UQmobileの口コミレビュー

格安SIMを利用しようと思った理由

2012年までSoftbankを利用していました。

毎月の支払額が機種端末分割払金を合わせて1.5万円前後となっており、年間18万円前後で勿体無いと思っていました。

丁度、その時に使用していた端末の分割が終了する時期でしたので、家電量販店で相談しました。
そうしたら、「格安SIM」という存在を教えて頂き、今ほど普及していませんでしたので、データ通信量は多いが通話料金が高かったです。
ただ、当時は自宅にネット環境があるだけで職場にはWI-FIが無かったこともあり料金よりデータ量で選んで契約し、
月7,000円前後払っていた記憶があります。

当時はSIMロック解除がDocomoしか行っておらず、機種端末も中古ショップで買っていました。

UQmobileを選んだ理由

現在は仕事用携帯でUQmobileを使用しています。

2016年秋に契約したのですが、
それまでは仕事用とプライベート用が一緒で非常に不便だった為、もう1台欲しいと思っていました。

その時、プライベート携帯がDocomo系のMVNOで一部電波が弱い箇所があったので
au系で補いたいと考えau系で探していました。

そんな時にUQmobileからiPhone5sが購入出来るということで、
iPhoneに関しては最新機種である必要が無かった為、UQmobileで同時購入を決めました。

色々な口コミサイトを見たりしましたが、
やはりUQmobileはWimaxなどで知名度がありましたので選びました。

利用したプランと選んだ理由

現在は「ぴったりプラン」を契約しています。

このプランは1,980円(2年目以降2,980円)で音声通話+データ通信2GB+無料通話3,600円のもので、
通常の方ではデータ通信量が少ないかと思います。

私は、プライベート携帯が10GB、職場と自宅にWI-FIがあり
iPhoneで行う通信は、ブラウザ閲覧、音楽視聴、ゲーム、Googlemapのみでしたので、特に困ることなく利用出来ます。

今は、LINEやSkypeがありますので通話料も少なくなることが出来るので価格の安さとUQmobileという知名度で契約しました。

データ量無制限プランも考えましたが最大速度が500kbpsということで、ストレスが溜まりそうだった為、このプランにしました。

申込みから利用までの流れ

まず契約には「クレジットカード」が必要となります。
現在は月次決済可能なVISAデビットも利用出来るようですが、今後いつまで使えるか解らないので「クレジットカード」の方が確実かと思います。

そして現在利用中の電話番号も引き継ぐ場合には現在契約中のキャリアにてMNP予約をとらなくてはなりません。

UQmobileのHP上で毎月の支払いシュミレーションも可能で、その後に申込ページが出てきます。
申込ページから個人情報や契約情報を入力し最後にクレジットカード番号を入力しますとメールで教えてくれます。
同時に加入審査や分割購入審査を行い、問題がなければメールにてMyUQIDが届きます。
そのメールが届いて3営業日ぐらいに発送、その2日後くらいに手元に届きました。

私は買い増しでしたのでMNPも使わず全て新規での契約だったので比較的早かったです。
MNPなどを使うと、現在のキャリアの解約タイミング=新しいキャリアの契約タイミングになりますので若干日数がかかりますし、
早めに届いても使うことが出来ません。
 
端末も新たに購入した場合は、端末のAPN設定は完了していますので、
同梱のSIMを挿入し設定画面からUQmobileを選択すれば本体の設定は完了です。

今お持ちの端末を引き続き使用する場合は同根されているガイドを見てAPN設定する必要があります。
初めてiPhoneを使われる方はiColudの設定、初めてAndroidを使われる方はgoogleの設定が必須となります。

UQmobileはWeb上で全ての手続きとなりますので、プランの変更や個人情報の変更などは全てマイUQページから行うことになりますので
契約時に届くMyUQID記載のメールは保存しといた方が良いと思います。
このメールを無くし、ID再発行になると非常に手間が掛かります。

UQmobileを使ってみてのメリットとデメリット

これまでUQmobileを利用して感じたことは、au系MVNOの企業が少ないので需要過剰で速度が極端に落ちることはありません。
Docomo系MVNOは、高速通信残量があっても昼時や夜間は利用者が多くなるので若干速度が落ちやすいです。
それが今のところは感じていません。

私のように音声通話が少ない方は無料通話が設定されているので非常に助かります。
確かにUQmobileは他社に比べると基本料金が高めに設定されていますが、他社は基本料金が安い分通話料金は丸々かかります。

通話料金の単価も3大キャリアと同額設定されていますので、毎月の支払額という部分では安く済みます。
そして2017年2月からはプランが一新され「5分間かけ放題」となります。
このプランに移行すると従量課金分が抑えられ、益々利用料が安くなると思います。

UQmobileにも高速通信のON・OFF機能がありますので、
普段はメールやSNSぐらいで時々動画視聴など大きなデータ通信する場合に備えて温存することも出来ます。

一方デメリットもあります。

au系MVNOなので利用出来る機種端末に制限があります。
auショップで売っている機種又はUQmobileで販売している機種がほぼ全てになります。

Docomo系MVNOは大半の機種が使えますが、au系はそうもいきません。
DocomoやSoftbankから乗り換えの際には注意が必要です。

プランの数が少ないです。
基本的には5つしか無く、1GBか3GB、データ無制限になります。
3GBでも通常使用で少ないと思いますので5GBぐらいまでは欲しいと思います。

3GBでは恐らく月半ばからドキドキするのではないでしょうか?
2GBと6GBは契約から14ヶ月までのキャンペーンで15ヶ月目から1GBと3GBになります。

そこがもう少し改善されると非常に使いやすいMVNOになると思います。