SIMロック解除の手順を解説(au、ドコモ、ソフトバンク)

SIMロックとは

SIMロックとはdocomo・au・ソフトバンクといったキャリアが出しているスマートフォンにかかっているロック機能のことです。
端末にかけられているロック機能ですが何をロックしているかというとキャリアが提供しているSIMカード以外のSIMカードを挿しても対応していないというSIMカードの利用を別のSIMカードに出来ないというロック機能です。

SIMロックされているため今まではキャリアSIM以外のSIMカードを挿入しても利用できなかったため格安SIMへの乗り換えがしにくかったのです。

そのため、格安スマホへの乗り換えも合わせて検討する必要があったのですがそれですと初期費用が高くなってしまうため格安SIMへの乗り換えは敬遠されていたという傾向がありました。

ただ、このSIMロックに関してはかなり批判が集まっていたのです。
簡単に言えば、SIMロックなんてされてしまえばキャリアのSIM以外に乗り換えしづらくなってしまいます。
そうなれば事実上、キャリア側がMVNO事業を独占してしまうことになりますので、公平性が失われると批判が集まっていたのです。
実際にSIMロックされていた頃は格安SIMに関する知識も一般的とはいえず利用者は何も知らないまま、キャリアの割高なSIMを利用していたのです。

こうした批判の声もありましたので行政も徐々に動き出し、MVNO業界も徐々に変化してきました。
総務省から次々と通達が発せられてついにSIMロックを解除することが義務化となったのです。

こういった経緯でSIMロックは解除できるようになりました。
格安SIMもテレビなどで発表されてきて徐々に知名度も高くなってきており一般の人々にも周知されるようになってきました。

そこで、当記事ではSIMロック解除に関する解説を記載させていただこうと思います。
SIMロック解除が可能になったのですからぜひ当記事をご参考にして格安SIMへの乗り換えにお役立てください。

SIMロック解除の条件

上記で解説しましたように、総務省などの通達により、ついにSIMロック解除が義務化されました。
今まで格安SIMに乗り換えることが出来なかったという方もついに乗り換えが可能となったのです。

ただ、すべてのスマホでいきなりSIMロック解除を義務化するのは流石に無理でした。
SIMロック解除をするにはいくつかの条件があるためその条件を理解したうえでSIMロック解除を申請しましょう。

さて、SIMロック解除の条件は下記の2つになります。

sim

・SIMロック解除対象端末
全ての端末でSIMロックが解除できるわけではありません。
2015年5月以降に発売された機種でないとSIMロックを解除してもらうことはできないのです。
SIMロックをしていたこと自体は違法でもなんでもなく過去のSIMまでには影響を及ぼさないのです。

2015年5月以前に発売された機種ですとSIMロック解除はできないので格安スマホの購入も検討することをお勧めします。
当サイトでは格安スマホの解説を行っておりますのでぜひご参考にしていただければと思います。

・SIMロック解除解禁日
SIMロックが義務化されましたが突然SIMロック解除を義務付けてしまえば混乱が起きます。
そのため、一斉に解禁するのではなく、時間差をつけて解禁することになりました。

利用開始から180日経過するとSIMロック解除が可能となるのです。
つまり、2015年5月以降にリリースされたスマホを半年間(180日間)利用して初めてSIMロック解除が可能となります。
以上の2点の条件を満たすことでSIMロック解除が可能となります。

ちなみに、ついに2016年3月25日にdocomoのiphone 6sとiphone 6s Plusは端末発売日から180日が経過したため、SIMロック解除が可能となってきたのです。
徐々にSIMロック解除できるスマホは増えていきますので、そちらにご自身のスマホの購入日と照らし合せて、SIMロック解除日をお調べくださいね。

以上の条件を満たしている端末でしたらSIMロック解除をして格安SIMへの乗り換えが可能となっております。
キャリアのSIMと格安SIMですと月額料金が5,000円以上の差があることも珍しくなく、お得に利用できるようになりますので、ぜひSIMロック解除をして格安SIMへ乗り換えていくことを検討してみてはいかがでしょうか。

SIMロック解除の手順

sim2

SIMロック解除ですが手順が複雑なようでいてそれほど複雑ではないため、きちんと手順がわかっていれば解除することはそれほど難しくありません。
しかしながら、難しいイメージがあり、多くの方がSIMロック解除を拒んでしまう傾向にあります。
そこで、こちらではSIMロック解除の手順について説明しますので、ぜひご参考にしてください。

さて、まずは各携帯会社の店舗に行くことを思いつく方が多いかもしれません。
ただ、携帯会社の店舗でのSIMロック解除には解除料金が3,000円かかってしまいます。

実はインターネットによる解除のほうがお得なのです。

SIMロック解除ですがインターネット操作による手続きも可能となっております。
インターネット操作による解除ですと簡単な操作で手数料無料で解除できるので絶対にインターネット操作による解除のほうがおすすめです。

そもそも、インターネット操作による手続きのほうが手続きが簡単なので店舗に行くよりも簡単にSIMロック解除に関する手続きが終えられるでしょう。
店舗に行く時間も抑えられますしインターネット申し込みでしたら最短10分で手続きが完了しますので手続きに不安をお持ちの方はぜひインターネット手続きをしてください。

なぜ、これほどインターネット手続きを推すかというと、格安SIMへのMNP(乗り換え)に関する手続きもインターネット手続きでしていったほうが簡単なためです。
結局のところインターネット手続きになるのですから、SIMロック解除もインターネット手続きしたほうがよろしいでしょう。

3つのキャリアの携帯会社はドコモですと「My docomo」auですと「お客様サポート」ソフトバンクですと「My SoftBank」という会員ページを設けております。
そこからSIMロック解除を申請することになります。

例としてドコモ(docomo)のSIMロック解除の手順について解説します。

まず、My docomoにアクセスします。
次に「ドコモオンライン手続き」を選びその中から「SIMロック解除」を選びます。
スマホからですと「SIMロック解除」が表示されないためSIMロック解除の手続きはパソコンで行いましょう。

次に端末の製造番号を入力することになります。
製造番号についてはダイヤルで確認することが可能ですので確認して正確な製造番号を打ち込みましょう。

あとはSIMロック解除の通知をどのメールアドレスに送るかを選択すればそれでSIMロック解除手続きは完了となります。

難しいところといえば、製造番号の入力でしょうか。
ただ、製造番号は簡単に調べることができるため言うほど難しいというわけでもありません。
きちんと確認して正しい番号を入力できていれば特に問題はないので、ご安心ください。

逆に、これだけ簡単な作業にも関わらず店舗に行くと手数料が3,000円もかかるというのは少しおかしい話といえるでしょう。
スマホからですと手続き画面に行けないという辺りにもSIMロック解除をしてほしくないというdocomo側の意志が見えてくるというものです。

簡単な手続きですぐに終わりますし手数料もかからないため、SIMロック解除は自宅でさくっとやってしまいましょう。
筆者は店舗でSIMロック解除をしたことはありませんが恐らく、店舗でSIMロック解除しようとすると変な営業話などを持ちかけられたりSIMロック解除をするとデメリットがあるなんて話をされたりすることも考えられます。

そういった面倒な会話も必要のないインターネット手続きでSIMロック解除をしていただければと思います。

SIMロック解除するべき?

SIMロック解除をすると格安SIMを利用することは可能となります。
基本的にSIMロック解除をしても特にデメリットはありません。

docomo、au、ソフトバンクといった大手携帯会社の店舗に行けばSIMロック解除に手数料が3,000円かかってしまいますがインターネット手続きでしたら手数料もかかりません。

そのため、SIMロック解除はしておいても損はありません。
今後、格安SIMなどへの乗り換えも考えているということでしたらSIMロックを解除してみてはいかがでしょうか。

ただ、SIMロックを解除しても乗り換えをしなければ同じSIMを使い続けていくだけですので特に変化はありません。
SIMロック解除をするのでしたら、乗り換えについてもあわせて検討することをお勧めします。

ただ、SIMロック解除して、格安SIMに乗り換えをする際には、少し注意すべきことがあります。

キャリアのSIMは「2年契約」となっており2年間利用するという契約のもとで購入したことになっております。
その2年契約なのですが契約満了時以外のタイミングで解約しますと違約金が発生してしまうので注意が必要です。
違約金は10,000円程度であることが多いので契約満了時以外のタイミングでSIM乗り換えをする際にはご注意ください。

また、現在利用中のスマホを分割払いで購入したということでしたらその分割料金もまとめて請求がきます。
つまり、2年かけて支払おうと思っていたお金をまとめて支払うことになってしまいますのでその点についてもご注意ください。

以上のように、キャリアSIMからの乗り換えは契約が満了する2年を待つという選択肢もあります。
SIMロックの解除自体には特に損することはありませんが乗り換えとなりますと、注意が必要です。

SIMロック解除をした後は?

SIMロック解除をした後は先ほども述べましたように格安SIMへの乗り換えをすることをお勧めします。
契約がまだ残っているということでしたら契約が満了するまで待つのも選択肢の一つですがその他の場合は乗り換えたほうがお得になります。

キャリアのSIMと格安SIMの月額料金は10,000円くらい差が出ることもあるため早めに乗り換えたほうがお得になるでしょう。
格安SIMへの乗り換えについてはこちら(記事14)にて詳しく解説しておりますので、ぜひご参考にしてください。

なお、SIMロック解除をしておくと海外旅行先などで役にたちます。
今までは海外旅行の際にキャリアのスマホを使っていると割高な海外サービスなどを使わないと通信サービスが利用できませんでした。
SIMロック解除をしておけば、一時的に他の国のSIMなどに差し替えておけば安価で通信サービスを利用できるといったメリットがあるのです。

SIMロック解除後は海外での利用などにも役立てていくとよろしいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA