格安SIMの通信速度の速い、遅いのはどんな理由?

格安SIMを選ぶ際には通信速度が重要ポイント!

スマホを快適に利用する際には格安SIMの通信速度を気にする必要があります。
実をいうと、実際の通信速度に関しては格安SIMの方が遅くなってしまうのです。

ですが、スマホを快適に利用する分には特に不都合のないスピードですので格安SIMでも全く問題はありません。
むしろキャリアのSIMの通信速度が不必要に早すぎるといえるのかもしれません。

sokud

参考までに数値を出しておくとdocomoやau、ソフトバンクといったキャリアSIMは30Mbps前後の通信速度が出ます。
一方、格安SIMというと約5Mbps程度の通信速度です。

通信速度の数値だけ比べますと格安SIMの通信速度は6分の1程度しかないのです。
ですが、格安SIMはスマホを十分快適にスマホを利用できます。

それは何故なのでしょうか。

当記事では格安SIMの通信速度について解説させていただきます。
結構専門的なジャンルの話かもしれませんがSIMに関する知識が少ないという方でも分かる記述を心がけますので、ぜひご参考にしてください。

なお、通信速度が早い格安SIMとして有名なのはau回線ですとUQ mobileが最も早くなっております。

UQ mobileはau回線の格安SIMですがまだ、au回線の格安SIMは種類が少ないため回線が込み合うことなくご利用しやすいのです。
そのため、通信速度が早い格安SIMをご希望なのでしたらぜひau回線のUQ mobileをご利用になってみてはいかがでしょうか。

ドコモ回線の格安SIMをご希望なのでしたらmineoのDプラン(ドコモプラン)の利用を検討してみてはいかがでしょうか。
mineoは通信速度も早いですし高速データ容量を共有して利用したり前月分の余った通信データ量を繰り越してご利用いただけたりします。

また、家族で共有することもできますし他の人とパケットシェアという形で通信データ量を共有できるため早い通信速度を保ちやすくなっております。
そのため、通信速度の速さをご希望でしたらぜひmineoのご利用もご検討ください。

なお、mineoにはau回線もありますのでそちらの利用もあわせてご検討くださいね。

どれくらいの通信速度が必要?

通信速度と言われて「キャリアが30Mbpsで格安SIMが5Mbpsです」なんてよくわからない単語を並べ立てられて戸惑いを感じている方もいらっしゃるかもしれません。

とりあえず、下記の指揮をみていただければと思います。

通信速度:1Mbps=1000kbps

単位の意味などはあまりわからなくても結構です。
1Mbps=1000kbpsであることがわかっていれば結構です。

さて、この式通りに考えますと下記のようになります。

キャリアSIM=30Mbps=30,000kbps
格安SIM=5Mbps=5000kbps

こうなりますね、このことを踏まえたうえで下記の解説をご参考にしてください。

動画を視聴するのに必要な通信速度

sokud2

動画を視聴するために必要な通信速度は500kbps~700kbpsとなります。
動画を視聴するサイトというとYoutube、ニコニコ動画など動画投稿サイトなどを皆さまも利用するのではないでしょうか。

また、近年ではHulu、Netflixなど動画配信サイトも多くの方が利用するようになりました。
それらの動画サイトの動画は実は500kbps~700kbpsくらいあれば十分視聴できるのです。

スマホでYoutubeを見るのに必要な通信速度は大体600kbpsくらいでしょうか。
普通画質ですと動画視聴中に止まることなく動画が視聴できることでしょう。

Netfilxを視聴するためには500kbps程度で十分です。
Huluですと若干通信量が多めに必要で700kbps程度必要です。
ニコニコ動画では600kbpsといったところでしょうか。

ちなみに、ニコニコ動画には低画質モードもあり300kbps程度あれば視聴自体は可能となります。
youtubeなどは高画質モードなども選べるため、1Mbps程度の通信速度を必要とすることもありますが基本的には500kbps~700kbps程度の通信速度で十分動画視聴は可能なのです。

もうお気づきかもしれませんがキャリアSIMは30Mbps(30,000kbps)格安SIMは5Mbps(5,000kbps)となります。
つまり、キャリアSIMも格安SIMも動画視聴という行為をストレスなくできるという点で共通しているのです。

当サイトを閲覧なさっている方の中にはしょっちゅう動画を閲覧するために通信速度の早いSIMカードをお求めかもしれませんがそれでしたら格安SIMでも十分その希望に応えられているのです。

インターネットをするのに必要な通信速度

多くの方がスマホを持っているからにはインターネットにアクセスして情報などを得ていることでしょう。スマホ向けのインターネットページなども多くあり最早スマートフォンでインターネットを利用するのが当たり前といえるような社会になってまいりました。
当記事をスマホから閲覧なさっている方も多いのではないでしょうか。

インターネットでWEBサイトを閲覧するのに必要な通信速度は0.7Mbps~2Mbpsとなります。

大体1Mbpsもあれば大抵のサイトはストレスなく読み込むことができるでしょう。
2Mbpsもあればほとんどのサイトはスラスラと閲覧できるはずです。
0.7Mbps無いとサイトの読み込みがかなり遅くなってしまい当サイトを閲覧するのだけでもストレスを感じるようになってしまうかもしれません。

いずれにしろ0.7Mbps~2.0Mbpsくらいあれば普通のインターネットサイトを閲覧するぶんには全く問題がありませんので、ご安心ください。
キャリアのSIMですとサクサクと通信が完了するでしょうが格安SIMだって5Mbps程度の通信速度なのですからインターネットのWEBページを見るぶんには特に不便を感じることもないでしょう。

キャリアSIMで当サイトを閲覧なさっている方もぜひ格安SIMで当サイトを閲覧してみてはいかがでしょうか。

アプリをダウンロードするのに必要な通信速度

出かけた先などで急にアプリをダウンロードしたいなんていう状況になったことはないでしょうか。

アプリのダウンロードは通信データ量の消費も大きいですし時間も多少かかるため、多くの方は自宅のWiFiなどを用いてダウンロードするのだと思われます。
ですが、たまには外出先でダウンロードしたい時もあるでしょう。

平均的なアプリの容量はおよそ50MBくらいになるでしょう。

sokud3

50MBのアプリをダウンロードしますと
1Mbpsでダウンロードすると6分40秒
5Mbpsでダウンロードすると1分20秒
30Mbpsでダウンロードすると13秒

以上がダウンロードにかかる時間となります。

ただ、これは後に詳しく説明しますがSIMの通信速度というのは時間帯によって大きく変化するものでもあります。
上記で並べた時間より時間がかかるなんてこともよくあるため、注意が必要です。

また、ソーシャル要素を含めるゲームアプリなどですと初回ゲーム起動時に追加分のデータをダウンロードし始めますがこれがゲーム容量よりも大容量のダウンロードを始めることが多いです。

上記で並べた時間に加えてまた長いダウンロードが開始されるため結構長い事待たされることが考えられます。

そうなりますと、アプリのダウンロードを月に10個から20個程度行うという方には格安SIMの利用は向いていないかもしれません。
ただ、当サイトを閲覧なさっている方の中にそれほど頻繁にアプリのダウンロードをしているという方はいらっしゃるでしょうか。

ゲームアプリを毎日のようにダウンロードするという方でしたらキャリアのSIMの利用をお勧めしますが、たまにダウンロードするくらいでしたら格安SIMで十分ですしWiFiを使ったほうがよろしいのではないでしょうか。

上記で説明してきましたように、格安SIMよりもキャリアSIMの方が通信速度がとても速くなっております。

ただ、一般的なスマホの利用用途である動画視聴・インターネット閲覧・アプリのダウンロードくらいでしたら格安SIMでも全然問題はありません。
むしろ、格安SIMくらいの通信速度にして月額料金が安い方が適正といえるでしょう。

キャリアのSIMと格安SIMですと、月額料金には7,000円近くの差があります。
7,000円支払って余計な通信速度を利用するよりも7,000円節約して、適正な通信速度のSIMを利用してはいかがでしょうか。

格安SIMごとの通信速度の差

格安SIMには通信速度の早いSIMと通信速度の遅いSIMがあります。
平均は5Mbpsと表記しましたが速い格安SIMはキャリアのSIMレベルに早いですし中には遅すぎて使い物にならないなんてSIMもあります。

それだけでしたら単純な話で通信速度が速い格安SIMを利用していただければいいのですがそう簡単な話にならないのがSIMの通信速度です。

複雑なようで単純な話ですが利用者の数が多くなったり、回線の調子が悪かったりするとそれまで早かった通信速度が極端に遅くなるといったケースもよくあるのです。
そのため、通信速度が速いと評判だったSIMに申し込んでみたら実際にはかなり通信速度が遅かったなんてことはよくある話なのです。

ただ、現在ではdocomo系よりau系の方が通信速度が速いという傾向があります。
au系のUQ mobileとmineoのauプランはどちらも通信速度が速いことで評判です。

今、格安SIMを申し込むとしたら、UQ mobileかmineoがオススメです。

一方で楽天モバイルは以前は通信速度が優秀だったのですが近年ではすっかりと影を潜めてしまいました。
通信速度が速いことで人気が高まり通信回線の負荷がおおきくなってしまったためと考えられます。

格安SIMごとに通信速度は異なり、早くなる時もあれば、遅くなってしまうこともあります。当サイトの解説記事などをご参考にして常に最新のSIM通信速度の情報を仕入れておきましょうね。

格安SIMの通信速度は時間帯でも変わる?

先ほども少し述べましたが、通信速度というのは結構単純な理由でスピードが遅くなることがあります。
実は格安SIMの通信速度は時間帯などでも大きく変化するのです。

例えば、平日の昼の時間帯はかなり通信時間が遅くなります。
これは何故かというとお昼休みでスマホを使っている人が一時的に多くなるためです。
基本的に人が多く利用している時間帯ですと格安SIMの通信速度は落ちてしまうのです。

先ほど紹介したUQ mobileがなぜ通信速度が早いかというとau回線の格安SIMはまだ種類が少ないためです。
そのため、UQ mobileですと平日の昼休みのタイミングでも通信速度が早くなっているためぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA