ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)のレビュー!価格・スペック・評価を紹介

ASUS(エイスース)の人気のスマホZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)のレビューを紹介します。

ZenFone 2の価格・スペック・評価やテザリングや設定についても触れますので
興味のある方は参考にしてみてください。

 

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)のレビュー

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)といえばスペックが高いASUS(エイスース)の
ZenFoneシリーズの中でも特に性能の優れたスマホです。

スマホマニアの私のフェイバリットスマホの一つ。

そんなZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)についてレビューします。

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)の良さを一言で言ってしまえば、

このスマートフォンは他と比較して処理速度が桁外れに速いです。

ZenFone 2はスマートフォンでは日本初となる
インテルAtomZ3580/Z3560プロセッサーを搭載しています。

特にZenFone 2のCPUであるIntel® Atom™ Quad Core Z3580 (2.3GHz)は
他の格安スマホと比較してGHzが大きいんですよね。

ZenFone 2はCPUが優秀なので普通のアプリやゲームをするなら
サクサク動いてストレスはないに等しいです。

それだけじゃなく複数のアプリを同時に開いてもモタモタしないのも評価のポイントになっています。

これはCPUだけでなくRAMが4GBと数字が高いおかげですね。

RAMの数字が大きいほど作業効率が上がります。

そんなわけでZenFone 2は動作が速く快適なスマホ操作ができるため
処理スピードのノロいスマホに飽き飽きしているという人にこそおすすめです。

ZenFone 2は価格も格安スマホほどではないですがそれなりに安いですしSIMフリーですので、
最近流行りの格安SIMも簡単に契約が可能です。

格安SIMは料金が安いのでスマホの月額料金を大幅に節約したい人にもうってつけです。

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)の価格・スペックを他社比較

さて、ここからは、実際にZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)の
価格やスペックを紹介していきます。

他社スマホとも比較しているので相対的なお話ができていると思います。

ZenFone 2の公平な評価が知りたい人はぜひ、お付き合いお願いします。

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)のスペック

zenfone-2

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)のスペックは↑のようになっています。

それでは、細かいところを解説していきますね。

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)の価格

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)が
高スペックなスマホであることは分かって頂けたかと思います。

では、ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)の価格はどのくらいなのでしょうか。

結論から言えば、2016年5月現在価格.comでは、新品は3万8千円ほど。
中古になると、3万円~3万4千円ほどとなります。

Amazonでは、3万6千5百円ほどで購入ができるようです。

ちなみに、ZenFone 2は価格.comで掲載されたお店やAmazonからだけでなく
格安SIMを取り扱うMVNO業者からも購入できます。

私なら、まず、ZenFone 2をMVNO業者から購入することを検討します。

なぜならMVNO業者からスマホとSIMをセット購入した場合

普通にスマホを買うよりも安い価格で入手することができる可能性があるからです。

MVNO業者でZenFone 2と格安SIMをセットで購入できるところとしては
楽天モバイルとU-mobile(ユーモバイル)があります。

それぞれ、いくらでZenFone 2が購入できるのかちょっと見てみましょうか。

結論から言えば、楽天モバイルでZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)を購入した場合は
他のメーカーでZenFone 2を買うのと価格はそれほど変わりはありません。

しかし、楽天モバイルはスマホのセット購入時に
割引のキャンペーンをやっていることが多いです。

キャンペーンによってはセット購入の割引対象となるスマホを選べば
楽天スーパーポイントが5000円相当プレゼントされることもあり
楽天市場など楽天系のサービスを使っている人にはお得です。

また、楽天モバイルの場合月額料金と楽天でんわオプションの支払いは
100円につき1ポイント貯まるのでお得に使いたい人にはおすすめです。

ちなみにスマホは一括払いで購入した場合さらにポイント特典があるのでこちらも嬉しいですね。

楽天モバイルは楽天市場やブックスなど日ごろ、
楽天系のサービスを使う人や楽天の会員になろうと考えている人にはおすすめです。

楽天モバイルについて詳しく知りたい方はコチラ

楽天モバイル評判と口コミ

さて、U-mobile(ユーモバイル)を利用して
ZenFone 2を購入することを検討している場合はどうでしょうか。

U-mobileの場合はZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)の価格が
他よりも高めです。

2016年5月現在、U-mobileのSIMとスマホセット購入は
ZenFone 2の価格が税抜きで4万5千8百円(税抜き)です。

24カ月払いで端末を分割払いだと月々1909円。

U-mobileの場合ZenFone 2の価格が4万円を超えているし
そこに特典や割引が付くわけではありません。

なので、特別な理由がない限りは格安SIMの申し込みも検討している人は
楽天モバイルでZenFone 2を購入するのが金額的には一番お得です。

とは言ってもU-mobileもキャンペーン時はスマホの通信量が
三カ月ほど無料になることもあり期間や契約の仕方によっては安上がりで
格安SIMを使うことができる場合もあります。

U-mobileについて詳しく知りたい方はコチラ

U-mobile評判と口コミ

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)のCPU(性能)

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)のCPUは
先ほども言いましたが

Intel® Atom™ Quad Core Z3580 (2.3GHz), PowerVR G6430
Intel® Atom™ Quad Core Z3560 (1.8GHz), PowerVR G6430
となっています。

実は,インテルAtomZ3580/Z3560プロセッサーを搭載したスマートフォンは
国内ではASUS(エイスース)のZenFone 2が初めてなんです。

2.3とGHzもかなり高いので他のスマホと比較しても段違いの
処理速度を体感できるでしょう。

ネットサーフィンも滑らかですし動画視聴も問題なくスムーズ。
ゲームをするときも止まることなく快適な操作が期待できるでしょう。

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)はRAMについても4GBと大きいです。

RAMが4GBというのは他のスマホと比較しても大きい値です。

普通のスマホの場合、2GBというのが多いですからね。

RAMが4GBあることでZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)は
複数のアプリを同時起動させても、
モタモタせずにマルチタスクを実行することが可能となりました。

スマホ起動から操作まで反応が良いのが嬉しいですね。

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)のデザイン

ZenFone 2はデザインも優れています。

性能の高さに反比例するかのように薄くて軽いです。

コンパクトで持ちやすいので大きく高画質の画面を片手で眺めることができるでしょう。

ZenFone 2の開発スタッフの人間工学に基づいた洗練されたデザインは
世界からも好評価で2015年iFデザイン賞を受賞しました。

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)のメインカメラ・インカメラ

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)のメインカメラは1300万画素
インカメラは500万画素です。

ZenFone 2のメインカメラは他のスマホと比較しても画素数は多い方です。

たとえば、同じ人気のスマホに富士通のarrows M02/RM02があります。

arrows M02/RM02は性能が良いスマホです。

しかし、このスマホのカメラの画素数はメインカメラは810万画素
インカメラは240万画素しかありません。

もしカメラをあまり使わないのなら格安スマホであるarrows M02を選んでも良いのです。

カメラの画質も気にするという人はZenFone 2のようなカメラの画素数が多い
スマートフォンを選んだ方が良いでしょう。

また、ZenFone 2はカメラの画素数が多いだけではありません。

ZenFone 2はASUS独自の技術によって暗がりや逆光のような
撮影に適さない場所や状況でもクオリティの高い写真を撮ることが可能なんです。

たとえば、DRモードで写真を撮れば
明るいところと暗いところをオートで調整してくれるため
はっきりとした写真を撮影することが可能です。

また、ローライトモードはコントラストをくっきりさせるので
暗い場所でも、きちんと鮮明に被写体を撮ることができます。

以上のことから他のスマホと比較しても
ZenFone 2は、暗い場所での撮影に適していると言えそうですよね。

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)の急速バッテリー充電機能

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)にはバッテリーの急速充電機能があります。

なんと驚いたことにZenFone 2はバッテリー充電が39分で60%ほど行うことができます。

でも、なぜ、こんなにも早くバッテリー充電ができるのでしょうか。

それは、ZenFone 2に、ASUS BoostMasterが搭載されているからです。
ASUS BoostMasterには、充電を早める機能がついています。

充電が速いのはスマホのヘビーユーザーで忙しい人にはありがたいですよね。

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)ユーザーにおすすめの格安SIM

さて。
処理性能が高く、しかも比較的安めの価格で購入できるZenFone 2。

この人気のスマートフォンを購入し一緒に格安SIMを契約すれば
月々のスマートフォンの料金を安く抑えることができます。

ドコモやau、ソフトバンクなどの三大キャリアでスマホを購入し
そのまま契約し続けている場合スマホ料金は月々6千円~1万円ほどになります。

このスマホ料金が結構バカにならないんですよね。

その一方で、格安SIMを契約した場合月々のスマホ料金は2、3千円に抑えることも可能です。

この話を聞いてスマホの月額料金が安くなるならZenFone 2で格安SIMを契約したいなって
考えた人もいるのではないでしょうか。

でも格安SIMは巷にたくさんあるので
どれが一番お得か分からないと困っている人もいますよね。

なので、ここではZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)を
使っている人に一番ぴったりの格安SIMを紹介しますね。

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)の対応周波数帯(バンド)

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)にぴったりの格安SIMを見つけるためには
まず、このスマートフォンの対応周波数帯を調べる必要があります。

ZenFone 2の対応周波数帯は上のスペック表にも書きましたが↓のような感じになっています。

%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%89%e8%a1%a8zenfonemax

いかがでしょうか。

ZenFone 2の対応周波数帯はドコモがメインとして使っている周波数帯である

■バンド1
■バンド3
■バンド19

をカバーしています。

また、auの使っている周波数帯である

■バンド1
■バンド18

・バンド1
・バンド18

はカバーしていますが、バンド11はカバーしていません。

ZenFone 2の対応周波数帯はドコモの使っている回線の方が多くカバーしていることになります。

よって格安SIMにはドコモの回線を使ってるドコモ系とauの回線を使っているau系のMVNO業者がいますが
ZenFone 2の場合はドコモ系のMVNO業者の格安SIMを使うのがおすすめ、ということになります。

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)おすすめの格安SIMの選び方

さて。

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)にぴったりの格安SIMは
ドコモ系のMVNO業者のものということは分かって頂けたかと思います。

では、ドコモ系のMVNO業者の中でどこを選ぶのが良いのでしょうか。

それは、先ほども言いましたがこれからZenFone 2を購入する予定の方ならば
楽天モバイルでスマホとSIMをセット購入するのがおすすめです。

楽天モバイルはZenFone 2がSIMと一緒に購入でき
しかも楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンもあります。

したがってZenFone 2とSIMを別々で購入するよりも金額的にお得です。

また、セット購入の場合スマホのSIM設定のときも
きちんとしたサポートが受けられるので安心して利用ができるんですよね。

スマホとSIMをバラバラで契約してしまうと楽天モバイル側もSIMが認識しないとか

電波の受信状況が悪いとかのような事態が起こったとき上手く対応してくれない場合があり注意が必要です。

なので、SIMフリースマホで格安SIMを契約するときは
スマホの購入先とSIMの契約先を一緒にしてしまうのが一番円滑に手続きをする方法かと思います。

楽天モバイルは料金的にも格安SIM業界トップにあり、利用すれば楽天スーパーポイントがつくメリットもあります。

なので、格安SIMの契約先としてはうってつけのMVNO業者です。

楽天モバイルについて詳しく知りたい方はコチラ

楽天モバイル評判と口コミ

とはいえ、既にZenFone 2をAmazonなどで購入している方もいらっしゃると思います。

そういった場合は申し込みをしようとている格安SIMが
ZenFone 2できちんと動作するかを調べて申込みをしましょう。

たとえば、これから私がおすすめしようとしているMVNO業者である
mineo(マイネオ)とBIGLOBE SIMはどちらもZenFone 2で契約をすることができます。

mineoは、auとドコモ、どちらの回線も使っている珍しいMVNO業者です。

SIMフリーのスマホだけでなくドコモとauのスマホユーザーも
SIMロック解除なしで契約できるので手続きが簡単です。

mineoは最低利用期間がないため途中でやめても違約金を支払う必要がありません。

なので、格安SIMに興味があって契約したけれど
やっぱり自分に合わないなーと感じたら気軽にやめることもできます。

mineoは月額料金も安く安心して申込みができる格安SIMの大手です。

MNP転出もスムーズなので電話番号の引継ぎによる不通時間も
ほとんどなく安心ですよ。

mineoについて詳しく知りたい方はコチラ

mineo(マイネオ)の口コミ評判を解説!通話や通信量、料金など

BIGLOBE SIMもおすすめの格安SIMです。

BIGLOBE SIMには契約者専用アプリ、BIGLOBEでんわがあり、通話料を半額にできます。

格安SIMは月額料金は安いですがたくさん電話をしてしまうと
結局、大手キャリアと契約していたときの月額料金と変わらないという危険もあります。

なので、BIGLOBE SIMのような通話料を半額にできるサービスがあれば
たくさん通話する人にとってはおすすめと言えるでしょう。

また、BIGLOBE SIMはSIM発行枚数が最大5枚であり
大容量のデータを家族でシェアして使うことも可能です。

余ったデータ通信容量は翌日に繰り越して利用ができますので
無駄なく使えますよ。

BIGLOBE SIMについて詳しく知りたい方はコチラ

BIGLOBE SIMの口コミ評判を解説!料金プランや通話オプションも

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)の評価・評判・口コミ

ここまで、ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)の
レビューや実際のスペックそれからおすすめの格安SIMを紹介してきました。

ここで、他のZenFone 2ユーザーの評価・評判・口コミについても紹介しますね。

人気のスマートフォンZenFone 2だけあって、やはり評価はみな、好意的だったように思います。

でも、良い評価だけでは参考にならないので悪い口コミ評判についても集めてみました。

まずは良い評価・評判・口コミから紹介していきましょう。

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)の評価(良い口コミ評判)

〈会社員・営業職 男性 20代〉
デザインが格好よくて処理性能も速いSIMフリースマホを探していました。
結果を言えばZenFone 2を買って良かった。友人の持っているスマホと比較しても処理速度がダンチです。ゲームもサクサク動くし画面がフリーズしてイライラさせられる
みたいなことになったことがありません。

〈専業主婦 女性 30代〉
今まであまり画質の良いスマホを使ったことがありませんでした。

でも、ZenFone 2はかなり綺麗!

写真を撮ったときなんて私の腕が良いからかもしれませんが
あまりの綺麗さにウットリしました(笑)

暗いところでもぼやっとせずにクッキリ映るのが嬉しいですね。

このスマホを持って外へ遊びに行くのが楽しみで楽しみで仕方ありません。

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)の評価(悪い口コミ評判)

〈自営業 男性 30代〉
ちょっとバッテリーの持ちがわるく感じる。前に使っていたスマホの方が良かったなーって……。

まあ、電池の消耗をしたならしたで急速充電があるんだけどね。

〈公務員 女性 20代〉
私にはサイズが大きすぎるスマホかなって感じました。

ジーンズのポケットに入らないのでバッグの中に入れて持ち歩いています。

今度は5.5インチより小さいスマホを買おう。。。

でも、動画の視聴はスムーズなので遊びやゲームをするときのスマホとして使おうかな。

上のレビューの他にも、やはり、ZenFone 2を褒めているユーザーは

■CPUの処理性能が良い
■画素数が高く写真のクオリティが良い
■充電が速い

このような点を評価しているみたいですね。

逆にZenFone 2について悪い評価を下している人たちは

■サイズが大きすぎる
■バッテリーの持ちがちょっと悪い?

といった意見を持っているようでした。

ただ、バッテリーの持ちについては連続待受時間が

■LTE 267時間
■3G 294時間

であるわけですから、他のスマホと比較してバッテリー容量が少ない。

ということはないような気がします。

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)でテザリング

ここまで記事を読んでZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)って
なかなか良いスマホじゃあないか、と感じた方もいると思います。

でも、実際に購入に踏み切るには更なるメリットが必要だと思います。

というわけでZenFone 2がテザリングができるかどうかも調べてみました。

結論から言えばZenFone 2はテザリングが可能です。

ZenFone 2は

■Wi‐Fiテザリング
■Bluetoothテザリング
■USBテザリング

に対応しています。

なのでZenFone 2を利用して自分のパソコンやゲーム機器を
インターネット接続させることも可能ですよ。

SIMフリーのZenFone 2なら楽天モバイルやmineo(マイネオ)
BIGLOBE SIMなどの格安SIMを契約しテザリングをすることができるので安心です。

ZenFone 2のテザリングの方法は簡単です。

まずは、ZenFone 2の設定画面を選択。

もっと見る

テザリングとポータブルアクセスポイント

の順にタップします。

テザリングを開始するときは最初にWi‐Fiアクセスポイントを
セットアップする必要があります。

ここでネットワーク名やパスワードを設定しましょう。

ネットワーク名は自分が使いやすい名前で良いかと思います。

パスワードの方は初期のままでもいいし自分が覚えやすいものを設定しても良いです。

全ての設定が終わったら保存しましょう。

Wi‐Fiでのテザリングを開始するときはポータブルWi‐FiアクセスポイントをONにしましょう。

ネット接続したいパソコンやゲーム機器が電波を受信したら、パスワードを入力します。

それで、テザリングをすることができるようになるでしょう。

テザリングを終了するときはポータブルWi‐FiアクセスポイントをOFFにしましょう。

ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)の格安SIMのAPN設定

最後は
ZenFone 2(ze551ml・SIMフリー)の設定についてのお話です。

ZenFone 2でデータ通信をするためにはプロファイル(APN)設定をする必要があります。

プロファイル(APN)設定の方法は簡単です。

まずはアプリケーションメニューの設定を選びます。

次に設定の中からもっと見るをタップします。

それから

モバイルネットワーク

アクセスポイント名

の順番で選びましょう。

アクセスポイント名から契約した格安SIMを追加します。

たとえば楽天モバイルの場合なら楽天モバイルのSIMアプリなら簡単に
APN設定をすることができます。

楽天モバイルのSIMアプリをインストールしたらログインし
APN設定の項目を選んでください。

次に設定する項目の横にあるコピーボタンを押してから設定画面を開きます。

コピーした項目をそれぞれアクセスポイントの編集の際に順々に張り付けていきます。

・名前
・APN
・ユーザー名
・パスワード
・認証タイプ

以上の項目を入力し終えたらモバイルネットワークの設定に戻り

データ通信を有効にするにチェックをつけましょう。

これで設定は終了です。

もし、自分の契約したSIMのプロファイル(APN)設定が
分からないという場合はそのMVNO業者の公式ホームページか
ユーザーガイドを見てみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA