格安SIMはクレジットカード(本人名義)不要で利用できる?

クレジットカード不要でも申し込めるSIM

格安SIMに乗り換えればお得にスマートフォンを利用していけます。
しかしながら、格安SIMの支払い方法は基本的にクレジットカード支払いになるため本人名義のクレジットカードが無ければSIMが利用できません。

ですが、中には本人名義のクレジットカード不要でも申し込める格安SIMがあるのです。
そのため、クレジットカードを作れない方はそういった格安SIMに申し込んでいただければよろしいでしょう。

下記にクレジットカード不要でも申し込めるSIMを紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

BIGLOBE

biglobe

BIGLOBEはクレジットカードでなく現金引き落としの形で借りることが出来るため、便利に利用できる格安SIMとなっております。

現金引き落としで支払うという格安SIMは珍しく、クレジットカードが用意できないという方にとってオススメの格安SIMです。

格安SIMとしても1GBで月1,400円、3GBで1,600円、6GBで2,150円、12GBで3,400円ととてもお得な値段設定となっております。
しかも、最大3カ月間の無料期間などもありBIGLOBEを利用すればとてもお得に利用していけるでしょう。
ただ、BIGLOBEの現金引き落としによる格安SIM支払いには200円の手数料がかかってしまうという点にはご注意ください。
BIGLOBEはクレジットカードによる支払いも可能となっているためそちらの支払い方法も検討してみてください。

ただ、クレジットカードがないという方にとっては月々200円の手数料だけでクレジットカードを作る手間などが省けるのですから、ぜひBIGLOBEの利用を検討してみましょう。

UQ mobile

uq

UQ mobileは大手ブランドの格安SIMサービスとなっております。
クレジットカードではなくデビッドカードで支払うことが出来るためクレジットカードの審査に通過しなくてもデビッドカードが手元にあれば申し込み可能となっております。

UQ mobileは簡単に支払うことが出来るだけでなく通信速度が優秀なサービスとなっているため、快適にスマホを利用していくことができるでしょう。

UQ mobileはau回線も持っていますがau回線を持っているというだけでも格安SIMの中では珍しいためそれだけでも選ぶ理由になるかもしれません。
まだ、SIM市場に参入したばかりのためプランが少ないのが少し残念ですが今後、利用者が増加すればプランなども増えてくることが予想されるためご自身に適したプランを利用できるのではないでしょうか。

mineo

mineo

mineo(マイネオ)は基本的にはクレジットカード支払いとなっておりますがデビッドカード支払いにすることも出来るためクレジットカードを発行することなく便利にご利用いただける格安SIMです。
デビッドカードからの自動支払いでしたらクレジットカード審査に通過する必要もなく便利にご利用いただけるでしょう。
mineo(マイネオ)は数ある格安SIMの中で唯一、docomo、auの両対応となっているSIMサービスとなっております。

しかも、月額料金に関しても安く10GBだとしても月額2,520円となっております。そのため、格安SIMの中でもかなり低い金額といえますので、お得に利用していけるでしょう。

特にdocomoプランですとネットが快適に利用できるため、キャリアSIMより安いばかりかスペックにおいても並ぶサービスです。
クレジットカードがなくても支払うことができるという点でmineo(マイネオ)はとても便利なSIMとなっておりますので、ぜひご利用を検討してみてくださいね。

楽天モバイル

rakuten

楽天モバイルはあの楽天グループのSIMです。
楽天はクレジットカードやデビッドカードサービスも提供しております。
そのうち、デビッドカードを使えばクレジットカードなしで支払うことが可能です。そのため、楽天モバイルも申し込みやすい格安SIMとなっております。

楽天モバイルは楽天ユーザーの方にオススメのSIMで毎月の利用料金でポイントが貯まるため毎月スマホを快適に利用しているだけでいつの間にかポイントがたくさん貯まっているなんてこともあるのです。

楽天モバイルは料金も安く、3.1GBプランですと月額料金が900円となるためキャリアSIMを使うよりもかなりお得に利用できるようになっております。
楽天のデビッドカードは使うだけでもポイントが貯まるものもあるため徐々にポイントが貯まってお得に利用していけるというのも楽天モバイルのオススメなところです。

プリペイド型

他の記事で詳しく解説していますがクレジットカード支払いではなく事前にお金を支払って格安SIMを購入しておくという「プリペイド型」という支払い方法もあります。
プリペイド型でしたら、現金で買えばいいので、格安SIM購入時にクレジットカードは必要なくなります。

1GB単位から売っている格安SIMもあるため、緊急時などに役立ってくるのではないでしょうか。

ですが、あくまでプリペイド型は緊急の際に利用するような格安SIMといえます。
プリペイド型の格安SIMは制限を超えた通信量となるとまた購入し直さなければならないため面倒になってしまうという欠点があるのです。

クレジットカード支払いでしたら毎月自動支払いになるためこれからも格安SIMを継続して利用するなら絶対にクレジットカード支払いにしていった方がよろしいでしょう。
下記にはクレジットカードに関する解説についても記載しますのでぜひご参考にして今後の格安SIM利用にお役立てくださいね。

クレジットカードを作ってみる

格安SIMの支払いは通常ですとクレジットカードを使用して支払います。
そのため、快適に格安SIMを利用していただくためにはやはりクレジットカードを作成していただきたいところです。

ただ、クレジットカードというと申し込みが面倒だったり審査が不安だったりといったイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

ですが、今や格安SIMの支払いだけでなく公共料金などもクレジットカードで支払えるような時代になってきました。
日常生活において、クレジットカードがあるだけで支払いなどが便利になるでしょう。
下記にはクレジットカードに関する解説を記載しましたので、ぜひご参考にしてクレジットカードを利用してみてはいかがでしょうか。

オススメは楽天カード

rakuten-card

クレジットカードといっても種類が沢山あるため、自分がどのクレジットカードを作ればいいのかわからないという方も多いかもしれません。
毎月の支払いに利用していくことになるため出来ればお得で便利なクレジットカードを希望しているという方は多いのではないでしょうか。

オススメのクレジットカードは沢山あるのですが格安SIMの支払いにオススメなのは楽天カードです。

楽天カードは利用しているとポイントが加算されていくのです。加算されたポイントは楽天における諸サービス(楽天市場、楽天BOOK、楽天トラベル)など幅広いサービスを展開しております。

楽天カードは利用すればそれらのサービスの支払いなどに充てることができる楽天ポイントが貯まっていくのです。
つまり、毎月格安SIMの料金を支払っていれば、自動で楽天ポイントが貯まっていくため、お得に利用できるでしょう。

他にも公共料金の支払いなども楽天カードでの支払いに切り替えれば毎月何もしなくてもいつのまにか楽天ポイントが沢山使えるようになっていたなんていうことも珍しくありません。

なお、公共料金の支払いを楽天カード支払いに切り替えることでダイヤモンド会員というランクにもなることが出来るでしょう。
ダイヤモンド会員ですと、ポイント還元率も高くなりますしキャンペーンの内容なども充実するためぜひ格安SIMの支払いだけでなく公共料金の支払いにも楽天カードをお役立てくださいね。

上記に挙げた格安SIMのうち楽天モバイルはもちろんポイントが貯まりますが、他の格安SIMでも楽天ポイントは貯まっていきます。

「毎月格安SIMの支払いをする」という行為が楽天カードを使うことで「ポイント還元が受けられる」という付加価値を生み出してくれるのです。

もちろん、ポイントは普段のショッピングなどでもポイントが加算されるようになっておりますのでぜひ買い物をするときなどに楽天カードを有効に活用してくださいね。

審査対策

suzuki_8-2

上記でも説明しましたように格安SIMの料金支払いを楽天カードでしていただければ、お得に利用していけます。

ですが、楽天カードの審査が不安で楽天カードへの申し込みを躊躇なさっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

やはりクレジットカードの審査となると不安を感じてしまうという方は多いかもしれません。
ですが、ご安心ください、楽天カードは幅広い属性の方が審査通過できているクレジットカードとなっております。
きちんと審査対策が出来ているのでしたら楽天カードの審査に通過できるようになりますのでまずは審査対策を進めてみてはいかがでしょうか。

さて、楽天カードに限らず、クレジットカード審査では申込者に、きちんと収入があるかという点が確かめられております。
利用者に収入が無ければ楽天カードを使って買い物をしたお金を支払ってもらうことができないため審査時には慎重に利用者の収入などの確認がされております。

つまり、楽天カードの審査では利用者の収入状況が確認されているため審査対策をするということは収入状況を見直す必要があるのです。

収入が審査で問われているなんていわれると、自分の収入で審査に通過できるか不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、その点に関してはあまり心配しすぎる必要はないといえます。

楽天カードの審査が甘いというわけではありませんが毎月の収入を安定させている方でしたらアルバイトやパート、派遣社員でも楽天カードの審査に通過できています。
楽天としても皆様が毎月収入を得ているなら別に正社員以外の仕事であっても格安SIMの利用料金などを支払ってくれると判断できるため審査通過をみとめてくれるのです。

そのため、正社員じゃないからといって特に楽天カード審査に通過できないという理由にはなりません。
収入を安定させるためにアルバイトのシフトなどを調整するなど対策をとっていただければ審査通過は十分見込めます。
楽天カードの審査対策としてはきちんと収入の安定性を保っていれば大丈夫ですので収入状況を安定させることに努めてください。

あと審査対策としてあげられるのは書類の提出をきちんと行う事があげられるでしょう。
近年ではクレジットカード申し込みもインターネット申し込みが主流となり店舗などに行かなくても申し込めるようになりました。

そのため、審査のほとんどは書類審査で行われるため、書類の提出がきちんと出来ていないと審査において著しく不利になってしまうのです。

書類の提出といっても指定された書類をインターネット上に画像をアップロードするなどして提出するだけですので特に時間も手間もかかりません。
書類提出がきちんと出来ていなければ楽天カードの審査において不利になるためきちんと指定されている書類については提出する準備などを行ってくださいね。

また、当然のことながら、書類の内容についてもしっかりと正確な情報を記入することを意識して書類を作成してくださいね。
書類の内容がいい加減だったり虚偽の内容が記されていたりしても楽天は必ず見破ります(そのための審査です)。

収入が安定していて、書類提出がきちんと出来ていれば特に問題はないので自信を持って楽天カードに申し込みましょう。

楽天カードでSIMを利用する

さて、上記のように楽天カードを作っていただければ格安SIMの支払いなどを楽天カードで行っていくことが可能となります。

BIG LOBE、UQ mobile、mineo、楽天モバイルはいずれも楽天カードで格安SIMの料金を支払っていくことが可能です。
それぞれの格安SIMの申し込み時に楽天カードの情報を登録してしまえばあとは特に何もしなくても毎月SIM料金を支払うことになりますので、簡単です。

楽天カードで格安SIMを利用していけば通信料金などがお得になるためぜひ楽天カードを作って格安SIM利用時にお役立てくださいね。

クレジットカードが作れない方へ

当記事を閲覧なさっている方の中には事情があってクレジットカードが作れない方もいらっしゃるかと思われます。
冒頭で説明しましたように、クレジットカード不要でも格安SIMを利用することができますのでそういった方法で格安SIMを利用していけばよろしいのではないでしょうか。

下記にそれぞれの事情に合わせてクレジットカードが作れない方がどうやって格安SIMを利用していけばいいか解説しますので、ぜひご参考にして格安SIMの利用にお役立てください。

未成年の場合

未成年ですと、一部のクレジットカードでは年齢制限に引っかかってしまうため申し込むことができません。
ですが、楽天カードでしたら18歳以上から申し込みを受け付けているため未成年の方でも18歳以上でしたら申し込みが可能となっております。

ただ、18歳未満ですとクレジットカードが作成できるところはまずないためクレジットカード支払い以外の方法で格安SIMの料金を支払う必要があるでしょう。

楽天の場合、16歳以上の方でしたらデビッドカードを作成できるようになります。
デビッドカードは後払いのクレジットカードと異なり買い物や料金支払いをした瞬間に銀行口座から金額が引き落とされるという口座引き落としとクレジット機能を混ぜたようなサービスをしているサービスです。

デビッドカードの場合、楽天銀行に口座をお持ちの方でしたらクレジットカードとは異なり審査なしで作成することができるためすぐに準備していただけるでしょう。
16歳以上の方はデビッドカードを準備していただければアルバイトなどの収入で格安SIMの支払いを自分自身で行えるでしょう。

デビッドカードも作れないとなりますと格安SIMのうち「家族プラン」があるSIMカードを作る必要があるでしょう。

家族プランがあるSIMカードとしてはTSUTAYAの格安SIMである「TONE」の利用がお勧めとなっております。

「TONE」はファミリープランが優秀ですのでまだクレジットカードを作れない年齢ですとTONEのようなファミリープランが充実している格安SIMを利用することをお勧めします。
TONEは親子割キャンペーンなども行っているためまだクレジットカードを作るれない家族がいる場合でもお得に格安SIMを利用することが可能となっております。

クレジットカード・デビッドカードを持てないという方はぜひTONEのファミリープランで格安SIMを入手してみてはいかがでしょうか。
TONEのファミリープランでしたらご両親の名義でも申し込みが可能となりますため本人がクレジットカードを持ってなくても格安SIMを利用できます。

他のMVNOの格安SIMになりますとBIGLOBEがシェアSIMというサービスを行っているため、未成年の人々も家族間でシェアすることができるでしょう。
BIG LOBEのシェアSIMは12GBのデータ量を家族などで分けて利用していくというサービスですので本人名義のクレジットカードを持っていない方も格安SIMを利用していくことが可能です。

クレジットカードを作ることが出来ない未成年の方々はご両親など家族と一緒に利用していけるようなシステムもSIMを利用していけば、格安SIMをご利用いただけます。

あとは上記でも紹介したプリペイド型の格安SIMを利用するという方法が考えられるでしょう。
ただ、プリペイド型ですと毎月のようにお金を支払う必要があるため時間や手間がかかってしまいますので出来れば家族間でシェアできるような格安SIMを利用することをお勧めします。

審査に通過できない

審査に通過できずにクレジットカードを作れないということでしたら、やはり審査対策をしておかなければならないでしょう。
重要なのは審査に通過するだけの収入の安定性を保つことと書類の提出を万全に行うという点にあるというのは、上記で説明した通りです。
そのため、審査に通過できなかったという方は改めて、そういった対策が出来ていたかという点を確かめてみてはいかがでしょうか。

楽天カードは自営業などといった職業の方も作成することは可能ですが、収入の安定性は保っておかなければなりません。
そういった際には副業でアルバイトなどをして収入の安定性を保つとよろしいでしょう。
副収入があると審査において有利になりますので収入の安定性に自信が持てないのでしたら審査対策のためにも副業を始めるなどしてみてはいかがでしょうか。

ただ、審査に落ちた直後に楽天カードに再申し込みをしても結果が変わらないことも考えられます。
そのため、すぐに再申し込みをするのではなく少し体制を整え直してから再申し込みすることをお勧めします。

格安SIMの中でもBIG LOBEでしたら現金引き落としの形で支払うことが可能ですから、再審査を申し込むまではBIG LOBEを利用して格安SIMを使ってみてはいかがでしょうか。
BIG LOBEを利用しつつ、収入の安定性を確立するといった対策をするのです。
そうすれば格安SIMを使いつつ楽天カードの審査通過も見込めるようになるでしょう。

BIG LOBEは引き落としによる支払ですと手数料が200円かかってしまいます。
そのため、楽天カードが出来たらすぐにカード支払いに切り替えることをお勧めします。

審査に通過できなかった方もそうやって時間をとって審査対策していただければ再審査に通過できる見込みがありますので次こそは審査に通過して楽天カードを使いましょう。

その他

過去にクレジットカードの支払いを何度も延滞させてしまったとという方の場合クレジットカードが利用できないかもしれません。
そういった状態にある方は信用情報機関にブラックの情報が残っているため、しばらくはクレジット審査に通過できません。

そのため、格安SIMを使うとしたらやはり現金引き落としサービスがあるBIG LOBEを使うか、家族とシェアして使っていくしかありません。
クレジットのブラック情報は5年経たないと履歴が消えないため長期にわたってクレジット支払いができないなど何かと問題になりがちです。

クレジット支払いをしないで格安SIMを使う方法はありますが、それでもやはりクレジットカードによる支払いが最も便利なため、クレジットカードを作って格安SIMを使っていただきたいところです。

そのためにも、クレジット支払いをするうえでトラブルなどを起こさずに利用していくことを強くお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA