MVNO(格安SIM)のSo-netモバイルLTEの評判・スペックを解説!メリット・デメリットも併せて

大手のインターネット接続業者である「So-net」の格安SIMは、大手キャリア並の豊富なプラン と、インターネット接続業者ならではのセキュリティが魅力と言われています。
自分に合ったプランを選択することで、スマホ料金を更に節約することが可能となります。
So-netモバイルLTEでは、電話またはオンラインで申込を行うと、お届けまで最短2日でお手元に到着します。
豊富なプランでセキュリティが標準装備されて、しかも最新端末にも対応しており、多彩なキャンペーンを活用すると更に驚くほど安価でスマートフォンを持つことが出来ます。
月額割引やキャッシュバックキャンペーンなど、様々なキャンペーンがあるのも魅力的な要素の一つであると言えるでしょう。

So-netモバイルLTEの概要

So-netモバイルLTEの格安スマホの魅力は、何と言ってもその安さが挙げられます。
一般的な携帯電話会社と比較しますと、約半分程度の料金でスマホを使用する事が可能です。その上、スマホセットであれば月額の総量制限がありません。
スマホの料金を安く抑えたい方だけではなく、音楽や動画をたっぷり楽しみたい方にも適した格安SIMと言えるでしょう。
大手キャリアですとプランによっては総量制限がありますし、その上月額料金は2倍以上掛かってしまいます。
お得にスマホを持ちたい方は、大手キャリアではなくSo-netの格安スマホをお勧めします。

So-netモバイルLTE評判と口コミ

ユーザー数がそこまで多く存在しませんので、おおまかに口コミを繋げてまとめてご紹介します。
決して悪いSIMではありませんし、ピタリと当てはまる方がいればそれは使用勝手の良い格安SIMになります。
1ヶ月あたり最低2,480円掛かってしまうので、DMMのように爆安という訳ではありません。しかし普通の3キャリアから選ぶよりも圧倒的に安くなります。
So-net モバイル LTE スマホセット2480を使うのがお勧めなのは、細かい料金体系を理解するのが難しいですが、とりあえず手軽にすぐにでもスマホを持ちたいと考えている方です。
スマホに求めるのは、時々の電話ができる事と各種メールができる事が求められています。
メールも現代ではLINEもありますし、GmailやYahoo!mailで充分成り立ってしまいますから、アプリなど課金物を使用しなければかなり安くなります。
ここまでの条件に当てはまる方はSo-netモバイルLTEで上手に使用できると思いますよ。通話料などもアプリなどを使用すればいくらでも安くできます。

So-netモバイルLTEメリット/デメリット

So-netモバイルLTEのメリット
■大手メーカーが運営している
■So-net会員であればスマホセットプランが200円お得
■速度制限方式が理解しやすく使用しやすい
■プリペイドSIMがある

 

まず第一に大手電機機器メーカーSONY系列のMVNOという事で、ブランドに対する安心感が得られる事は間違いないでしょう。
親会社の信頼度がそこまで無いMVNOの場合、プラン内容や料金体系に関わらず思い切った契約が出来かねますが、So-netモバイルLTEではそういった心配はありません。
一部スマホセットプランを除いてSo-netの月額サービスを利用されている方であれば月々200円お得に契約をする事ができるのです。
月間の最大使用量を超えるというのは他のMVNOと同じ条件ですが、メインの制限リセット条件として日毎もしくは3日毎で行っているのが特徴です。
日毎のリセット条件の場合、通信速度が回復するまで最長24時間と考える事ができます。
リセット間隔が短いほど使い勝手も向上しますし、プリペイド型のSIMカードの提供も行っているのもメリットと言えるでしょう。プリペイドSIMの利点は、SIMカードデビュー前のお試しに最適という事です。
しかし万が一、本契約をしてもうまく使用できなかった場合はとても残念な結果になってしまいます。
プリペイドSIMであればたとえ失敗しても3,000円前後で済みますので、本契約前のチェック用にお勧めできると言えますね。
またこれに関しては、お子様用に一定金額・一定期間でSIMを管理したいという保護者の方にも大変お勧めできるものとなっています。

So-netモバイルLTEのデメリット
■端末セットプランでは機種が固定されている
■標準条件と思われるものがプランによって様々に異なる
■最低利用期間が長めである

 

さて、ここからはまずデメリットの部類に入りますが、まず端末セットプランは機種が固定されている点が挙げられます。
これはセットプランの契約をした場合、自分の好きな端末を選べないというところです。
あるプランに特定の端末が選べるタイプの契約ではなく、価格帯により端末が異なるというタイプの契約がメインのMVNOとなっているのです。
もちろんスマートフォン無しの格安SIMカード単品のプランも用意されていますが、スマホとセットのSIMプランを選ぶ時には注意が必要となってきます。

次に条件が料金・データ容量以外にも異なる点が多いというところがデメリットでしょう。
例えば多くのMVNOで一番大きく異なる点は「使えるデータ容量」となっていますが、月額料金が高いほど使用可能のデータ容量が多くなるという単純な関係を念頭に置いてさえいれば、あとはユーザーの使い方次第でプランを選択すれば良いという感じでした。
しかしSo-netモバイルLTEでは月額料金・データ容量以外にも様々な条件がプラン毎に変わってくるのです。注意しなければいけない点としては次のような項目が挙げられます。

・違約金の設定金額がプラン毎に違う
・直近のデータ使用量による速度制限条件がプラン毎に違う(データ量・日数・通信速度・リセットされるタイミング)
・付加価値の有無(セキュリティサービス等)がプランで異なる

このプランは○○が付いて▲▲が付いていないが、このプランになると▲▲は付いていて○○と★★がサービス内から外されている…という具合です。
ユーザー主観であれば「付けたり外したりせずに全部基本の中に入れてよ」という感じでしょうね。
尚、12ヶ月の最低利用期間はMVNO業界の中では少し長めの部類に入ります。
音声通話のSIMプランを選ぶ際には長期的な計画を見据えた上での契約を行う事をお勧めしたいですね。

So-netモバイルLTE通信速度

現在So-net会員の場合、料金的には悪くは無く逆に魅力的ですが、実際に出る通信速度が不明で3日間で360MBのデータ制限があります。
格安SIMはたくさんありますが、通信速度が速い格安SIMと遅い格安SIMを比較した場合、速度差が10倍以上出てきたりします。
遅い格安SIMの場合、ネットなども快適に使用する事ができない通信速度になっています。

So-netモバイルLTEの「スマホセット2480」の実際に出る通信速度ですが、具体的な巣地は出ておりませんがそこまで悪くはないようですね。
遅いのか普通なのか速いのか、場所や時間や時期にもよりけりですが、さほど心配するような事は無いようです。
しかしSo-net系の格安SIMの通信速度は周りと比べると見劣りする噂もチラホラ出ておりますので、傾向としては「遅いのかな?」と予測して使用して頂ければ、想定内の速度で使用できるものと思われます。
特にSo-netモバイルLTEスマホセット2480の場合、30ヶ月以内で解約すると割高になりますので、長期間契約の意味をしっかりとご理解ください。
速度でストレスを感じやすい方は、簡単には解約できない事を念頭において契約、使用する事をお勧めします。

So-netモバイルLTE格安SIM料金プラン

So-netモバイルLTEのプランは直近では一つしか存在しません。
しかもSIM単体を販売しておらず、スマホセット料金となっています。
しかし抜群の安さを誇っていますし、前述しているようにバックボーンはSONYの為、品質・性能は間違いないものと思われます。
大手キャリアで考えますと最低5,000円は掛かってしまうのに対してSo-netは半額の2,480円でスマホが持てます。かなりのお得と言えるでしょう。

・So-netモバイルLET スマホセット2480
月額利用料金 1,890円
端末料金 590円  合計2,480円(税別)

スマホセット2480お利用した場合の通話料は30秒/20円掛かります。
更に安くしたいのであれば通話料節約のアプリを使用した方が良いですね。
ネットは月に1.5Gまでで通信速度制限がかかります。スマホで仕事を完結するですとか、YouTubeなどで動画をかなり観てしまうとか、そういうのが無ければ充分足りる範囲です。
LINE・Twitter・Facebookでのやり取りで使用する分であれば充分でしょう。

相手先の電話番号だけでメッセージが送れるSMSも使用できます。SMSを使う場合は1通3円かかります。
これであればSMSよりもLINEを使用した方がいいかもしれませんね。その他にかかる費用は、初期費用で登録事務手数料3,000円とユニバーサルサービス料で毎月3円になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA