データ専用SIMの容量を比較!通信量で選ぶ格安SIM

データ専用の格安SIMを比較する際のポイント

データ通信専用SIM-01

データ専用の格安SIMとはインターネット専用の格安SIMカードです。
そのため、携帯電話の電話番号(070、080、090)といった番号を持っていません。

電話番号がないため、電話機能は使えません。
ですが、LINEの無料電話などで通話することは可能です。
また、アプリのダウンロードやインターネットなどは問題なく使えるのが特徴です。

データ専用の格安SIMは月額料金がとても安いため手続きなども簡単となっており、電話機能に拘りを持たないという方にとってはオススメの格安SIMとなります。
データ専用の格安SIMといっても種類がかなり多くあるため自分がどれを利用すればいいかわからないという方が多いのではないでしょうか。
多様な種類を持った格安SIMから自分に適した格安SIMを利用するなら複数ある格安SIMを比較してご自身に適した格安SIMを見つける必要があります。

格安SIMを比較する際のポイントはいくつか種類があります。
通信速度や料金などで比較することもありますがこちらでは格安SIMの通信データ量別の比較を行っております。

データ量で格安SIMを比較する際には幅広いプランがお得に利用できる格安SIMがオススメとなってきます。
そこへいくと、特にオススメなのはmineoです。
mineoは格安SIMのプランの幅が広くあらゆるご利用用途にあわせて利用できますしサービス性も良好で、シェアして利用していくこともできるため柔軟に利用できるオススメの格安SIMとなっております。

同じ格安SIMでも通信データ量は結構異なるのです。
主にGBごとに分かれていて少量の通信データですと1GB、2GB、3GBから10GB、20GB、そして無制限など高い通信データ量を有している格安SIMもあります。

通信データ量は値段に比例する傾向にありますが格安SIMですと、通信データ量が多くてもキャリアのSIMの通信データ量の料金に比べれば低額な傾向にあるため、利用しやすいかと思われます。

だからといって、必要以上に多く通信データ量を持っていたとしてもそれは無駄というものです。
そこで、当サイトではそれぞれの通信データ量ごとに比較して、皆様がどのデータ専用SIMを選べばいいか解説させていただきました。

それぞれのユーザー向けに適したデータ専用SIMについて解説しましたのでぜひご参考にしてくださいね。

データ専用SIMのデータ量別の比較

データ専用SIMのデータ量別に比較しましたがまずはご自身がどれくらいの通信量を必要としているか把握しておかないと、どのSIMを選べばいいかわからないことでしょう。

まずは皆様自身が、どれだけのデータ通信量を必要としているのかを把握することから始めましょう。
当サイトでは3段階にわけましたのでそれぞれの解説をご参照ください

あまり通信量を必要としない人向け

1データあまり使わない人図-01

データ専用SIMはインターネット専用のSIMといえます。
そのため通信量をあまり必要としない人は少ないかもしれません。
ですが、中にはそれほど通信量を必要としないという方もいらっしゃるかもしれません。

高速通信ができなくてもインターネット自体はできます。
簡単な調べ物をする程度でしたら、それほど高速通信は必要ありません。

そのためデータ通信量は1GB程度で構わないといった方々もいらっしゃるかもしれません。
余計な通信料金を支払わないようにするためには格安SIMの1GB~2GB程度の通信量であっても便利に利用していけるでしょう。

1GB~2GB程度のデータ通信量でしたら1,000円以下でも十分足りるためあまり通信料を必要としないという方はぜひ1GB~2GB程度のデータ通信量にしてみてはいかがでしょうか。

→1GB以上のSIMデータ通信量

一般的な通信量を必要とする人向け

1データそこそこ使う人図-01

流石に1GBだけだと足りないという方も多いはずです。
せっかくキャリアSIMには真似できない料金なのですから格安SIMを利用するのでしたら、通信量がある程度あるSIM通信量を利用したいのではないでしょうか。

動画も観れて、インターネット通信などを快適に利用できれば、料金が安いことも相まって格安SIMを利用しやすくなるのではないでしょうか。
3GBから5GB程度の通信量があれば一般的なユーザーの方にとっては十分快適に利用できるはずです。

3GBから5GBといえば、キャリアSIMですと結構高額な利用料金となってしまいます。
ですが、格安SIMでしたら2,000円程度の利用料金ですので、キャリアSIMに比べて大分お得になっております。

1GB程度ですと、確かに安いですがまともにインターネットを使うのは難しいです。
データ専用SIMなのですからインターネットはある程度使えるのが理想です。
その点、3GB程度あればインターネットを快適に利用できるレベルといえますのでどれくらいの通信量にしようか迷っているという方はぜひ3~5GB程度の通信量を確保してみてはいかがでしょうか。

→3GB以上のSIMデータ通信量
→5GB以上のSIMデータ通信量

動画などもたくさん見るから多くの通信量を必要とする人向け

1データ沢山使う人図-01

筆者もそうなのですが、外出先の暇つぶしにスマートフォンなどで動画などを見てしまうなんてことはありませんでしょうか。
YoutubeやHulu、Netflixなどの動画などをついつい見てしまうなんて方も多いはずです。
そういった方々はすぐに通信量制限まで達してしまうことでしょうから通信量をなるべく多く取りたいのではないでしょうか。

そういった方にも格安SIMはお勧めとなっております。
格安SIMでしたら、7GB以上の通信量であっても3,000円程度の料金で利用できますので、とてもお得です。

中には無制限で利用できるなんていうプランもあり便利に利用していけるのではないでしょうか。
格安プランのお得な料金設定でご利用いただけますのでぜひ7GB以上のデータ通信量を持っているSIMを利用してくださいね

→7GB以上のSIMデータ通信量

重要なのは皆様がスマホで何をしたいかという点です。
スマホで動画を見る方が1GBのSIMデータ通信量では絶対に快適にスマートフォンを利用できるわけありません。

逆に動画を全く見ない人が7GB以上のプランを選んでも全くの無駄です。
いくら格安SIMとはいえ無駄な通信量を取っていればもったいないといえるでしょう。

自分がスマホで何をしたいかをはっきりさせて適量の通信量である格安SIMを利用してお得に快適にスマホを活用していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA