格安SIMを複数枚利用できるシェアプランを比較!

格安SIMには複数枚を貸し出してくれるシェアプランを提供しているものもあります。
データ容量を家族などで共有するという使い方ができるため、格安SIMを便利に利用していけるでしょう。

当記事では複数枚を使える格安SIMについて比較しましたのでぜひご参考にしてくださいね。

複数枚を使える格安SIMを比較しました!

さて、こちらでは複数枚のSIMカードを提供してくれる格安SIMについて比較しました。
家族などで共有していきたいとお考えの方はぜひ下記の解説をご参考にしてくださいね。

mineo

mineo2

docomoプラン シングルタイプ500MB 700円
auプラン シングルタイプ500MB 700円

docomoプラン シングルタイプ1GB 800円
auプラン シングルタイプ1GB 800円

docomoプラン シングルタイプ3GB 900円
auプラン シングルタイプ3GB 900円

docomoプラン シングルタイプ5GB 1,580円
auプラン シングルタイプ5GB 1,580円

docomoプラン シングルタイプ10GB 2,520円
auプラン シングルタイプ10GB 2,520円

(音声通話機能付きのデュアルタイプは各料金+700円)

mineoはdocomo・auどちらのプランもあるというMVNOのため、格安SIMをあらゆるスマホで利用していくことができるMVNOとなっております。

そしてmineoは複数枚のSIMを提供してくれるMVNOでもあるため家族間でシェアして利用していくことに向いております。

パケットシェアというサービスもあり1ヶ月間で余ったデータ容量があると翌月に家族間でシェアできるという機能もあります(最大で5回線)。

また、複数の回線があると「複数回線割」という割引が適用されて月額料金が50円引きになるというサービスもあります。

また、家族割という家族で利用すると月額料金が50円引きされるというサービスもあるためmineoは家族で利用していくことに適したSIMとなっております。
なお、家族割は住所が同一でなくても大丈夫なので離れて暮らす家族でも適用することができるため家族でお得に利用できる格安SIMとなっております。

以上のように、複数枚を使える格安SIMの中でも特にサービスや割引などが優秀な格安SIMです。
もちろん、通信速度や月額料金が安いなど基本的なサービスについても優秀な格安SIMのためぜひmineoを利用していただければと思います。

BIGLOBE SIM

big-lobe-01

BIGLOBE SIMは高容量のデータ通信量のプランにおいてメリットが多い格安SIMです。
ライトSプラン(6GB)ですとSIMカードが最大3枚まで提供されますし12ギガプランですとSIMカードが5枚まで提供されます。

データ量に関しても翌月に繰り越せるサービスがありますしオプションでデータ容量が足りなくなったときにデータ容量を補充できるサービスもあります。

データ容量が多めのプランですと複数枚のSIMカードを提供してもらうと家族で快適にスマホを利用していけますので利便性が高い格安SIMといえるでしょう。

また、BIGLOBE SIMは無料キャンペーンなどもありお得に利用していけるSIMなのでぜひご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

IIJmio

iijmio1

ファミリーシェアプラン10GB 2,560円(SIM枚数最大10枚まで)

(音声通話機能付きだと+700円)

IIJmioは通信速度が高速なことで有名な格安SIMとなっております。
しかも、SIMカードが最大で10枚まで利用可能な「ファミリーシェアプラン」がありますので家族で共有して利用するのに適しているでしょう。

ファミリーシェアプランは月額料金が2,560円、音声通話機能付きでも3,260円と安くなっているため安い月額料金で快適に格安SIMが利用出来ることでしょう。

ファミリーシェアプランとなっていますがスマホやタブレットなどを複数利用している方が複数の端末を使って通信していきたいと考えているユーザーの方にもオススメですのでぜひそういった利用も検討してみてはいかがでしょうか。

DMM mobile

dmm

データSIM8GBプラン 1,980円 (SIM枚数最大3枚まで)
データSIM10GBプラン 2,190円 (SIM枚数最大3枚まで)
データSIM15GBプラン 3,600円 (SIM枚数最大3枚まで)
データSIM20GBプラン 4,980円 (SIM枚数最大3枚まで)

DMM mobileは多数のプランがあり幅広い利用用途に併せて利用できるという点で便利に利用していける格安SIMです。
月額料金も安くなっており快適にスマホが利用できるという点で優れております。

8GB、10GB、15GB、20GBのプランで複数枚(3枚)のSIMカードを提供してくれるためデータ容量を分け合うことが可能です。

他の格安SIMに比べてデータ容量プランの幅が広いため共有する人数が多くても対応しやすい格安SIMといえますので、多人数で共有していける格安SIMとして利便性は高いことでしょう。
スマホの通信量が多い場合でも便利に利用していけますのでぜひDMM mobileの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

OCN モバイル ONE

ocnmobile-01

1日110MBコース 900円 (SIM数最大5枚まで)
1日170MBコース 1,380円 (SIM数最大5枚まで)
1ヶ月3GBコース 1,100円 (SIM数最大5枚まで)
1ヶ月5GBコース 1,450円 (SIM数最大5枚まで)
1ヶ月10GBコース 1,800円 (SIM数最大5枚まで)

格安SIMの中でもトップレベルのシェア率を誇っているのがOCN モバイル ONEです。
その高いシェア率に恥じることのないサービス内容となっているため、便利に利用していくことが可能です。

オプションで複数枚のSIMカードが使えますので複数人で利用していくことにも適しているといえるでしょう。
SIMカード追加の他に容量追加といったオプションもあり今後も利用者が増加すると予想されている格安SIMです。

複数枚のSIMをもらえれば、家族で共有して使えるため、家族にスマホを利用する方がいらっしゃるのでしたらぜひOCN モバイル ONEの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

BB.exciteモバイルLTE

bb

0MBコース 1,100円 (SIM数最大3枚まで)
1GBコース 1,280円 (SIM数最大3枚まで)
2GBコース 1,520円 (SIM数最大3枚まで)
4GBコース 1,980円 (SIM数最大3枚まで)

ポータルサイトとして有名なエキサイトの格安SIMなのがBB.exciteモバイルLTEとなります。
月額料金も安く、利用していきやすい格安SIMなので
便利に利用していけることでしょう。

BB.exciteモバイルLTEは小容量のプランでも3枚までのSIMカードを提供してくれます。
そのため、スマホをあまり使わないという場合でも家族間でデータ共有が出来やすいため利便性の高い格安SIMとなっているのです。

BB.exciteモバイルLTEはデータ通信量の繰り越しも可能ですし高速通信のオンオフを切り替えられるというメリットもあるため、便利に利用していけるでしょう。
複数のSIMカードを使いたいという方はぜひBB.exciteモバイルLTEの利用も検討してみてください。

hi-ho LTE typeD

hiho

アソートプラン(3GB) 1,409円 (SIM枚数最大3枚まで)
ファミリーシェア(10GB) 2,838円 (SIM数最大3枚まで)

hi-ho LTE typeDはIIJグループの株式会社ハイホーが提供する格安SIMです。
特徴的なのは1年間の料金をまとめて支払うプランなどが用意されていたりSIM3枚のプランが用意されているという点でIIJとの差別化を図っております。

プランの種類はアソート(3GB 月額1,409円)、ファミリーシェア(10GB 月額2,838円)の2種類しか無いのですがSIMカードが最大で3枚まで提供してもらえます。
そのため、3人までデータ量を共有していけるため便利に利用していけるでしょう。

複数のSIMカードが貰える格安SIMの中でも月額料金が安いためお得に利用していけるというメリットがありますのでぜひhi-ho LTE typeDの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

Tikimo SIM

tikimo

シェアプラン3GB 1,680円 (SIM枚数最大3枚まで)
シェアプラン5GB 1,990円 (SIM枚数最大3枚まで)
シェアプラン7GB 2,250円 (SIM枚数最大3枚まで)
シェアプラン10GB 2,560円 (SIM枚数最大3枚まで)
シェアプラン15GB 3,980円 (SIM枚数最大3枚まで)
シェアプラン30GB 6,980円 (SIM枚数最大3枚まで)
シェアプラン50GB 11,600円 (SIM枚数最大3枚まで)

Tikimo SIMは上記で紹介してきた格安SIMと比較すると知名度は低いといえるでしょう。
特徴としては50GBプランと高容量なプランもあるという点にあります。

ただ、SIM枚数は最大3枚までしか貰えないためせっかくの高容量の通信データも共有しにくいといえるでしょう。
3~10GBのプランでも他の格安SIMの方が月額料金が安めなためTikimo SIMの利用はあまりお勧めできません。

ただ、Tikiの光回線とのコラボとセットで利用すれば月額料金が200円割引となり
お得になることもありますのでTikiの光プランも利用しているということでしたら利用を検討してみてもいいかもしれません。

複数枚を使える格安SIMで節約しましょう!

格安SIMを提供している会社の中には2枚、3枚と複数枚のSIMを提供してくれる会社もあるのです。
複数枚のSIMを使うことのメリットはずばり言いますと通信料金を節約することが出来る点にあります。

例としてmineoを挙げてみましょう。
上記でも紹介しましたように、mineoは5枚までのSIMカードを受け取れます。
つまり、5人でSIMカードを1枚ずつ持つことが可能です。

例えば、mineoのドコモシングルタイプを1GB分使いたいとします。
通常ですとドコモシングルタイプの1GBは月額料金が800円となるのですが家族5人がこのドコモシングルタイプ1GBを使えば、月額料金が4,000円かかります。

一方ドコモシングルタイプの5GBプランの月額料金は1,580円となります。
この5GB分の通信量を5人で分ければ一人1GBが316円で使える事になるのです。

このように、一つのプランを他の人と共有して利用していける格安SIMを利用していただければ家族全員分の通信量を大幅に節約できます。

仮に現時点で5人家族が全員キャリアのSIMを利用しているということでしたら1人が7,000円~12,000円程度の利用料金となっております。
そうなりますと、1ヶ月の5人分の利用料金は35,000円~60,000円程度ということになります。
これをmineoに乗り換えてしまえば10GBプランでも2,520円になるのですから数万円もお得になります。

また、複数枚のSIMカードを使うことには他にもメリットがあります。
家族全員が1GBぴったり使うというわけではないでしょう。
人によっては500MBくらいしか使わない人によっては1GB以上の通信量を使うという方もいらっしゃるかと思われます。
家族で高容量のデータ通信量を共有していれば分け合うことができるため柔軟な利用がしやすいのです。

以上で説明しましたように複数枚を使えるSIM、シェアプランがある格安SIMはとても便利に利用できるためぜひお申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA