Xperia Z5(Compact、Premium)のスペックをレビュー!他社SIMフリーと比較評価

当記事ではXperia Z5(Compact、Premium)のスペックのレビューや他社SIMフリースマホとの比較を行います。

興味がある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

Xperia Z5 SO-01Hのレビュー

Xperia Z5といえばソニーが誇る高スペックスマホです。

そんなXperia Z5を私も購入して使ってみました。

私が購入したのはドコモのXperia Z5 SO-01H。

スマホマニアの私のレビューですがかなり使いやすかったです。

ハイスペックのCPUが搭載され映像、ゲームは滞ることなくサクサクと見れて遊べ、音楽もまるでレコーディングスタジオにいるかのような臨場感です。

Xperia Z5 SO-01Hは使い手のユーザビリティを最大限に配慮したつくりになっており高速通信にも対応しています。

私はいくつもスマホを持っているのですがXperia Z5 SO-01Hは特にお気に入りのスマホの一つです。

デザインも控えめでありつつも上品かつ上質で、長い時間を一緒に寄り添っていけるスマホなのではないかな、と思っています。

以上が私のXperia Z5 SO-01Hのレビューです。

続いて、Xperia Z5全体のスペックについて解説していきたいかと思います。

Xperia Z5(Compact、Premium)のスペックと違い

始めに申し上げておきたいことがあります。

Xperia Z5は1種類ではなく複数種類あります。

・Xperia Z5 SO-01H(ドコモ)
・Xperia Z5 Compact SO-02H(ドコモ)
・Xperia Z5 Premium SO-03H(ドコモ)
・Xperia Z5 SOV32(au)
・Xperia Z5(ソフトバンク)
・Xperia Z5 Compact E5823(SIMフリー)

この中で、上の四つはドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアのスマートフォンであり最後のものだけAmazonで売られている輸入品です。

Xperia Z5はドコモだけがCompactとPremiumというやや性質の違う他の機種を使うことができます。

さて。

それぞれのスペックと違いについて説明していこうかと思いますがまずはスペック表をご覧ください。

Xperia Z5 SO-01H(ドコモ)のスペック

xperia-z5-so-01h

Xperia Z5 Premium SO-03H(ドコモ)のスペック

xperia-z5-premium-so-03h

Xperia Z5 SOV32(au)のスペック

xperia-z5-sov32

Xperia Z5(ソフトバンク)のスペック

xperia-z5%ef%bc%88%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%af%ef%bc%89

Xperia Z5(Compact、Premium)の違い

さて。

Xperia Z5のシリーズはドコモだけでも

・Xperia Z5 SO-01H
・Xperia Z5 Compact SO-02H
・Xperia Z5 Premium SO-03H

の3種類があり、他には

auではXperia Z5 SOV32ソフトバンクではXperia Z5それからAmazonではSIMフリーのXperia Z5 Compact E5823があります。

まず、

・ドコモのXperia Z5 SO-01H
・Xperia Z5 Compact SO-02H
・Xperia Z5 Premium SO-03H

の違いから説明していきましょうか。

簡単に説明してしまうとXperia Z5 Premium SO-03Hのディスプレイが一番大きくて解像度も高いです。

Xperia Z5 Premium SO-03Hは5.5インチのディスプレイであり4K解像度という驚異的な解像度を誇っています。

なので、性能の良いXperia Z5の利用を検討していて、さらにディスプレイが大きいものが使いたい人はXperia Z5 Premium SO-03Hを選ぶのが良いでしょう。

ただし、ディスプレイサイズの大きいPremiumは、ドコモのキャリアを契約しているユーザーしか使えません。

それに対してXperia Z5 Compact SO-02Hはディスプレイが小さいです。

ディスプレイが小さい分携帯性には優れているので、小さめの高スペックスマホを求めている人にはおすすめですよ。

Xperia Z5 SO-01H(ドコモ)やXperia Z5 SOV32(au)やXperia Z5(ソフトバンク)のディスプレイはPremiumとCompactの中間の大きさです。

これら3つのスマホはディスプレイのサイズが標準的で、癖が無く使いやすいスマホと言えるでしょう。

ちなみにXperia Z5 Premium SO-03Hよりも大きなディスプレイのXperiaシリーズにはXperia Z Ultraという6.4インチの大画面スマホもあります。

ディスプレイのサイズ以外に

・Xperia Z5 SO-01H
・Xperia Z5 Compact SO-02H
・Xperia Z5 Premium SO-03H

の違いを挙げるとすればそれはXperia Z5 Premium SO-03H以外はボディカラーが多彩だということです。

Xperia Z5 SO-01Hはピンク、ホワイト、グラファイトブラック、ゴールド、グリーンの中から選べます。

Xperia Z5 Compact SO-02Hはレッド、ホワイト、ブラック、イエローの中から選ぶことができます。

しかし、Xperia Z5 Premium SO-03Hはホワイトとブラックの2色からしか色を選べません。

なので白と黒だと好みの色がないという人はPremium以外のXperia Z5を使うのがいいと思います。

また、内臓メモリ(RAM)についてはXperia Z5 SO-01HとXperia Z5 Premium SO-03Hは3GBありますがXperia Z5 Compact SO-02Hは2GBです。

より作業効率が高いスマホが良ければXperia Z5 SO-01HかXperia Z5 Premium SO-03Hをおすすめします。

さて。

Xperia Z5のPremiumとCompactの違いのまとめに入りたいと思います。

長々と両者の違いを説明してきましたが最終的にはスペックにはそれほど差がないので、大きいサイズのディスプレイがいいのかそれとも、小さいサイズがいいのかの好みでスマホを選べば良いでしょう。

Xperia Z5 SO-01H(ドコモ)とXperia Z5 SOV32(au)とXperia Z5(ソフトバンク)についてはキャリアが違うだけでスペックは同じです。

なので使っているキャリアによって利用する機種が異なるだけとなります。

Xperia Z5(Compact、Premium)ユーザーにおすすめの格安SIM

そんなXperia Z5(Compact、Premium)におすすめの格安SIMですが、どのようなものがあるのでしょうか。

既に知っている人もいるかと思いますが大手のキャリアと契約し続けるよりも、格安SIMを利用した方が月々のスマホ料金は抑えられます。

これまで7千円くらいかかっていたスマホ料金が、格安SIM利用で2、3千円代まで下げられるでしょう。

なので当サイトでは大手キャリアを使い続けるよりも格安SIMの利用をおすすめしています。

とはいえ、どうやってそれまで使っていたキャリアから格安SIMに乗り換えを行えばいいか分からない人も多いでしょう。

なのでケース別に解説をしていきますね。

ドコモのXperia Z5を使っている場合

ドコモのXperia Z5、つまり

・Xperia Z5 SO-01H
・Xperia Z5 Compact SO-02H
・Xperia Z5 Premium SO-03H

を使っていた人が格安SIMに乗り換えをする場合、ドコモ系の格安SIMを使うのがおすすめです。

ドコモ系の格安SIMならば基本的にSIMロックの解除の必要性がないのでそのまま申込みをすることができます。

ただし、格安SIMへ乗り換えするときそれまで使っていた電話番号を使いたいなら、MNP予約番号を取得する必要があります。

なのでドコモの場合はショップか電話、ネットでMNP予約番号を発行してもらいましょう。

それから、今度はおめあての格安SIMに申込みをします。

数日後、格安SIMのカードが届いたら格安SIMの業者に連絡をし、電話番号の引継ぎをします。

引継ぎが上手くいけば格安SIMへの乗り換えは成功です。

スマホの月額料金が大幅に下げられるでしょう。

ドコモのXperia Z5ユーザーにぴったりの格安SIM業者としては

・mineo(マイネオ)
・BIGLOBE SIM
・楽天モバイル

この辺りの格安SIM業者がおすすめです。

mineo(マイネオ)やBIGLOBE SIM、楽天モバイルについては詳細記事を書きましたので興味がある人は以下を参照してください。

mineoについて詳しく知りたい方
a href=”https://sim-sky.jp/mineo/

BIGLOBE SIMについて詳しく知りたい方

BIGLOBE SIMの口コミ評判を解説!料金プランや通話オプションも

楽天モバイルについて詳しく知りたい方

楽天モバイル評判と口コミ

auのXperia Z5 SOV32を使っている場合

auのXperia Z5 SOV32を使っている方が格安SIMに乗り換える場合はどうすればいいのでしょうか。

auのXperia Z5 SOV32を利用している方の場合は、au回線を使っている格安SIM業者の利用がおすすめです。

au回線を使っている格安SIM業者にはmineoやUQ mobileがあり、こちらの2社ならSIMロック解除の必要なく乗り換えができます。

ただし、ドコモと同様に以前の携帯電話番号をそのまま新しい格安SIMでも使いたい場合は、MNP予約番号が必要となります。

MNP予約番号はauの場合ショップや電話、ネットで発行手続きをすることができます。

MNP予約番号をauから発行してもらったら今度は迅速に格安SIMの申し込みをしましょう。

格安SIMのカードが届いたらその格安SIM業者にMNP予約番号を通知し、電話番号の引き継ぎの手続きをしてもらいます。

電話番号の引き継ぎ時に電話とデータ通信、SMSなどが使えなくなります。

しかし、多くの場合は数時間程度なので問題ないでしょう。

mineoやUQ mobileの場合即日乗り換えが可能なので、スマホが使えなくなる期間がほとんどありません。

auのXperia Z5 SOV32(au)を使っている人の格安SIM乗り換えなら、mineoやUQ mobileの利用がおすすめです。

auユーザーの場合SIMロック解除をせずに使える格安SIM業者は少ないですが、mineoやUQ mobileは非常にサービスが良く自信を持っておすすめできる業者です。

mineoについて詳しく知りたい方

mineo(マイネオ)の口コミ評判を解説!通話や通信量、料金など

UQ mobileについて詳しく知りたい方

UQモバイルの口コミ評判を解説!料金や通信なども併せて

ソフトバンクのXperia Z5を使っている場合

ソフトバンクのXperia Z5を使っている場合格安SIMに乗り換える方法はあるのでしょうか。

まず、ソフトバンクのXperia Z5で格安SIMに乗り換える際に注意点があります。

それはソフトバンクのXperia Z5だけでなく、ソフトバンクのスマホ全体にも言えることです。

ソフトバンクのスマホの場合対応周波数帯がドコモとauとは異なります。

なので格安SIMに乗り換えをしても、電波の感度が悪く快適なスマホ利用ができないかもしれません。

もし、それが心配でしたらソフトバンクのスマホは売ったり、処分したりして新たなSIMフリーの格安スマホを購入した方が良いでしょう。

SIMフリーの格安スマホなら自分の好みの格安SIMを使うことが可能です。

どうしても格安SIMをソフトバンクのXperia Z5で使いたいという場合は、手続きの方法はドコモやauのXperia Z5と同じになります。

それまでソフトバンクで使っていた携帯電話番号を使い続けたい人は、MNP転出の手続きが必要となります。

手順としてはMNP予約番号をソフトバンクに発行し
→格安SIMを申込み
→あとはSIMカードが届いたら回線切り替えの手続きを行うだけ。

なので、手続き自体は簡単です。

速ければ即日乗り換えも可能となるでしょう。

けれど、ソフトバンクのスマホで格安SIMを使う場合、先ほど申し上げたようにカバーしている周波数帯の違いによって電波状況が悪かったり、それだけならまだしもテザリングなど必要な機能が使えなかったりするという危険があります。

なので、どうしても格安SIMにして月額料金を抑えたいのならソフトバンクのXperia Z5を高値のうちにヤフオクやブックオフなどに売ってしまいましょう。

SIMフリーの格安スマホを購入して格安SIMを契約すれば、月額料金はかなり抑えられますよ。

ちなみに人気の格安スマホとしては

・HUAWEI P8lite
・ZenFone Go
・arrows M02/RM02

などがあります。

もし、格安スマホにも興味がある方は併せてこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

HUAWEI P8liteについて詳しく知りたい方

HUAWEI P8lite【SIMフリー】レビュー。スペック、価格、評判を解説!

ZenFone Goについて詳しく知りたい方

ZenFone Go【SIMフリー】のレビュー。スペック、価格、評判まで紹介!

arrows M02/RM02について詳しく知りたい方

arrows M02/RM02のスペックの評価・評判・口コミを解説【他社格安スマホと比較】

繰り返しになりますがソフトバンクのスマホの場合、Xperia Z5だけでなく全体的に格安SIMの乗り換えにあまり適していません。

実際に乗り換えができるかどうかはそれぞれの格安SIM業者の対応状況によりますが、対応周波数帯や通信方式の関係で電波状況が悪くなる可能性があります。

たとえば、ソフトバンクのスマホはドコモ系の格安SIMの使っているバンドでるバンド6や19をカバーしていません。

この場合、ドコモ系の格安SIMも使える可能性はあるもののやたら電波が悪いスマホになる危険性があります。

また、au系の格安SIMを使う場合も通信形式が異なるので、音声通話ができなくなります。

VoLTE対応のスマホならauのLTEの電波で通話をすることは可能かもしれませんがそもそも、ソフトバンクのスマホはauのLTE通信で必要となるバンド18をカバーしていません。

なのでVoLTEに対応したソフトバンクのスマホでもクリアな音声通話ができない懸念もあるんですよね。

SIMフリーのXperia Z5を使っている場合

最後はSIMフリーのXperia Z5を使っている場合、おすすめの格安SIMは何か、というお話です。

SIMフリーのXperia Z5といえば、Amazonで売られているXperia Z5 Compact E5823(SIMフリー)のことですね。

ちなみに、Xperia Z5 Compact E5823(SIMフリー)の価格帯は5万数千円ほどとなります。

こちらはSIMフリーなので理論的には、どんな格安SIMでも契約できるはずですがやはりXperia Z5 Compact E5823(SIMフリー)の対応する周波数帯によって状況は異なります。

なのでお目当ての格安SIMに申込みをする際は、一緒に動作確認端末を調べておくのが良いでしょう。

わざわざ使えないかもしれないスマホを買うより、格安SIM業者で携帯端末と格安SIMをセット購入した方が安全と言えそうです。

その方が、動作確認が最初からされているので後で電波の受信状況が悪いとかテザリングができないとかのトラブルが発生する危険がありません。

Xperia Z5(Compact、Premium)の評判・口コミ

ここでXperia Z5(Compact、Premium)の評判・口コミについて紹介します。

Xperia Z5(Compact、Premium)はやはり、高スペックスマホだけありかなり評価は高かったです。

悪く言っている人の口コミはあまり見られませんでした。

Xperia Z5はドコモユーザーならCompactとPremiumというディスプレイのサイズが違うものから好みのものを選ぶことができます。

自分にぴったりのサイズが選べるだけでなくCPU自体も64bitオクタコアCPUを搭載しています。

オクタコアなら複数のアプリを起動しても止まることなく、スイスイと動きます。

また、通信速度も速いところがXperia Z5(Compact、Premium)が高評価となる理由となっているみたいですね。

また、指紋認証機能が付いているところも口コミで評判となっていました。

当たり前の話ですが、指紋認証ってパスワード認証よりも簡単です。

いちいち文字を打ち込んで認証するより指先一本かざして認証してしまった方が、スマホの操作もかなり楽ですし効率的となりますよね。

ただ、一部悪い口コミとして指紋認証センサーが一発で反応してくれないというのがありました。

たしかに、レンズが曇っていたり指が汗ばんでいたりすると指紋認証が反応しないことがあるかと思います。

なのでXperia Z5(Compact、Premium)の購入を検討している方は、そのあたりは認識しておくのが良いかと思います。

Xperia Z5(Compact、Premium)はテザリングが可能か?

スマートフォンを購入するときはその機種がテザリングができるのかどうかを心配している方も多いはずです。

テザリングが使えれば、出かけた先でもスマホを外部モデムとして使い、手持ちのパソコンやゲーム機器をインターネット接続させることができます。

結論から言えばXperia Z5(Compact、Premium)はそのどれもが契約したキャリアで使う分にはテザリングを使うことが可能です。

・Xperia Z5 SO-01H(ドコモ)
・Xperia Z5 Compact SO-02H(ドコモ)
・Xperia Z5 Premium SO-03H(ドコモ)
・Xperia Z5 SOV32(au)
・Xperia Z5(ソフトバンク)

これらすべて、テザリングが可能となっています。

Xperia Z5(Compact、Premium)は

・Wi-Fi接続なら10台
・Bluetoothなら5台
・USBは1台

合計16台のテザリングが可能です。

ただし、格安SIMを申し込みしてテザリングをしたいという場合は注意が必要です。

基本的にはXperia Z5(Compact、Premium)をドコモ系の格安SIMに乗り換えてテザリングをすることはできません。

また、auのXperia Z5 SOV32はテザリングができるという話ですが、実際に動作するかは申込み先の格安SIM業者のホームページの動作確認端末一覧で調べておいた方が良いと思います。

ソフトバンクのXperia Z5の場合SIMロック解除をしたとしても対応周波数帯が違うため、そもそも格安SIMが使えるかどうか怪しいです。

唯一、何の問題もなく格安SIMでテザリングができそうなのはSIMフリーのXperia Z5 Compact E5823ですが、こちらも輸入盤であるためきちんと格安SIM業者の動作確認端末一覧を調べてから申し込みをした方が良いでしょう。

Xperia Z5(Compact、Premium)の設定

Xperia Z5(Compact、Premium)を入手したらしておいた方がいい設定について紹介します。

先ほども説明しましたがXperia Z5(Compact、Premium)には指紋認証機能があります。

なのでセキュリティの関係上Xperia Z5(Compact、Premium)の指紋認証機能はすぐに設定しておいた方が良いです。

やり方は簡単です。

設定→セキュリティ→指紋認証

の順番で選び「電源ボタンにセンサーがある」という指示が出たら「了解しました」をタップして電源ボタンに指でタッチしましょう。

指紋設定は、電源ボタンに何度か指で触れることで行います。

指紋認識が完了すれば登録した指紋をIDとして認証し購入時の認証に利用することも可能です。

また、日ごろバッテリーの消費をできるだけ抑えたい人におすすめの設定があります。

その名は、スタミナモード。

Xperia Z5の低電力設定をお望みならこのスタミナモードを選びましょう。

スタミナモードなら画面消灯中に任意のアプリのバックグラウンド通信
ネットワーク通信などを抑えてバッテリーの消耗を防いでくれます。

こちらもやり方は簡単です。

設定→電源管理→スタミナモードへ。

動作制限するアプリから電力消費を抑えたいアプリを選んでどんどん加えていきましょう。

Xperia Z5を購入したばかりのときは自分でアプリを追加していく必要があります。

しかしスタミナモードオフでしばらく使えば、使用履歴やバックグラウンド通信などを通して簡単に登録していくことも可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA