TSUTAYAのスマホTONEの口コミレビュー

格安SIMを利用しようと思った理由

私はSIMを選択する際に1番に優先したのがとにかく安いものを極力利用したいと思いました。

というのも今回利用するSIMはまだ中学生の子供に持たせるスマホ用に使用するSIMであったため、
そんなに複雑なものを持たせる必要もなければ、正直これからさらに教育費などで様々なお金がかかってくるということが目に見えて分かってはいたので、
毎月支払うことになるものには大きなお金をかけたくないという思いが非常に強くありました。

そういったことから子供に持たせるスマホのSIMは、現在様々な情報番組でも話題になっている
格安SIMを利用することによって、少しでも通信費をかけないようにしたいなと思って、どのようなものがあるのかを調べ始めました。

TSUTAYAのスマホTONEを選んだ理由

そんなときに見つけたのが「TSUTAYAのスマホTONE」でした。

TSUTAYAのスマホTONEの特徴で私がまず注目したのが
アプリの種類・時間の制限を親がかけることが出来るという点です。

子供は元々ゲームが大好きでしたし、スマホを持たせたら長時間アプリに夢中になってしまって
勉強をほとんどしなくなってしまうのではないかということを私はとても恐れていました。

ですが、このTSUTAYAのスマホTONEであれば、まず親が許可しないとアプリのダウンロードもできませんし、
アダルトサイトなどの有害なサイトへのアクセスを制限することができるということも知り、
このようなスマホであれば子供に持たせても安心だと思えたのです。

利用したプランと選んだ理由

プランに関してもとてもシンプルでした。

というのもそもそもTSUTAYAのスマホTONEのプランは1種類しかなかったので特に大きくアレだコレだと悩む必要がなかったのです。
というわけで、私は基本プランを申し込むことにしました。

月額の料金はデータ専用で1,000円で通信容量が無制限というのはとても魅力的でしたね。

私自身が、スマホを使用していて通信容量がオーバーしてしまうことにハラハラしっぱなしだったのでこれはいいなと思いました。

オプションに関しては色々ありましたが、
使用するのが子供だということを考えると特に必要性を感じないようなものばかりだったので申し込みませんでしたね。

これでTONE(m14)を購入することにしました。

申込みから利用までの流れ

TSUTAYAのスマホTONEの申込の方法は
オンラインでの申込と店頭窓口で直接申し込む方法と電話での申込方法の3種類があるのですが私の場合はオンラインで申込をしました。

公式サイトから購入台数を選択したら機種・オプションプランの選択をまず選びました。
この際には月額費用や契約事務手数料、端末代が表示されていたので計算の際に便利でしたね。

その次にアカウントの登録をしました。
端末の利用者、無料で貰える電話番号の選択、お客様の専用ホームページにアクセスする際に必要なメールアドレスとパスワードの入力をしました。
パスワードは8〜16文字の英数字のみでのものとなっていました。

この入力が終わったら氏名や住所などの個人情報を入力していきました。

この時にクレジットカードの番号の入力の必要も出てくるので事前に用意してから入力を始めるのをおすすめします。

個人情報を入力したら後は入力内容を確認して、間違いがなければそれで申込は終了でした。

これはあくまでも、オンラインでの申込の方法の流れなので電話や店頭で申し込む場合には微妙に流れが違ってくる可能性がありますが、
大まかな申込の際に必要な情報はそこまで大きな大差はないと考えられます。

そして、申し込んでから数日後に自宅に端末が届きましたね。
思った以上に早く届きました。

ちなみに受け取る際には契約者の本人確認書類が必要です。

運転免許証で十分なのでそちらの用意も忘れないようにしてください。
それで本人のものだと認められ、無事に子供用の機種が手に入りました。

TSUTAYAのスマホTONEを使ってみてのメリットとデメリット

メリットはやはり安いことがまず大きいです。

それからTSUTAYAのスマホTONEは他のSIMと違う大きな特徴の1つに「垂直統合」があるんです。

これは、サポートから販売、ハードウェア、通信回線などの管理を1社でまとめて行っているということです。
なので、もし困ったことがある際にはとても話が早くてすぐに解決します。

1度、妙に回線の調子が悪いなと思った際に、
サポートセンターへ電話して質問したらすぐに納得のいく回答を分かりやすく貰うことが出来たので大変助かりました。

とてもシンプルだという点がTSUTAYAのスマホTONEの最大のメリットなのではないかと私は感じていますね。

後は、端末はメールアドレスが既に設定されている状態で届くので、
自分で色々しなくていいという点もとても便利ですね。

それに、どれだけネットを利用しても料金の変動がないので
しょっちゅうネットで遊んでいる子供を持っている親の立場からすると大変助かっています。

デメリットはあるとするならば、最低利用期間が2年なので比較的やや長めになっているということでしょうか。

また、高速スピードプランは設けられていないので、
とにかくできるだけ早いスピードでスマホを利用したいという思いが最優先にある人にとっては向いていない格安SIMなのではないかと感じています。

TSUTAYAのスマホTONEを使ってみてのおすすめしたいプラン

TSUTAYAのスマホTONEは基本的なプランは音声対応かデータ専用かどうかの差しかありません。
大体の人はデータ専用で十分なのではないかと感じます。

もし、これにオプションでプランを着けるとするのなら
既に携帯を持っている人ならそれをただで引き継ぐことが出来るのでコレは是非利用して欲しいです。

また、補償サービスに該当する「安心オプション」はあると便利ですね。

私は当初設けていなかったのですが、コレに関してはやっぱりあった方が安心だと思ったので
こんど追加で着けてもらうことを相談しようと思っています。

基本プランと安心オプションさえあれば、TSUTAYAのスマホTONEは十分に利用することができると考えられます。