スマホの危険性を知っておこう!アプリや動画に潜む罠

スマホは危険?安全に利用するために

スマホことスマートフォンも利用者が増加してきていまして、子供や高齢者の方も利用するようになってきました。
連絡がしやすくなってコミュニケーションが取りやすくなったり安否の確認が取りやすくなったり趣味の幅が広がったりと多くのメリットがあります。

しかしながら、残念なことにスマホの利用には危険が伴うのです。
普通に利用していただければ安全に利用できるものなのですが誤った利用方法ですと危険なこともあります。

ただ、これはスマホ自体が悪いわけではありません。
基本的にスマホというのは便利なものです。
便利というだけでなく、人と人を繋ぐツールとして大いに利用していくべきものなのです。

ですが、この世には悪い人も居るのです。
犯罪行為を働く人もいれば、他人の気持ちを考えずに酷いことをする人もいます。
皆さんとそういった「悪い人」とを繋ぐツールとしてもスマホは機能してしまうのです。
個人情報が流失して犯罪目的に利用されたりスマホを介したいじめ問題があったり有害アプリやサイトなどで犯罪があったりと「悪い人」による危険があるのです。

また、スマホは楽しく使えるものでもありますがそのためにスマホを使うことに依存してしまったり日常生活に悪影響を及ぼすまで使ってしまったりすることも少なからずあります。
歩きスマホやスマホ依存症になってしまうなど犯罪とはまた異なった危険も潜んでいるのです。

ただ、勘違いしないでいただきたいのですがスマホの危険は「スマホを使う人」からもたらされるものです。
スマホ自体は便利に人とつながれるものというのは上記で述べた通りです。

正しい使い方をしていればスマホは安全に利用できます。
そのためにはスマホに関する危険に関する知識を身につけておく必要があります。
そこで当記事ではスマホに伴う危険について解説をまとめましたのでぜひご参考にしてください。

個人情報が流失してしまう?


スマホというのは個人情報がぎっしりと詰まっている機械なので個人情報の流失が怖いところです。
もちろん、普通に使っていれば安全なのですが大手企業でも悪意を持った人に乗っ取られて個人情報を流失させてしまうようなケースもあります。

また、スマホにはGPS機能などもついています。
GPS(グローバル・ポジショニング・システム)とは人工衛星を利用した位置情報に関するサービスです。
スマホには便利な地図アプリなどもありますのでGPS機能を使うとより便利に利用できるのですが常に自分の位置に関する情報が知られてしまうという危険性も内包しているのです。
GPS機能はいつでもオフにできるので、こまめに確認することをお勧めします。

また、スマホででクレジット決済をする方もいらっしゃるかもしれませんがクレジットカードの番号を登録していると不正請求などをされるなんて危険もありますので、ご注意ください。

位置情報やクレジットカードの情報などは他人に知られてしまえば困るなんてこともあるでしょう。
普通に利用している分には別に危険なことなどありませんが、個人情報の取り扱いには気をつけて使っていきたいところですね。

スマホいじめ


これは特に子供(中高生)の間で見られるスマホ問題です。
ただ、近年では「ママ友いじめ」なんてものもあります。
職場などでもいじめなどもあったりします。
人が集まれば力を合わせて様々なこともできる反面いじめなど負の感情がもたらす悪影響もあるのです。

スマホは人と人を繋げるツールでもありますがその繋がりは良好な繋がりばかりではありません。
いじめといった問題が発生する危険性も内包しているのです。

特に無料通話アプリのLINEによるいじめ問題などがよくみられます。
LINEはコミュニケーションツールの中でも特に便利なアプリなのですがその便利さゆえにいじめなどにも使われることがあるのです。
中には自殺事件にまで発展してしまうなど深刻なケースもみられます。

ただ、このいじめ問題はスマホが原因で発生しているわけではありません。
スマホを使っている「人」が引き起こしている問題なのでスマホの利用から引き起こされているわけではありません。

いじめ問題を解決するためにはまず、いじめの被害者を守る環境が必要です。
お子さんがいじめ被害にあっていることを知った際にはいじめの内容などを把握して学校などに相談するなどといったことから始めましょう。
また、お子さんの心のケアすることを最優先にしてください。

LINEによるいじめでしたら、その会話履歴などはいじめの内情を把握するのに役立ちますので履歴なども確保しておくことをお勧めします。

今更スマホがこの世から消えるわけではありませんしスマホがいじめを引き起こしているわけでもありません。
いじめを引き起こしているのは「人」です。
たまに勘違いしている人が「スマホが子供に悪影響を与えている」なんてことを言っていますが的外れといえますのでそういった妄言には耳を傾けずに現実的なアプローチでいじめ問題を解決しましょう。

有害アプリ・サイト


これはガラケー・パソコン時代からある問題であってスマホ特有の問題というわけではありません。
ですが、スマホですと特に有害アプリなどによる問題が特徴的といえるでしょう。

一時期、話題になった有害アプリで「the movieアプリ」というアプリがありました。
「(有名アプリ)the movie」という名前にしてあたかも有名アプリの動画なのかと思わせるような有害アプリです。
ダウンロードしてしまうとスマートフォンの電話番号や自分が登録している他の人の個人情報などが有害アプリを公開している攻撃者に対して送信されるというアプリでした。

一見するとまともなアプリのように見えて個人情報流失につながってしまうという悪質な有害アプリの代表例とも言えるのがthe movieアプリです。

もう一つ代表的な有害アプリ・サイトといえばいわゆる「出会い系」でしょうか。
真っ当に運営している出会い系アプリ・サイトもあるのですから有害アプリと一括りにしてしまうのは間違っているのかもしれませんが様々な問題を誘因になることがあるのです。

特に未成年が出会い系アプリ・サイトなどを使って犯罪に巻き込まれるといったケースもみられます。
そういった犯罪にご自身のお子さんが巻き込まれるのが心配という方も多いのではないでしょうか。

スマホや格安SIMの中には子供にそういった有害アプリをダウンロードさせないように管理できるサービスがあるスマホもありますのでそういったサービスも利用してお子さんを有害アプリから守ることもできますのでぜひお試しください。

高額請求されたとき


高額請求もガラケーやパソコンの頃からある典型的ともいえる問題です。
簡単に言えば、URLをクリックしたらアダルトサイトなどが表示されて「~~日以内に50万円振り込むように」といったメッセージが送られてくるといったものです。

請求の根拠としては「URLをクリックした時点で契約が成立する」といったトンデモ理論をもとにして高額な請求をしてきますがこれは架空請求といって支払う義務は一切ないため、無視するのが一番です。

ただ、スマホの有害アプリのケースですとやや事情が複雑になってきます。
有害アプリによっては電話番号やメールアドレスなどを自動送信してしまうといったケースもあるため個人情報が相手に伝わる恐れもあります。

個人情報まで伝わっているとなると契約が成立してしまっていると思われるかもしれませんが一度のクリックだけでは契約は成立しません。
利用者の意思を確認していると判断されなければそれは契約とはみなされないのです。

そのため、高額請求があっても支払う義務はありませんが心配な時は最寄りの消費生活センターに相談してみることをお勧めします。
支払いに応じてしまった場合などは警察にも相談してみてください。

なお、高額請求には架空請求だけでなく中高生がゲーム内課金などで多額のクレジット支払いをしてしまい高額請求がくるといったケースもみられます。
中には数十万円の請求がきてしまったなんてこともありますので、注意が必要です。

スマホの設定などでゲーム内課金を止める方法があります。
こちらでは代表例としてiphoneの設定方法を記載します。

―iphoneで子供にアプリ内課金をさせない方法―

1 ホーム画面にある「設定」から「一般」の「機能制限」を選ぶ
2 機能制限を設定を選び、パスコードを入力する(パスコードは子供にバレないようにしましょう)
3 「App内での購入」をオフにする

以上の行程を行っておけばiphoneでアプリ内課金ができなくなりますのでお子さんがアプリ内で課金して高額請求がくる…
なんてこともなくなりますので、心配な方はぜひお試しください。

歩きスマホ、ながらスマホの危険性

歩きスマホは社会問題となっており全世界的にマナー違反とされている行為です。
歩きスマホをしていると周囲の人々にぶつかってしまったり事故の原因となったりと大きな問題となっております。

NTTドコモの調査によると99%の人が歩きスマホが危険ということを認識していながら7割以上の人が歩きスマホの経験があると回答しているようです。

筆者は東京都の山手線などを利用しますが駅のホームで歩きスマホをしている人をよく見かけます。

駅のホームで歩きスマホをしていると線路内に転落してしまうなんていう危険な重大事故も発生しております。

また、歩きスマホを注意することから口論になり殺人未遂事件にまで発展したなんてケースもあります。

近年では中高齢者の歩きスマホによる事故などが増加傾向にあり「若者のマナー違反」に留まらず全年齢層における問題となっているようです。

通信会社や携帯会社、鉄道会社から自治体などが啓発活動を行い、少しでも歩きスマホがなくなるようにと奮闘しております。

歩きスマホと似た言葉で「ながらスマホ」という言葉があります。
歩きスマホもながらスマホの一種といえます。
自動車の運転をしながらスマホを操作するという行為で重大な事故に発展してしまうなど深刻な問題となってきております。

歩きスマホ・ながらスマホは利用者側の責任です。
スマホが危険なのではなく、歩きながらスマホを操作する「人」が危険なのです。
歩きスマホが原因で大怪我をしたり、運転事故を起こしたりすれば多大な損害をこうむりますので危険な歩きスマホは絶対にしないようにしましょう。

背中にまきを背負って歩きながら本を読んでいる二宮金次郎像が歩きスマホを連想させるとして立像ではなく座像の二宮金次郎像を設置している小学校もあるのです。
歩きスマホがいかに社会問題になっているか伺えますね。

スマホ依存症 人体に悪影響も

依存症めいたようにスマホを四六時中話さない人のことを「スマホ依存症」なんて呼び方をすることがあります。
歩きスマホもスマホ依存症の一環のように捉えられている節があります。

スマホ依存症は歩きスマホとはまた別の危険性を持っております。
スマホの操作を長時間続けていると体のいたるところに悪影響を与えるのです。

スマホからはブルーライトが発せられているのですがこれは目にかなり悪影響を及ぼします。
ブルーライトはピントがぶれやすくなるのでピントを合わせようと必要以上に筋肉が緊張してしまい眼睛疲労などになりやすくなってしまいます。
酷いケースになると失明に至る目の病気になりかねないので、スマホに依存するのは危険です。

また、スマホ依存は首の骨に悪影響を与えます。
首の骨が変形してしまう「ストレートネック」という症状の人も見受けられます。
症状は頭痛、肩こりから吐き気や目眩、腕のしびれなど日常生活に多大なる悪影響を与える症状が目白押しです。

以上のように、人体にも悪影響を与えることもあってスマホ依存はかなり危険です。
自覚がある方は、一度自分のスマホ利用を見直してみてはいかがでしょうか。

安全に利用できるスマホ・格安SIM

上記ではスマホの危険について解説してきました。
繰り返し述べてきたと思いますが普通に使っていれば基本的には安全にスマホは利用できます。
ですが、お子さんや高齢者など、スマホの利用に不慣れな方にとっては心配事も多くあることでしょう。
そういった方には安全に利用できるスマホ・格安SIMの方が安心して利用することができるためお勧めです。

MVNO事業を行っている中でもTSUTAYAのTONEは安全に利用できる格安スマホ・SIMとしてお勧めです。
TONEには「TONEファミリー」というプランがありスマホに不慣れな子供や高齢者のスマホを管理できるサービスが優秀となっております。

例えば、アプリのインストール・購入を防止する機能などがついております。
そのため、誤って有害アプリをインストールしたりアプリ内で課金をして高額請求をされるなんてことはありません。

また、利用時間帯の制限なども行なえますのでお子さんがスマホ依存症になるなんてことも防止できるのです。
加えて、歩きスマホの警告なども発することができ歩きながらTONEの操作をすると設定したメールアドレスに通知が送られるなどお子さんの危険なスマホの使い方を防止できます。

TONEは安全に利用できるだけでなく家族間のコミュニケーションツールとしても利用できます。
メールを送るまでもない用事でも「エアノック機能」という方法で、スマホを叩いた数が相手に伝わるなんていうおもしろいサービスもあります。
離れて暮らす高齢者のご両親にTONEのスマホをプレゼントしてあげてもよろしいでしょう。

以上のように、スマホを安全に利用できるという点でTONEのスマホは安全にご利用いただけますので、スマホの危険性を回避したいという方は、ぜひご利用を検討してみてください。

スマホリテラシーを高めましょう!

スマホリテラシーとはスマホに関する正しい知識や情報を持っていて適切にスマホを扱うことができる能力のことです。

上記で挙げたスマホに関する危険はスマホリテラシーをきちんと持った方でしたらどれも容易に回避できる危険です。

きちんとスマホに関する正確な情報を持って危険性を回避するだけの意識を持っていればスマホを安全且つ快適にご利用いただけるでしょう。

お子さんがいるご家庭でしたらスマホリテラシーに関して、家族で考えてみたり一緒に学んだりして、スマホリテラシーを高めてみてはいかがでしょうか。

最早、スマホを持っているのが当たり前の時代になったため便利に利用できる反面、犯罪などに利用されるケースも目立ってきました。
そうした犯罪などマイナス面だけにとらわれていては便利なスマホを快適に利用することができません。

スマホに関する情報はたくさんありますが当サイトを足がかりにして、他の情報も徐々に得ていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA