

また、人気のある格安SIMですと利用者が一気に増えて、通信速度に悪影響が出るなんてケースもみられます。
そうした混乱は徐々に収まるものですが気になってしまうという方も多いかもしれません。

ですが、先ほども述べましたように近年ではキャリアと格安SIMの通信速度の差が縮まりつつあります。

また、必要以上に通信速度を早めることを望んでいないという方にとってはこのデメリットは特に気になるものではないでしょう。
ご自身のスマートフォンの利用状況などから通信料の速度について格安SIMのスペックを知っておくことをお勧めします。

[初期費用が割高]

キャリアのスマートフォンは、格安SIMに対応していないのです。
先ほども述べましたように、auのiphoneでしたら専用のSIMカード以外には対応していません。

つまり、格安SIMを利用するということでしたら格安SIMに対応している格安スマホも購入する必要あります。
格安スマホといっても、10000円以上の値段となってくるでしょう。
また、格安SIMも購入する必要はあります。
このように、格安SIMへの乗り換えを行う際には割高な初期費用がかかってしまうというデメリットがあるのです。

ただ、利用を継続していくということでしたら結果的には格安SIMに乗り換えてしまった方がお得になります。
初期費用は多少高いものの、必要な出費と割り切って格安SIMに乗り換えていただきますと半年も利用していればキャリアのスマホを使っていた時より
お得になりますので、投資のようなものと考えて初期費用を用意して、格安SIMに乗り換えみましょう。

[通話料金が高くなりがち]

スマートフォンを使ってよく電話通話をするというのでしたら格安SIMの利用に際しては注意が必要です。
実は、格安SIMを使っての通話料金はキャリアのSIMに比べると割高になってしまう傾向にあります。

実際のキャリアの通話料金と格安SIMには料金自体には差はあまりないのですがキャリアが同じ携帯同士だと通話料が無料になったり
キャリアの携帯には定額の通話料プランがあるなどキャリアの通話料の方が安くなることがあるのです。

そのため、スマホでの通話料金が高くなってしまいがちといえるので通話機能をよく使う方が格安SIMのデメリットについては注意が必要です。

ですが、近年では無料通話アプリ(LINE、Skypeなど)も大分増えてきており、そちらを利用しているという方も多くなっているのではないでしょうか。
そういったアプリをご利用中の方にとっては特に気にならないデメリットですので、ご安心ください。

[キャリアメールが使えない]

キャリアメールとは、docomoなどが提供しているメールサービスです。
キャリア以外のSIMを利用するとなると、このキャリアメールを使うことができなくなります。

普段からキャリアメールでやり取りをしている方にはキャリアメールが使えないというのは大きなデメリットでしょう。

ですが、GmailやYahooメールなどWEBメールでしたらご利用いただけますのでそちらに移行していただければ格安SIMのデメリット対策ができるでしょう。

[初期設定が大変]

大手携帯会社(キャリア)のSIMを使い続ける方の特徴としては初期設定を面倒に思うという方が多いのです。

キャリアが設定してくれたSIMをそのまま使っていた方が楽と考える方は多いのですが
それだと損をするというのは料金が安いといったメリットを知っていただければご理解いただけるかと思われます。

確かに初期設定が大変な格安SIMですが当サイトの解説などを参考にしていただければ初期設定も簡単にできるはずです。

利用する前から「めんどくさい」といった理由で格安SIMを敬遠してしまえばせっかくお得にスマホが利用できるチャンスを逃してしまうでしょう。

[故障時の補償が無い]

キャリアSIM・スマホのメリットとしては故障時に補償があるため、故障しても安心という点にあります。

ただ、格安SIMですと、故障時の補償がありません。
そのため、皆様のSIM・スマホが故障すれば皆様が自己負担で新しいものを用意しなければなりません。

とはいえ、格安SIM・スマホはキャリアのSIM・スマホよりかなり安いため、思い切って買い換えることもしやすいのも事実です。



【強化されているメリット、見直されてきているデメリット】

上記で解説してきた、格安SIMのメリットは年々強化されてきているといえます。
特に料金に関しては最安で400円代なんていうSIMも見られるのです。
最近ではLINEが500円のプランを用意しているという点が注目されております。
プランの幅の広さも充実されてきており無制限プランなどといった選択肢も増えてきました。

一方で、格安SIMのデメリットといえる点は近年、大幅な見直しがされているといえます。

通信速度が遅いと言われがちでしたが環境が整ってきたために、通信速度も速くなってきました。
LINEなどといったアプリにも対応してきたためキャリアのスマホからの乗り換えもしやすくなってきたのです。

つまり、メリットがどんどん強化されてデメリットが徐々に無くなってきているという現状にあります。
今後もこの動きは進み格安SIMはさらに使いやすくなってくるでしょう。

そのため、いつまでもキャリアのSIMを使っていると損をしているということになりかねないので、
当サイトなどを参考にして、格安SIMへの乗り換えを検討してみることをお勧めします。

【格安SIMでSMS機能をつけるメリット】

最後に、格安SIMでSMS機能をつけるメリットについて解説させていただきます。

SMS機能というのは格安SIMだけでなくキャリアのSIMにもつけられるオプションです。
SIMにSMS機能をつけるか否かは利用者の任意となっておりますがSMS機能をつけたほうがメリットが多いのです。

SMS機能はLINEやスマホゲームをする際の本人認証の際に役立つ機能となっております。
SMS機能をつけていることで、本人認証がスムーズに行われて、すぐにLINEなどがご利用いただけるのです。

また、SMS機能をつけておくことでバッテリーの消費量を節約することも可能です。
SMS機能を付けていないと、データの受信を常に行っていることになるため使っていない間にもバッテリーが消費されてしまうのです。
スマートフォン利用時にバッテリー消費が気になってくるため、ぜひSMS機能をつけましょう。

格安SIMの利用時にSMS機能をつけることのデメリットとしては毎月100~200円程度の利用料金がかかる点です。
ですが、そのデメリットを考慮に入れてもSMS機能を使うことのメリットの方が大きいですし格安SIMを使っているのですからSMS機能を付けてもキャリアSIMを使うよりはお得といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA