ソフトバンクから格安SIMへの乗り換え方や手順を解説!

ソフトバンクSIMから格安SIMへ

ソフトバンクはここ数年でドコモ(docomo)、auに並ぶ携帯会社となってきました。
テレビCMなども有名で、名前をご存知ないという方はおそらく、いらっしゃらないのではないでしょうか。

そのため、ソフトバンクのSIM及びスマホをご利用になっている方も多いのでしょう。
ただ、実を言うと、多くの方にとってソフトバンクのSIMは最適というわけではないのです。

むしろソフトバンクのSIMより安い格安SIMなどの方が適しているといったことが多くなってきておりますので格安SIMの利用を一度検討してみることをお勧めします。

ソフトバンクのSIMを使っていれば毎月7,000円~12,000円程度の月額料金を支払うことになるかと思われます。
ですが、格安SIMでしたら毎月2,000円~3,000円程度でソフトバンクのSIMのスペックと然程変わらないスペックになっており快適にスマホをご利用いただけるかと思われます。

softbank-01

ソフトバンクのSIMを利用している方の中には「なんとなく有名だから」という理由で利用している方が多いのではないでしょうか。
まだまだ「SIM」に関する知識を持たない方も多く、理由もなくソフトバンクのSIMを利用している方が大半なのだと思われます。

ですが、先ほども述べましたように、毎月2,000円~3,000円程度であってもソフトバンクのSIMスペックに匹敵するSIMはたくさんあるのです。

その格安SIMに関する知識がないという方からすればSIMのことを理解していくのはハードルが高いことかもしれません。

そういったSIM初心者でソフトバンクを利用なさっている方に向けて、当サイトではソフトバンクから格安SIMへの乗り換えの方法を当記事にて解説させていただきます。
ぜひ当記事をご参考にして格安SIMへの乗り換えにお役立てください。

スマホの買い替えも検討してみましょう

はっきり言いますと、ソフトバンクのスマホは仕様があまりよろしくありません。
インターネット上の評判も良好とはいえずiphone以外の機種は軒並み評判が悪いです。

ソフトバンクのスマホで格安SIMを使うためにはSIMロックを解除する必要があります。
以前はそれすら出来なかったのですからある意味、改良したといえるでしょう。
しかしながら、SIMロックが解除できるようになったといってもソフトバンクスマホで格安SIMはまともに使えない状況にあります。

とにかく電波の受信が悪かったり、通信速度が極端に遅かったりとまともに使うことが不可能です。

そのため、ソフトバンクのスマホを利用していくうえでは、ソフトバンクのSIM以外では全く使い物にならないといえるでしょう。

こうなりますと、格安SIMへの乗り換えは事実上不可能といえます。
そのまま割高なソフトバンクSIMを利用していかないとならないという制限が課せられてしまうため、不便といえるでしょう。

先ほどは説明しませんでしたがキャリアのSIMと格安SIMの利用料金は月間で5,000円~10,000円程度異なります。
これは年間で考えれば6万円から12万円の差になるのです。
スペックがほとんど同じの格安SIMに変えればそのお金が丸々浮くのに、ソフトバンクのスマホを利用している状態ですと格安SIMに乗り換えることが不可能です。

こうなってきますと、ソフトバンクのスマホに、特別な思い入れがないのでしたらスマホの乗り換えも一考の価値があるといえるでしょう。

ソフトバンクのスマホを売却してそのお金で格安スマホに乗り換えることも検討してみてはいかがでしょうか。

格安SIMと同じく、格安スマホも近年ではキャリアのスマホに匹敵するスペックになってきております。

それどころか、キャリアスマホを凌ぐような格安スマホも次々とリリースされているため格安スマホへの乗り換えもぜひ検討すべきです。

格安スマホも近年ではカメラ機能の発達が目覚ましく、バッテリー機能などもキャリアスマホより優秀になっております。

何より、きちんと格安SIMとあわせて乗り換え先を選んでいただければ、お得に快適にご利用いただけます。

また、ドコモ(docomo)やau回線の方が格安SIMを利用していくうえでは便利です。
残念ながら、格安スマホを利用していくうえでソフトバンクのスマホを使い続けるのにはメリットが全くありません。

そのため、ソフトバンクのスマホに対して特に思い入れがないのでしたら、思い切って格安スマホへの乗り換えも一緒に検討してみてくださいね。

乗り換え先の格安SIM・スマホを選ぶ

上記で説明しましたように、ソフトバンクのSIM・スマホは優秀とは言い難いサービスとなります。
そのため、ぜひ乗り換えをすることを検討してみてください。
格安SIMへの乗り換えはMNPといって現時点で使っている携帯番号そのままで乗り換えが可能となっております。

そのため、MNP・乗り換えをすることに全くデメリットはありません。
若干初期費用がかかってしまいますが月額料金を支払っているうちにすぐにお得になるでしょう。

さて、ソフトバンクのスマホから乗り換えを検討なさっているのでしたらドコモ(docomo)系かau系のスマホになるでしょう。
ドコモ(docomo)系とau系は格安SIMも優秀で乗り換え先として適しておりますので

格安スマホについては別記事にて紹介・解説を行っておりますのでこちらでは各々の格安SIMに関する解説を記載しますので、ぜひご参考にしてください。

ドコモ(docomo)系の格安SIMを選ぶ

基本的に格安SIMはドコモ(docomo)対応のSIMが多くなっております。
ほとんどのSIMがドコモ(docomo)対応であるといっても過言ではありません。

ドコモ(docomo)系の格安SIMですがオススメは多数ありますが、特にオススメなのはmineo(マイネオ)とTONEこの二つの格安SIMがオススメです。

mineo(マイネオ)はドコモ(docomo)系au系、どちらのSIMも提供しているという点で有名な格安SIMです。

特にドコモ(docomo)系の格安SIMは通信速度が早く、快適にご利用いただける格安SIMなため、便利に利用していけるでしょう。

TONEはあのTSUTAYAのMVNO事業となっており、便利に利用できる格安SIMです。
TONEは月額料金が安いこともさることながら、初期設定が簡単で、すぐに登録できますし家族プランなどサービス性に優れた格安SIMとなっており、他の格安SIMとは異なる独特な強みを持っています。

特に子供のスマホ利用に関するサービスが充実しておりますのでお子さんがスマホを利用するということでしたら皆様も一緒にTONEを利用することをおすすめします。

au系の格安SIMを選ぶ

au系の格安SIMはドコモ(docomo)系と比較すると種類はまだまだ少ないです。
利用者もドコモ(docomo)の格安SIMの方が多く、人気の点ではauの格安SIMは若干劣るといえるでしょう。

ですが、裏を返せばまだまだ利用者が少ないということは回線が空いているため、通信速度が早くなるということになりますから実は、auの格安SIMもかなりオススメなのです。

特にauの格安SIMといえば、UQ mobileとmineoの二つのSIMがオススメとなっております。

特にUQ mobileの通信速度は他の格安SIMに追随を許さない程度に早いです。
全ての格安SIMを比較しても、現時点ではトップレベルの通信速度となっております。

UQ mobileの弱点といえば余ったデータ量の繰り越しが出来ないことくらいでしたが、その弱点も2,015年11月に改善されたため、よりお得にご利用いただけるようになったのです。
格安SIMの中でもトップレベルに早いUQ mobileに乗り換えていただければよりスマホを快適にご利用いただけるでしょう。

UQ mobileがトップレベルと説明しましたがmineoも通信速度においては優秀です。
また、mineoは家族割や複数回線割といった複数人で利用するとお得になるというサービスがありますので、そういった点でお得に利用できるというメリットが大きいです。

UQ mobileもmineoも格安SIMとして優秀なサービスですので、au系のスマホに乗り換えるのでしたらぜひ格安SIMの利用を検討してみてくださいね。

格安SIMの購入と設定

さて、乗り換え先の格安SIMとしてオススメなサービスを紹介しましたので、今度は格安SIMの購入と設定に関する解説をしていきましょう。

ソフトバンクSIMからの乗り換えについて知っておきたいという方は、ぜひご参照ください。

MNP予約番号の発行


ソフトバンクSIMから格安SIMへの乗り換えする際には、ソフトバンクにMNP予約番号を発行してもらう必要があります。

MNP予約番号はソフトバンクショップか電話申し込み、インターネット申し込みと三種類の申し込み方法があります。
基本的に、格安SIMはインターネット購入がもっともオススメなのでMNP予約番号についてもインターネット申込みによる発行をしてもらうことをお勧めします。

申し込みはMy Softbankから手続きが行えますので、ぜひお申し込みください。

なお、MNP予約番号は有効期限があり、早めに乗り換え手続きを行うようにするのが賢明です。
そのため、MNP予約番号は乗り換え先のスマホ・SIMなどが決定してから申し込む事をお勧めします。

必要なものを用意する

実は格安SIMにも審査のようなMVNOによる確認作業が行われます。
そのため、しっかりと申込みに必要なものを準備してから申し込みましょう。

まず、先ほど説明したMNP番号は必須となりますので、必ず申し込んでおきましょう。

格安SIMの審査では、本人名義のクレジットカードがあるかまた、申込者が本当に本人なのかという「本人確認」がメインとなります。

そのため、クレジットカードの名義や申込者の本人確認書類などが審査で確認されますので提出はきちんと提出しましょう。
本人確認書類については画像のアップロードで提出が完了するため提出自体は簡単に行えます。

なお、クレジットカードが用意できない場合はデビッドカードでも支払いが可能なSIMをご利用いただければ問題ありません。
先ほど紹介したSIMはいずれもデビッドカードによる支払いが可能となっておりますので、ご安心ください。

格安SIMカードが届くまで

格安SIMを購入すると、届くのはおよそ3日~7日程度かかります。
その間は現時点でご利用中のスマホ携帯電話を利用することができるためご安心ください。

格安SIMカードが届くまではGmailアカウントなどの作成をしておくことをお勧めします。

電話番号はそのままで利用できるもののキャリアメールは格安SIMに乗り換えると利用できなくなってしまうためGmailアカウントなどが新たに必要になるのです。

格安SIMカードが届くまで少し時間があるのでGmailアカウントを作ってメールアドレスの変更を友人や家族などに報告するといった作業をしておくとよろしいでしょう。

格安SIMが届いたらあとは設定をすれば格安SIMの利用を始めることができます。

格安SIMカードの設定

格安SIMカードの設定ですがSIMカードが届く際に同封されている説明書などを参考にして設定をしていただければと思います。

まずは回線の切り替え手続きをするために格安SIMのコールセンターや会員ページにアクセスして回線切り替え手続きを進めましょう。

回線の切り替え手続きに関しては2時間程度の時間を要します。
その間にスマホや携帯電話でインターネットが利用できなくなりますのでその点にはご注意ください。

回線の切り替え手続きが終了後格安SIMを格安スマホに挿入して格安SIMの利用が開始となります。

ちなみに、上記でも紹介したTONEでしたら、初期設定が全て完了した状態のスマホ・格安SIMを送ってきてくれるので、何も手続きすることなくご利用いただけます。
このように、初心者でも利用が始めやすいという点で、TONEは特筆すべき強みを持つ格安SIMとなっております、ぜひご利用をご検討ください。

ちなみに、回線切り替え手続きが完了していれば、わざわざソフトバンクに解約手続きをする必要はないのでご安心ください。
回線切り替え手続きが完了していればソフトバンクにおける手続きなどは必要ありませんので、そのまま格安SIMをご利用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA